アクセスマップ

Bunkamura 東京都渋谷区道玄坂2-24-1

Topics最新トピックス

    一覧を見る

    Point見どころ

    名実ともに我が国を代表するピアニスト、小山実稚恵。Bunkamuraオーチャードホールでは2006年からの12年間・24回のリサイタルシリーズ「小山実稚恵の世界」を完結させ、驚くべきレパートリーの広さと高い音楽性で絶賛を浴びたことは記憶に新しいでしょう。2018年には全24回のプログラムからリクエストが多かった作品を選んだアンコール公演を開催、当時の皇后陛下がご臨席するなか、感動的なフィナーレを迎えました。

    続きを読む

    益々意欲的な演奏活動を続ける彼女が新たなシリーズをオーチャードホールで開始します。今回彼女が焦点を当てるのはベートーヴェンの後期5大ソナタ。ピアノ音楽の最高峰とも称される第28番から32番に至る珠玉の傑作群です。これまでも折にふれ後期ベートーヴェンの作品を取り上げてきており、小山にとっても大切なレパートリー。前回のシリーズを経て改めてベートーヴェンの頂きに挑む彼女の姿勢にその強い意気込みが感じられます。「ベートーヴェン、そして…」と題された今シリーズ、ベートーヴェンのソナタを核にしてバッハ、モーツァルト、シューベルトの作品を組み合わせた魅力的なプログラムとなっています。
    ベートーヴェン生誕250年記念となる2020年11月の第4回公演は特別プログラムとして、モンテカルロ・フィルハーモニー芸術監督を務めるなど若手指揮者No.1の活躍ぶりの山田和樹と横浜シンフォニエッタとの共演でピアノ協奏曲第5番「皇帝」、他を演奏します。過去の共演でも抜群の相性の良さを見せているこのコンビならではの息の合った名演を披露してくれるでしょう。3年間に渡る小山実稚恵の新たな旅、今回もピアノ音楽の神髄を堪能できるシリーズとなるに違いありません。

    • 小山実稚恵Michie Koyama

      プロフィール

      プロフィール

      人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。2006年~17年までの壮大なシリーズ『12年間24回リサイタルシリーズ』は、その演奏と企画性に於いて高い評価を受けた。2019年春から、新シリーズ『ベートーヴェン、そして・・・』が、全国6都市でスタート。

      これまでに国内の主要オーケストラはもとより、チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ、ロイヤル・フィル、BBC響、シンフォニア・ヴァルソヴィア、モントリオール響などと共演しており、国際的指揮者との共演も数多い。協奏曲のレパートリーは60曲を超える。また、ショパン、チャイコフスキー、ロン=ティボー、ミュンヘンなどの国際コンクールでは審査員を務める。東日本大震災以降、被災地で演奏を行い、仙台では被災地活動の一環として自ら企画立案したプロジェクトを毎年開催している。

      CDは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結ぶ。30枚目となる『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』は、「レコード芸術」の特選盤に選ばれた。また、著書としては『点と魂と ―スイートスポットを探して』が、KADOKAWAより出版されており、2019年6月には平野昭氏との共著『ベートーヴェンとピアノ「傑作の森」への道のり』が、音楽之友社から出版された。

      閉じる

      コメント

      コメント

      今、ベートーヴェンの音楽に心奪われています。
      2020年は、ベートーヴェン生誕250周年。この250年間にどれほど多くの人間が、ベートーヴェンの音楽から生きる力をもらっていることでしょう。与えてもらう力でありながら、それは、決して受動的なものではない。心の奥底にある未知の力を、自らの力で湧き上がらせる“能動の力”を与えてくれるのが、ベートーヴェンの力だから…。
      このシリーズのタイトルを「ベートーヴェン、そして…」と決めたのは、ベートーヴェンの音楽に深い影響を与えた作曲家と強い影響を受けた作曲家の、受動と能動の組み合わせでプログラムを作りたいと考えたからでした。ソナタ第28番から最後のソナタ第32番までの、作品100番台の5曲のピアノ・ソナタの中にこそ、ベートーヴェンの全てのエキスが詰め込まれていると私は思っています。
      ベートーヴェンが息を吸って、ベートーヴェンが息を吐く。そして、何かが湧き上がってくる。
      「ベートーヴェン、そして…」を湧き上がる気持ちと共に演奏したいと思っております。

      閉じる

    Program各回プログラム

    Bunkamura30周年記念

    第1回

    2019629日(土)
    15:00
    開演

    〈敬愛の歌〉
    ベートーヴェン:
    ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 作品101
    シューベルト:
    ピアノ・ソナタ 第13番 イ長調 作品120(D664)
    シューベルト:
    即興曲 作品90(D899)より第1、2番
    作品142(D935)より第1〜4番

    『ベートーヴェン、そして…』第1回公演は、ベートーヴェン:第28番ソナタで幕を開け、その後にシューベルトの作品を配したプログラム。

    解説を読む

    ベートーヴェン:第28番ソナタは冒頭の憧れに満ちたようなフレーズから一気に引き込まれてしまうような魅力に溢れた作品。後期作品ならではの音楽的充足感に満たされた傑作である。シューベルト:ソナタ第13番イ長調はアレグロ・モデラート、アンダンテ、アレグロの3楽章からなる愛らしい旋律に満ちた作品。即興曲は最晩年に作曲された珠玉の小品集で、心にそっと触れるような繊細な曲想から、小山実稚恵が最も愛する作品のひとつである。

