オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代

OTTO NEBEL
オットー・ネーベル

Illustration:ritsuko hirai

1892年12月25日
ベルリンに生まれる。
1909年以降
ベルリンで建築の専門家として修業。
1913-14年
ベルリンの演劇学校に通う。
1914-1918年
兵役。休暇中にフランツ・マルクの回顧展(1916年のマルク没後)をベルリンで見て、強い印象を受ける。 その後イギリスで戦争捕虜となる。
1919年
ベルリンで画家としてのスタートを切る。
1920-30年
ヘアヴァルト・ヴァルデンの「芸術雑誌」『デア・シュトゥルム』に協力し、彼らの展覧会や夜間レクチャーに参加。
1924/25年
バウハウスで、ゲルトルート・グルノウのアシスタントを務めていたヒルデガルド・ハイトマイヤーと知遇を得て結婚。ワイマールに滞在しカンディンスキーやクレーと知遇を得る。
1926-28年
ババリア(ハンド・プリントの壁紙工房に図柄を提供)とアスコーナに長めの滞在。
1933年
スイスに移住し、最初はムンテリア、次いでベルンに住まう。
1936年
印刷技術を用いた制作を再開。
1936-51年
カンディンスキーの尽力で、ニューヨークのグッゲンハイム財団がオットー・ネーベルの絵画を購入。
1937-1938年
フィレンツェとフォルテ・デイ・マルミに長めの滞在をし、『イタリアのカラー・アトラス(色彩地図帳)』を描く。
1943年
ベルリンで100作品以上が戦争中に失われる。
1951-54年
ベルンの演劇スタジオで役者として生計を立てる。
1952年
スイスの市民権を獲得。
1962年
近東とギリシャに船旅に出る。
1969年
ベルン美術館に約200作品を寄贈する。
1973年9月12日
ベルンで亡くなる。彼の遺産はオットー・ネーベル財団として法人化されて、ベルンに本拠地が置かれる。作家としての遺産は今日、ベルンにある国立図書館のスイス文学アーカイブに寄託されている。