K-BALLET Opto 「プティ・コレクション」

DANCERダンサー

Petite Ceremonie(プティ・セレモニー), メディ・ワレルスキー 振付

堀内將平Shohei Horiuchi(K-BALLET COMPANY
プリンシパル)

プロフィール

堀内將平

10歳よりロシア人教師のもとでバレエをはじめる。2008年名門ジョン・クランコ・バレエスクールに留学。12年よりルーマニア国立バレエにファースト・ソリストとして在籍。15年「オーチャード・バレエ・ガラ〜JAPANESE DANCERS〜」に出演。15年Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。入団以来さまざまな役を踊ってきたが、強靭でマスキュリンな肉体を存分に生かした『海賊』のコンラッドや『ロミオとジュリエット』のティボルトで名演をみせる一方、その正反対とも言える気品あるアンニュイな表現力もまた持ち味の一つ。堀内が初演キャストである『クラリモンド~死霊の恋~』全編や『蝶々夫人』のピンカートンなどに代表される通り、深淵なドラマを描く熊川作品でその繊細な表現力を開花させた。20年、プリンシパルに昇格。近年その表現力には深い洞察力が加わり、さらに磨きがかかるばかりである。王子から悪役まで、優しくも激しくも、変幻自在な表現力は、現代作品ではいかに輝くのか。期待はあきない。

閉じる

山本雅也Masaya Yamamoto(K-BALLET COMPANY プリンシパル)

プロフィール

山本雅也

石川県生まれ。2010年オーストラリアン ・バレエ・スクールに留学後、13年に熊川哲也が審査員を務めたローザンヌ国際バレエ・コンクールで第3位/プロ研修賞を授賞し、英国ロイヤル・バレエの研修生となる。ローザンヌで熊川にその才能を見出された縁で、14年にKバレエ カンパニーに入団。以来ほぼ全てのレパートリーで主要な役に抜擢されてきた。デビュー当初より、バレエ向きのプロポーションと、教科書のように正確なテクニック、少年の初々しさが残るルックスを武器に観客を魅惑してきた。20年にプリンシパルに昇格してからは、決して行き過ぎないながら役に必要な表現を的確に行うという、クラシック・バレエの王道とも言えるアプローチに磨きをかけてきた。一方、今年3月に上演した『ロミオとジュリエット』ではエネルギッシュかつ説得力あるロミオを熱演。演劇的な作品における今後の活躍にもいっそうの期待が寄せられている。古典バレエでは既にその実力はお墨付きの山本だが、ダンサーとして円熟期を迎えるいま、本公演の振付家といかなる化学反応を起こし、そしてどのような魅力が引き出されるのか。ぜひ劇場で確かめて欲しい。

閉じる

  • 小林美奈

    プロフィール

    小林美奈Mina Kobayashi(K-BALLET COMPANY プリンシパル・ソリスト)

    山梨県生まれ。5歳よりバレエを始める。
    2008年ロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーに入学。10年9月ロシア・サンクトペテルブルク・バレエシアターに入団。11年9月ポーランド・オペラノヴァ・ビドゴシュチバレエ団に移籍。14年8月Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。15年8月ソリスト、17年9月ファースト・ソリスト、18年9月プリンシパル・ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『ロミオとジュリエット』のジュリエット、『コッペリア』のスワニルダなど。初演キャストとしては、熊川振付『マダム・バタフライ』のケイト、宮尾俊太郎振付『Piano Concerto Edvard』がある。

    閉じる

  • 成田紗弥

    プロフィール

    成田紗弥Saya Narita(K-BALLET COMPANY プリンシパル・ソリスト)

    大阪府生まれ。2歳よりバレエを始める。
    2009年ドイツのマンハイム国立バレエ・アカデミーに留学。13年韓国のユニバーサル・バレエ団に入団。17年『くるみ割り人形』で全幕主演デビュー。
    18年9月Kバレエ カンパニーにプリンシパル・ソリストとして入団。
    主な出演作は、熊川版『白鳥の湖』のオデット/オディール/2羽の白鳥、『シンデレラ』のタイトルロール/トンボ、『海賊』のメドーラ/オダリスク、『ドン・キホーテ』の森の女王/花売り娘、『くるみ割り人形』のマリー姫/アラビア人形/花のワルツのソリスト、熊川振付『マダム・バタフライ』のタイトルロール、『カルメン』のミカエラ、『ベートーヴェン第九』第2楽章・第3楽章主演など。初演キャストとしては、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』の白鳥がある。

