マリア・パヘス&シディ・ラルビ・シェルカウイ DUNAS-ドゥナス-

アーティストArtists

©David Ruano

María Pagésマリア・パヘス

フラメンコの聖地アンダルシア州の州都セビージャに生まれ、4歳からフラメンコとスペイン舞踊を学び始める。15歳からプロとしての活動をスタート。スペイン舞踊を伝統舞踊からパフォーミング・アートへと昇華させた第一人者アントニオ・ガデス率いる舞踊団に入団。1990年には自身の舞踊団María Pagés Compañía(マリア・パヘス舞踊団)を設立。1994年には、アイリッシュ・ミュージカル『リバーダンス』に主演ダンサーとして出演。マリア自身が振付け、ソロで踊った「ファイアー・ダンス」が世界各地で爆発的な人気を博し、フラメンコダンサーマリア・パヘスの名を世に広く知らしめることとなった。コレオグラフィー国家賞を受賞し、2002年にはスペイン舞踊界の最高賞と言えるナシオナル・デ・ダンツァ・デ・エスパーニャ賞など、他にもさまざまな賞を受賞。それまでのキャリアや芸術性を高く評価された同年には、スペイン国立バレエ団からも振付を依頼された。そのほかに映画作品への出演も多く、中でもフラメンコの魅力を 積極的にカメラに収め続けているカルロス・サウラ監督の『Carmen』(1983年)、『El amor Brujo』(1985年)、『Flamenco』(1995年)は特筆すべきである。

©Wouter Van Vaerenbergh

Sidi Larbi Cherkaouiシディ・ラルビ・シェルカウイ

ベルギー・アントワープでモロッコ人の父親とベルギー人の母親の間に生まれる。2000年にダンスカンパニーLes Ballets C. dela B.の一員として『Rien de Rien』を振付。この作品が欧州各地で上演され、ベルグラード・フェスティバルで特別賞、2002年モンテカルロにてニジンスキー賞を受賞。今に至るまで、世界中の劇場やフェスティバルでめざましい活躍を続けている。手塚治虫の思想/生涯をダンスで展開した意欲作『テ ヅカ TeZukA』を、2011年ロンドンで初演したのち、翌年にBunkamura オーチャードホールで上演し、注目をさらった。近年、日本ではダミアン・ジャレとの共同演出による『BABEL (words)』(2014年)や、中国河南省少林寺で禅僧たちと対話しながら振付けた『sutra』(2016年)を上演している。また演出・振付を手掛けた『プルートゥ PLUTO』は、来年2018年1月から、シアターコクーンほか、欧州ツアーを控えている。これまでにローレンス・オリヴィエ賞を2度受賞、2014年には母国ベルギーでその活動が高い評価を得て国王から爵位の名誉称号が授与されるなど、現代舞台芸術を牽引する世界的天才振付家である。

過去の公演

これからの公演

©David Ruano