    公演終了

    Bunkamura30周年記念

    第2回

    20191116日(土)
    15:00
    開演

    〈決意表明〉
    モーツァルト:
    デュポールの主題による変奏曲 K.573
    モーツァルト:
    ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333
    ベートーヴェン:
    ピアノ・ソナタ 第29番 変ロ長調
    作品106「ハンマークラヴィーア」

    「ハンマークラヴィーア・ソナタ」はオーチャードホールの前シリーズ(小山実稚恵の世界~ピアノで綴るロマンの旅~)で2016年に演奏し、アンコール公演でもお客様からのリクエスト・ランキング11位に入った人気曲。ピアノ・ソナタ史上を見渡しても稀なほど大規模で、とりわけ演奏が難しい曲のひとつとしても知られる。

    解説を読む

    今回登場するもう一人の作曲家はモーツァルト。演奏するソナタは、「ハンマークラヴィーア」と同じ変ロ長調のソナタ第13番だ。また、ベートーヴェンはモーツァルトの変奏曲を愛好していたといわれ、「デュポールの主題による変奏曲」でリサイタルの幕が開く。デュポールとは、モーツァルトと同時代を生きたチェロ奏者、ジャン・ピエール・デュポールのこと。このシリーズでモーツァルトが登場するのは、今回のほかには第5回を待つことになる。ベートーヴェンの中に確実に流れ込んでいたモーツァルトの音楽に思いを馳せながら楽しむ回になるだろう。

    ベートーヴェン生誕250周年記念

    第3回

    2020620日(土)
    15:00
    開演

    〈知情意の奇跡〉
    ベートーヴェン:
    ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109
    バッハ:
    ゴルトベルク変奏曲 ト長調 BWV988

    ベートーヴェン生誕250周年記念

    第4回

    2020113日(火・祝)
    15:00
    開演

    〈本能と熟成〉
    ベートーヴェン:
    ドレスラーの行進曲による9つの変奏曲 WoO.63
    ベートーヴェン:
    ピアノ協奏曲 第0番 変ホ長調 WoO.4*
    ベートーヴェン:
    ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」*

    *…指揮:山田和樹/管弦楽:横浜シンフォニエッタ

    ©Yoshinori Tsuru

    指揮

    山田和樹

    プロフィール

    指揮:山田和樹

    2009年第51回ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝。ほどなくBBC交響楽団を指揮してヨーロッパ・デビュー。以来、破竹の勢いで活躍の場を広げている。2016/2017シーズンから、モンテカルロ・フィル芸術監督兼音楽監督、2018/2019シーズンからバーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者に就任。日本では、日本フィル正指揮者、読売日本交響楽団首席客演指揮者、東京混声合唱団音楽監督兼理事長、横浜シンフォニエッタ音楽監督などを務めている。2016年には実行委員会代表を務めた「柴田南雄生誕100 年・没後20年 記念演奏会」が平成28年度文化庁芸術祭大賞、2017年には『山田和樹マーラー・ツィクルス』などの成果に対して、第67回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。これまでに、ドレスデン国立歌劇場管、パリ管、フィルハーモニア管、ベルリン放送響、サンクトペテルブルグ・フィル、チェコ・フィルなど各地の主要オーケストラでの客演を重ねている。東京藝術大学指揮科で小林研一郎・松尾葉子の両氏に師事。ベルリン在住。

    閉じる

    ©Shuhei ARITA

    管弦楽

    横浜シンフォニエッタ

    プロフィール

    管弦楽:横浜シンフォニエッタ

    1998年TOMATOフィルハーモニー管弦楽団として東京藝術大学学内にて創立。後に横浜シンフォニエッタヘと改称、音楽監督に山田和樹を擁し、横浜に活動拠点を置くオーケストラとして国内外で演奏活動を展開している。2013年フランス・ナントのラ・フォル・ジュルネ音楽祭へ日本の楽団として初めて招聘される。2013年にはその功績を高く評価され横浜文化賞文化・芸術奨励賞を受賞。

    オフィシャルサイト

    閉じる

    第5回

    2021619日(土)
    15:00
    開演

    〈結晶体〉
    ベートーヴェン:
    6つのバガテル 作品126
    バッハ:
    半音階的幻想曲とフーガ 二短調 BWV903
    モーツァルト:
    幻想曲 ハ短調 K.475
    ベートーヴェン:
    ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 作品110

    第6回

    20211120日(土)
    15:00
    開演

    〈異次元へ〉
    シューベルト:
    ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D958
    ベートーヴェン:
    ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111

    チケット料金(1回券)

    第1・2・3・5・6回
    S・¥6,000 A・¥4,500 B・¥3,000
    第4回
    S・¥9,000 A・¥7,500 B・¥6,000

    ※料金はすべて税込
    ※シリーズセット券の販売は終了しました

    チケット発売日

    ・リサイタル当日、次回公演の1回券を発売
    ・MY Bunkamura先行はその前日を予定
    ・詳しい発売日は各回の詳細ページをご確認ください

    小山実稚恵 ©内田絋倫(The VOICE)

    レストランのご案内