    閉じる

  • 山田蘭

    プロフィール

    山田蘭Ran Yamada(K-BALLET COMPANY バレエ・ミストレス)

    東京都生まれ。6歳よりバレエを始める。2007年、新国立劇場バレエ研修所に入所。09年新国立劇場バレエ団に入団。
    11年3月Kバレエ カンパニーにアパレンティスとして入団。11年8月アーティスト、13年9月ファースト・アーティスト、15年8月ソリストに昇格。 主な出演作は、熊川版『ドン・キホーテ』のメルセデス、『ロミオとジュリエット』のロザライン、『ジゼル』のミルタ、『シンデレラ』の仙女/義姉、『コッペリア』のジプシー、『くるみ割り人形』のアラビア人形、『白鳥の湖』の2羽の白鳥/スペイン/王妃、『ラ・バヤデール』のパ・ダクシオン、『海賊』のパ・ド・トロワ/鉄砲の踊り、熊川振付『カルメン』のメルセデス/マヌエリータ、『マダム・バタフライ』のスズキ/花魁、『クレオパトラ』『ベートーヴェン 第九』、アシュトン振付『真夏の夜の夢』のヘレナ、『ラプソディ』『レ・パティヌール〜スケートをする人々〜』、スカーレット振付『Promenade Sentimentale』など。
    2014年7月、GYROKINESIS®トレーナーを取得。
    Kバレエ スクール ティーチャーズ・スクール・トレーニング修了。TEDDY’S BALANCEにてヘッドインストラクターを務める。20年11月、Kバレエ カンパニーのバレエ・ミストレスに就任。

    閉じる

  • 戸田梨紗子

    プロフィール

    戸田梨紗子Risako Toda(K-BALLET COMPANY ファースト・ソリスト)

    広島県生まれ。4歳よりバレエを始める。
    2012年6月Kバレエ カンパニーにアパレンティスとして入団。同年10月アーティスト、15年8月ファースト・アーティスト、17年9月ソリスト、21年9月ファースト・ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『ロミオとジュリエット』のロザライン、『コッペリア』の祈り/ジプシー、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/2羽の白鳥/スペイン/6人の姫、『海賊』のグルナーラ/パ・ド・トロワ/鉄砲の踊り、『ドン・キホーテ』のメルセデス/森の女王/アントレ、『くるみ割り人形』の雪の女王/花のワルツのソリスト/アラビア人形/スペイン人形、『シンデレラ』の仙女/トンボ/オレンジガール、『ジゼル』のズルマ、『ラ・バヤデール』の太鼓の踊り、熊川振付『マダム・バタフライ』のケイト、『クレオパトラ』のお付き、『カルメン』のメルセデス、『ベートーヴェン第九』『カルミナ・ブラーナ』、アシュトン振付『レ・パティヌール~スケートをする人々~』のレッドガール、『バレエ ピーターラビットと仲間たち』のぶたちゃんたち、『ラプソディ』、プティ振付『アルルの女』、宮尾俊太郎振付『Piano Concerto Edvard』など。

    閉じる

  • 岩井優花

    プロフィール

    岩井優花Yuka Iwai(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    岩手県生まれ。4歳よりバレエを始める。
    2014年よりジョフリーバレエアカデミー シカゴ トレイニープログラム所属。15年同校スタジオカンパニー入団。16年ユース・アメリカ・グランプリNYファイナルTOP12。17年ジョフリーバレエ入団。主なレパートリーは、『くるみ割り人形』のマリー、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/2羽の白鳥/パ・ド・カトル、『ジゼル』のモイナなど。
    21年4月Kバレエ カンパニーにソリストとして入団。
    主な出演作は、熊川版『ドン・キホーテ』の花売り娘/森の女王、『シンデレラ』のトンボ。

    閉じる

  • 佐伯美帆

    プロフィール

    佐伯美帆Miho Saeki(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    神奈川県生まれ。5歳よりバレエをはじめる。
    2013年Kバレエ スクールに入学。 17年8月第3回Kバレエ ユース『眠れる森の美女』でオーロラ姫を踊る。
    17年9月Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。18年9月ファースト・アーティスト、19年9月ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『ドン・キホーテ』の花売り娘/アントレ、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/4羽の白鳥/6人の姫、『コッペリア』のスワニルダの友人/ブライドメイド、『ロミオとジュリエット』のジュリエットの友人、『くるみ割り人形』の雪の女王/花のワルツのソリスト、『シンデレラ』のバラ、『海賊』のパ・ド・トロワ、熊川振付『ベートーヴェン 第九』第2楽章主演、『クレオパトラ』『カルミナ・ブラーナ』『マダム・バタフライ』、宮尾俊太郎振付『Piano Concerto Edvard』など。
    17年8月第3回Kバレエ ユース『眠れる森の美女』でオーロラ姫を踊る。

