Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국

ONWARD PRESENTS 熊川哲也Kバレエ カンパニー<15周年記念公演> Bunkamura25周年記念 ラ・バヤデール

2014年3月20日(木)~3月26日(日)

Bunkamuraオーチャードホール

トピックス

「ラ・バヤデール」公演中リポート⑧ ラストスパート! 2014.3.26

ダンサーによっては、1公演で4役も演じる方もいるハードな「ラ・バヤデール」。昼夜2回公演が多い今回、昼公演と夜公演の間では、各々が夜公演に備えるためさまざまなリラックス方法をとっているそうです。

一番多いのはやはりマッサージですが、その方法にスタッフは驚愕!

なんとうつ伏せに寝たダンサーの上に他のダンサーが上り(!?)全体重をのせ、ふみふみ!!!

ぱんぱんに張った筋肉には、手でもみほぐすくらいでは効かないということで、このような方法があちこちで見られるのです!

 

そんな中でも一番ハード?と噂されるのが、連日大喝采を浴びる太鼓の踊り!

息付く間もなくパワフルな踊りが展開されるこの場面。

自らを奮い立たせるために、出番前には円陣が組まれるそうです!

 

 

残念ながら円陣は激写できませんでしたが、太鼓の踊りのセンター・ガールを務める岩淵ももさんと、ソロル友人役のニコライさんが素敵な笑顔をくださいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは出番直前のブロンズ・アイドルの様子。左にいるのがこの黄金の生みの親、チャコットのメイクアップアーティスト 三宅さんです!

出番前にボディ・メイクの最終チェックを行っています。

オイルの調合や塗り方を試行錯誤し、熊川さんが思い描くブロンズの輝きを実現させました。毎日金粉を塗り続けている三宅さんの手はかさかさです。三宅さんの努力の汗が、ブロンズ・オイルを輝かせる一番のスパイスかもしれません!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美術、衣裳はもちろん小道具の細部にまでスタッフさんの思いが込められています。

こちらは21場で登場するソロルが阿片を吸うパイプです。

近くで見ても骨董品のような重厚さがある素晴らしい仕上がりです。後ろに見えるのは12場で登場するチェス台。こちらも本物さながらです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはガムザッティのヘッド・ドレス。なんて豪華なんでしょう!

これだけで美術展が開けそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ最終日を迎えるKバレエカンパニー「ラ・バヤデール」。

本日昼公演の主演は浅川紫織さんと遅沢佑介さん。お客様からも「ニキヤはベストロールの1つではないかしら?」と言わしめる美しく気高い浅川さんのニキヤ、そしてスタッフの中でも「セクシーな大人の雰囲気が最高!」と、ファンが激増している遅沢さんのソロルは必見です。

 

夜公演は荒井祐子さんと熊川哲也さんが主演。

明日更新の最後のレポートには、ついにあの方が登場するかもしれません!

最後までこの「ラ・バヤデール」初演物語にお付き合いいただけましたら幸いです。