山田和樹 マーラー・ツィクルス

POINT 見どころ

マーラー・ツィクルス第三期の聴きどころ

山田和樹と日本フィルハーモニーが2015年より挑んできた「マーラー・ツィクルス」も最終年”第3期”を迎え、いよいよ最後の7番・8番・9番の各交響曲が取り上げられる。
第7番は”夜の歌”と呼ばれることもあるとおり第2楽章と第4楽章が夜曲と名付けられた全5楽章からなる作品。第5番から続いてきた純粋器楽曲の流れを受け、その到達点ともいうべき充実したオーケストレーションを備えた作品である。第4楽章にはギターとマンドリンというオーケストラには珍しい楽 器も取り入れられ甘美な夜の雰囲気を高めている。最終楽章は一転して万華鏡を見るような極彩色の音楽が展開され、マーラーならではの振幅の激しい世界を堪 能できる。
第8番は”千人の交響曲”と呼ばれる圧倒的な規模を誇るモニュメンタルな作品だ。大編成オーケストラ、2組の合唱団、児童合唱団、8人のソリストがステージ狭しと居並ぶ様子を見るだけで、音を聴く前から圧倒されてしまいそうだ。これだけの大規模な作品となると経費的にも負担が大きく、演奏される 機会は稀である。マーラー自身がこの作品について”宇宙が響き始める様子を想像してください”と書いているように未聞の音世界が奏でられる。一部と二部に分かれており一部は神を讃えるラテン語による賛歌、二部はゲーテの「ファウスト」の最終場面から構成されている。山田は師匠である小林研一郎が同曲を演奏した時に合唱の指導を担当し、本番では合唱団に加わって歌った経験があるという。大編成で複雑な作品を 見事に捌く手腕にかけては随一の若きマエストロが描く大宇宙に期待したい。
第9番はマーラーが完成させた最後の作品。再び器楽のみの世界に立ち返って書き上げた、大交響曲作家マーラーのラスト作品に相応しい大傑作。自らの死を意識して書かれたという(必ずしもそうではなかったとする研究もあるが)作品は純粋器楽曲でありながら、人間が人生の様々な困難に立ち向かい、戦い、時には憩いを得、最後は慈しみを持って別れを告げるというようなストーリーを思い浮かべてしまう人も多いであろう。山田は今春、熊本交響楽団と初めて この交響曲を演奏したが、最終楽章を振りながら涙が溢れてきて止まらなくなったという。プロフェッショナルをしてそんな状態にしてしまうこの作品にはやはり特別な力が備わっているのであろう。ツィクルスの最後を感動的な演奏で締めくくってくれるに違いない。


30代の山田和樹が初めての全曲演奏会と武満徹の世界に挑む。
次世代へつなぐ一大プロジェクトが始動!

© 大井成義

今回、自分にとって初のマーラー・ツィクルスに挑戦するにあたり、全ての交響曲の前に武満作品を組み合わせることにしました。武満作品はこれまでもたびたび演奏してきましたが、まとまった機会にきちんと勉強して正面から向かい合いたいという思いがずっとありました。また、私が武満さんとは会うことが叶わなかった世代であるということも大きな理由になっています。小澤征爾さんや故岩城宏之さんは武満徹さんと同時代を生きたわけですが、自分の世代はそのエッセンスを受け取ってまたその次世代に伝えていく使命があるのだと思っています。日本人の血というのか、日本人が作曲したものを日本人が演奏して、日本のお客様が聴くとき、そこにしか感じられないものが必ず表出すると思うのですが、それこそを継承していくべきなのではないかと。


3年間かけて3曲ずつ、全てがスピーディーな時代にあえて時間をかけて演奏していくのは、自分自身が成長するために時間が必要であり、またその自分の変化を皆さまに見ていただきたいという思いがあります。 交響曲を番号順に演奏するということは、マーラーの人生そのものを辿ることでもあるのですが、3曲ずつに捉えるならば、「創生」「深化」「昇華」といえると思います。第1期の第1番から第3番では、マーラーはそれまでになかった新しいスタイルの交響曲を生み出していきます。第2番では作曲家自らが歌詞も書き、第3番では6楽章という壮大な形式に挑戦しています。第2番以降には常に「死」というテーマが顕れるわけですが、マーラー自身の葛藤や戦いの発露が凝縮されていきます。第2期の第4・5・6番では独自のスタイルを深め、また一方で古典的なスタイルへ戻っていく部分もあります。第4番では室内楽的な要素が多分に多く、第5・6番は声楽を除いて器楽のみに戻ります。第3期の第7番から第9番はスペクタクルであり、オペラ的でもあり、別次元の音楽に向かっていきます。まさに大団円といったところ。大きなテーマである「死」が、昇華されていきます。

山田和樹

PROFILE プロフィール

山田和樹

東京藝術大学指揮科で小林研一郎・松尾葉子の両氏に師事。第51回ブザンソン国際指揮者コンクール(2009年)で優勝後、ただちにモントルー=ヴェヴェイ音楽祭にてBBC交響楽団を指揮してヨーロッパデビュー。同年、ミシェル・プラッソンの代役でパリ管弦楽団を指揮、すぐに再演が決定する。2010年には、小澤征爾氏の指名代役としてスイス国際音楽アカデミーで、2012年8月には、サイトウ・キネン・フェスティヴァル松本で指揮し、絶賛された。日本国内の主要オーケストラで客演、ヨーロッパをはじめとする海外の主要オーケストラでも活躍の場を広げている。

横浜文化賞文化・芸術奨励賞(2010年)、出光音楽賞(2011年)、渡邉曉雄音楽基金音楽賞、齋藤秀雄メモリアル基金賞、文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞(2012年)を受賞。現在、スイス・ロマンド管首席客演指揮者、日本フィル正指揮者、横浜シンフォニエッタ音楽監督、仙台フィルミュージック・パートナー、オーケストラ・アンサンブル金沢ミュージック・パートナー、東京混声合唱団音楽監督。2014年9月よりモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者に就任することが決まっている。日本・スイス国交樹立150周年親善大使。ベルリン在住。

日本フィルハーモニー交響楽団

写真提供:日本フィルハーモニー交響楽団 撮影:山口敦

1956年6月創立、楽団創設の中心となった渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。当初より幅広いレパートリーと斬新な演奏スタイルで、ドイツ・オーストリア系を中心としていた当時の楽壇に新風を吹き込み、大きなセンセーションを巻き起こした。2011年に創立55周年を迎えている。この歴史と伝統を守りつつ、さらなる発展を目指し、質の高い音楽をお届けする「オーケストラ・コンサート」、音楽との出会いを広げる「エデュケーション・プログラム」、音楽の力で様々なコミュニティに貢献する「リージョナル・アクティビティ」という三つの柱で活動を行っている。ロシアの名匠、首席指揮者アレクサンドル・ラザレフ、桂冠指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、首席客演指揮者ピエタリ・インキネン、そしてミュージック・パートナー西本智実という充実した指揮者陣とともに、さらなる演奏力の向上をめざし、"音楽を通して文化を発信"していく。2011年4月より、聴衆からの募金をもとにボランティア活動「被災地に音楽を」を開始、2014年3月までに129公演を実施し、現在でも継続している。

オフィシャルウェブサイト
http://www.japanphil.or.jp