    閉じる

  • 関野海斗

    プロフィール

    関野海斗Kaito Sekino(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    茨城県生まれ。6歳よりバレエを始める。
    2013年ジャパングランプリジュニアの部第2位、2014年NBAバレエコンクール高校生の部第2位。14年ベルリン国立バレエ学校に留学、15年ベルリン国際バレエコンクール国立部門第1位。16年マルセイユ国立ジュニアカンパニーに入団、リガ国際バレエコンクールProfessional部門第2位、キエフ国際バレエコンクール第1位。17年シビウ州立バレエ団に移籍し、ソリストとして『くるみ割り人形』より王子/くるみ割り人形/ロシアの踊り、『ラ・バヤデール』よりブロンズアイドル、『パキータ』よりリュシアン、『海賊』よりアリ/ランケデム、『眠れる森の美女』より青い鳥などを踊る。2018年クロアチア国際バレエコンクールProfessional部門第2位、バーリ国際バレエコンクールProfessional部門第1位。
    19年8月Kバレエカンパニーにソリストとして入団。
    主な出演作は、熊川版『海賊』のアリ、『白鳥の湖』のベンノ/パ・ド・トロワ/ナポリ、『くるみ割り人形』のフリッツ/中国人形『ドン・キホーテ』のクラシカルジェンツ、熊川振付『マダム・バタフライ』など。初演キャストとしては、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』のアドルフがある。

    閉じる

  • 本田祥平

    プロフィール

    本田祥平Shohei Honda(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    茨城県生まれ。6歳よりバレエを始める。2007年にKバレエ スクールに入学。
    在学中にKバレエ カンパニー公演『くるみ割り人形』『ラ・バヤデール』に出演。また、14年Kバレエ スクールのパフォーマンスでは『ドン・キホーテ』のバジル役で主演。
    14年8月、Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。19年9月ファースト・アーティスト、21年9月ソリストに昇格。
    主な出演作は熊川版『白鳥の湖』のベンノ/ナポリ/チャルダッシュ、『ロミオとジュリエット』のマンドリンダンス、『海賊』の物乞い/海賊の男達、『くるみ割り人形』の中国人形/ロシア人形/兵隊、『シンデレラ』の道化/貴族/靴職人、『コッペリア』の仕事の踊り、『ドン・キホーテ』のクラシカルジェンツ、『眠れる森の美女』『ジゼル』、熊川振付『カルメン』レメンダード/大道芸人、『クレオパトラ』『カルミナ・ブラーナ』『マダム・バタフライ』『ベートーヴェン 第九』、アシュトン振付『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』のトム・サム、渡辺レイ振付『FLOW ROUTE』など。 15年4月、Kバレエ ユース『トム・ソーヤの冒険』にてトム・ソーヤを踊る。

    閉じる

  • グレゴワール・ランシエ

    プロフィール

    グレゴワール・ランシエGrégoire Lansier(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    フランス、パリ生まれ。8歳よりバレエを始める。パリ・オペラ座バレエ学校を経てロイヤル・バレエ学校に入学。2009年マルセイユ国立バレエ団 に入団。10年ニース国立バレエ団13年 ライン国立歌劇場バレエ団を経て、16年アルゼンチンのバレエデルスールにプリンシパルとして入団。
    主なレパートリーは『ドン・キホーテ』のバジル、『くるみ割り人形』の王子、『ジゼル』のアルブレヒト、ペザントのパ・ド・ドゥ、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ、ブルノンヴィル版『ラ・シルフィード』のジェームス、『ナポリ』、コル振付『カルミナ・ブラーナ』のプリンシパル、クルトドゥブテイエ振付『ロミオとジュリエット』のロミオ、『The visit of Terpsichore』のプリンシパル、『On Target』のプリンシパル、『Steron & Testo』のテスト、『La Source』のパ・ド・ドゥ、ピストーニ振付『La Strada』のプリンシパル、2011年公開の映画『ダンシング・チャップリン』(監督 周防正行)にダンサー役として出演。(振付 ローラン・プティ)
    19年Kバレエ カンパニーにソリストとして入団。主な出演作は、熊川版『白鳥の湖』のロットバルト/スペイン、『ドン・キホーテ』のエスパーダ、『海賊』のビルバント、『くるみ割り人形』のアラビア人形、『シンデレラ』の王子の友人、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』の植物、『マダム・バタフライ』など。

    閉じる

Petite Maison(プティ・メゾン), 森優貴 振付

日髙世菜Sena Hidaka(K-BALLET COMPANY
プリンシパル)

プロフィール

日髙世菜

兵庫生まれ。2008年ワガノワ・バレエ・アカデミーに留学。11年ルーマニア国立バレエに入団後、デンマークを代表するダンサーであった芸術監督のヨハン・コボーに、ワガノワ仕込みの癖のないアカデミックなテクニックと正確性を高く評価され、14年プリンシパルに任命された。その後さらなるレパートリーに出会うため、16年にアメリカのタルサ・バレエに入団。19年にはプリンシパルに昇格し、古典から現代作品まで数多くの作品で主要な役を経験し、世界の振付家からの磐石な評価を得る。21年1月、Kバレエ カンパニー初のプリンシパル入団を遂げ、王道かつ正確な古典作品へのアプローチで日本の観客を圧巻している。また22年1月の熊川哲也演出・振付『クラリモンド〜死霊の恋〜』全編では、命を絶つことでしか運命の人との愛を成就できないヴァンパイアという難しい役所を見事に演じきり、演技派としての新たな魅力を観客の目に焼き付けた。そんな日髙の現代作品への参加は、この9月が日本初となる。まだ知らない日髙の魅力に、またもや我々は驚かせられるのだろう。

閉じる

  • 杉野慧

    プロフィール

    杉野慧Kei Sugino(K-BALLET COMPANY プリンシパル・ソリスト)

    神奈川県生まれ。6歳よりバレエを始める。2008年Kバレエ スクールに入学。
    11年8月Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。14年1月ファースト・アーティスト、15年8月ソリスト、18年9月ファースト・ソリスト、21年9月プリンシパル・ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『ドン・キホーテ』のバジル、『海賊』のコンラッド/ビルバント、『白鳥の湖』のロットバルト、『ロミオとジュリエット』のティボルト、熊川振付『マダム・バタフライ』のボンゾウ、『クレオパトラ』のオクタヴィアヌス、『カルメン』のドン・ホセ、『ベートーヴェン 第九』、アシュトン振付『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』のティギーおばさん、渡辺レイ振付『FLOW ROUTE』など。

    閉じる

  • 栗山廉

    プロフィール

    栗山廉Ren Kuriyama(K-BALLET COMPANY ファースト・ソリスト)

    北海道生まれ。10歳よりバレエを始める。2008年ベルギー王立アントワープバレエ学校に留学。10年ルードラ・ベジャール・ローザンヌに入学。在学中、ベジャール・バレエ・ローザンヌのヨーロッパツアーに参加。12年同校を卒業。
    14年1月Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。16年9月ファースト・アーティスト、18年9月ソリスト、20年11月ファースト・ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『白鳥の湖』のジークフリード/ロットバルト/パ・ド・トロワ/スペイン/チャルダッシュ、『シンデレラ』の王子/騎士/王子の友人、『くるみ割り人形』のくるみ割り人形/王子/ねずみの王様/スペイン人形、『ロミオとジュリエット』のベンヴォーリオ/パリス、『ドン・キホーテ』のエスパーダ/トレアドール、『海賊』のランケデム/鉄砲の踊り、『眠れる森の美女』の4人の王子、『ラ・バヤデール』のソロルの友人、『ジゼル』のウィルフリード、『コッペリア』の領主、熊川振付『クレオパトラ』のアントニウス/選ばれた神殿男娼、『ベートーヴェン 第九』の月、『カルメン』のエスカミーリョ/衛兵、『マダム・バタフライ』の海軍士官/黒衣、『カルミナ・ブラーナ』の植物、『シンプル・シンフォニー』、アシュトン振付『レ・パティヌール~スケートをする人々~』のホワイトカップル、『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』のきつねの紳士、プティ振付『アルルの女』、渡辺レイ振付『FLOW ROUTE』など。
    17年ミュージカル「ビリー・エリオット」にオールダー・ビリー役として出演。 「Ballet Gents」メンバー。

    閉じる

  • 吉田周平

    プロフィール

    吉田周平Shuhei Yoshida(K-BALLET COMPANY ファースト・ソリスト)

    福井県生まれ。6歳からバレエを始める。
    2010年NBA全国バレエコンクール高校生男子の部第2位、同年ハンガリー国立バレエアカデミーに留学。11年全日本バレエコンクールジュニアの部第1位。 12年9月ルーマニアのブカレスト国立歌劇場バレエ団に入団。14年ファースト・ソリストに昇格。『ドンファースト・ソリスト、『ラ・バヤデール』のソロル/ブロンズアイドル、バランシン振付『テーマとバリエーション』の主演などを踊る。16年9月アメリカのタルサバレエに入団、19年ソリストに昇格。NSCA-CPT取得。
    20年11月Kバレエ カンパニーにソリストとして入団。21年9月ファースト・ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『くるみ割り人形』のくるみ割り人形/王子/雪の王/花のワルツのソリスト、『シンデレラ』の雄鹿/王子の友人/道師師、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/マズルカ、『ドン・キホーテ』のクラシカルジェンツ/トレアドール、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』の鳥など。

    閉じる

  • 萱野望美

    プロフィール

    萱野望美Nozomi Kayano(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    神奈川県生まれ。9歳からバレエを始める。
    2013年アントワープ・ロイヤル・バレエスクールに留学。在学中にフランダース・ロイヤル・バレエ団『ロミオとジュリエット』のツアーに参加。15〜16年ブリュッセルインターナショナルバレエスクールに留学。留学中、15年5〜7月ボルドー国立歌劇場バレエ団と短期契約、『白鳥の湖』の公演に参加。同年10月Valentina kozlova International Ballet Conpetition シルバーメダル。
    16年4月Kバレエ カンパニーにアパレンティスとして入団。16年9月アーティスト、18年9月ファースト・アーティスト、21年9月ソリストに昇格。 主な出演作は、熊川版『コッペリア』のスワニルダの友人/時の踊り、『ドン・キホーテ』のキューピッド/アントレ、『白鳥の湖』の四羽の白鳥/ナポリ/マズルカ、『くるみ割り人形』のアラビア人形/中国人形/フランス人形、『カルメン』の娼婦、『シンデレラ』のオレンジガール、『ラ・バヤデール』『海賊』『ジゼル』『マダム・バタフライ』、熊川振付『クレオパトラ』『ベートーヴェン第九』第2楽章、第4楽章、『カルミナ・ブラーナ』アシュトン振付『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』『レ・パティヌール〜スケートをする人々~』、渡辺レイ振付『FLOW ROUTE』など。

    閉じる

  • 高橋怜衣

    プロフィール

    高橋怜衣Rei Takahashi(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    埼玉県生まれ。5歳よりバレエをはじめる。
    2014年ローザンヌ国際バレエコンクール セミファイナリスト。17年7月デン・ハーグ王立コンセルバトワール卒業。
    18年3月Kバレエカンパニーにアーティストとして入団。19年9月ファースト・アーティスト、20年11月ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『シンデレラ』の義姉/キャンドル、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/スペイン/ナポリ、『海賊』のオダリスク/鉄砲の踊り、『くるみ割り人形』の雪の女王、/花のワルツのソリスト/スペイン、『ドン・キホーテ』の花売り娘/アントレ、『コッペリア』の時の踊り、『ロミオとジュリエット』、熊川振付『カルメン』の娼婦/フラスキータ、『カルミナ・ブラーナ』『マダム・バタフライ』『ベートーヴェン 第九』など。

    閉じる

  • 辻久美子

    プロフィール

    辻久美子Kumiko Tsuji(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    広島県生まれ。3歳よりバレエを始める。
    2008年ヒューストン・バレエ・アカデミーに留学。卒業公演でパキータの主演を務める。09年Houston Ballet Ⅱに入団、アメリカ国内ツアーなどカンパニー公演に参加。
    11年8月Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。13年9月ファースト・アーティスト、18年9月ソリストに昇格。
    主な出演作は、熊川版『白鳥の湖』の6人の姫、『くるみ割り人形』のアラビア人形、『シンデレラ』の義姉/オレンジガール、『ロミオとジュリエット』のジュリエットの友人/キャピュレット家の娘たち、『ドン・キホーテ』のアントレ、『ラ・バヤデール』『ジゼル』『眠れる森の美女』、熊川振付『クレオパトラ』のお付き、『カルメン』、『ベートーヴェン 第九』『カルミナ・ブラーナ』『マダム・バタフライ』、渡辺レイ振付『FLOW ROUTE』、アシュトン振付『バレエ ピーターラビット™と仲間たち』のあひるのジマイマ、『レ・パティヌール~スケートをする人々~』『ラプソディ』など。

    閉じる

Petit Barroco(プティ・バロッコ), 渡辺レイ 振付

飯島望未Nozomi Iijima(K-BALLET COMPANY
プリンシパル)

プロフィール

飯島望未

大阪生まれ。2007年ヒューストン・バレエの研修生になり、翌年当時最年少の16歳で入団。19年3月、同団プリンシパルに昇格。芸術監督スタントン・ウェルチに見出され、彼の代表作『マリー』の主役マリー・アントワネットに抜擢されるなど多くの作品に主演。可憐で小柄な見た目からは想像つかないほどの強靭な身体能力が放つダイナミックで変幻自在な動きは、アメリカの観客を大いに魅了し、米ダンスマガジン「25人のいま観るべきダンサー」に選出された。その卓越した身体能力とセンスはモード業界からの熱い視線をも惹きつけ、ダンサーとして初のCHANELビューティーアンバサダーに就任。21年帰国後はKバレエ カンパニーに入団。22年1月の渡辺レイ振付作品『FLOW ROUTE』では、踊りを超え「憑依」の域まで到達した狂喜乱舞が、振付家渡辺レイに賛辞を言わしめた。22年3月にはプリンシパルに昇格。キャリアの円熟期を迎えた飯島のダンス表現がさらに解き放たれるこの9月。大いに期待して欲しい。

閉じる

石橋奨也Shoya Ishibashi(K-BALLET COMPANY
プリンシパル)

プロフィール

石橋奨也

青森県生まれ。13歳よりバレエを始める。2010年~12年カナダ・ゴーバレエアカデミーへ留学。13年5月Kバレエ カンパニーにアーティストとして入団。14年8月ファースト・アーティスト、15年8月ソリスト、18年9月ファースト・ソリスト、20年11月プリンシパル・ソリスト、22年6月プリンシパルに昇格。主な出演作は、熊川版『白鳥の湖』のジークフリード、『ロミオとジュリエット』のロミオ、『くるみ割り人形』の王子、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』の神父/植物、『ベートーヴェン 第九』第1楽章主演、『カルメン』のモラレス/オフィサー/バンデリュロス、プティ振付『アルルの女』、宮尾俊太郎振付『Piano Concerto Edvard』など。初演キャストとしては、熊川振付『死霊の恋』のセラピオンがある。

閉じる

  • 山田夏生

    プロフィール

    山田夏生Natsuki Yamada(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    長野県生まれ。7歳よりバレエを始める。
    2012年より1年間、中国国立遼寧バレエ学校へ留学。14年ユース・アメリカ・グランプリNYファイナルトップ12。同年ドレスデン・パルッカシューレへ留学後、ドレスデン国立歌劇場バレエ(SempeOper Ballett)研修生となる。ゲスト契約を経て16年入団、18年コリフェに昇格。
    主なレパートリーは、『白鳥の湖』のオディール/パ・ド・セプト/4羽の白鳥、『くるみ割り人形』のマリー、『眠れる森の美女』の鷹揚の精/エメラルドの精、『ラ・バヤデール』の2幕デミソリスト、ドーソン版『ジゼル』のパ・ド・サンク、バランシン振付『Allegro Brillante』のプリンシパル、『シンフォニーインC』『The Four Temperaments』『テーマとヴァリエーション』、フォーサイス振付『In The Middle Somewhat Elevated』など。
    22年1月、Kバレエ カンパニーにソリストとして入団。

    閉じる

  • 吉田早織

    プロフィール

    吉田早織Saori Yoshida(K-BALLET COMPANY ソリスト)

    愛知県生まれ。7歳よりバレエをはじめる。
    2014年新国立劇場バレエ団入団。2015年東京バレエ団に入団。
    18年9月Kバレエ カンパニーにアパレンティスとして入団。19年4月アーティスト、20年11月ファースト・アーティスト、21年9月ソリストに昇格。 主な出演作は、熊川版『くるみ割り人形』のクララ/フランス人形、『海賊』のオダリスク、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/4羽の白鳥/ナポリ/チャルダッシュ、『ドン・キホーテ』『ロミオとジュリエット』『くるみ割り人形』『シンデレラ』、熊川振付『カルミナ・ブラーナ』『マダム・バタフライ』『カルメン』など。

    閉じる