Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국

ONWARD PRESENTS 熊川哲也Kバレエ カンパニー<15周年記念公演> Bunkamura25周年記念 ラ・バヤデール

2014年3月20日(木)~3月26日(日)

Bunkamuraオーチャードホール

トピックス

「ラ・バヤデール」公演中リポート⑥ 感動の声が続々と! 2014.3.24

「感動的なフィナーレまで、息もつかせぬ展開でこれだけ深い感動を得られるとは想像以上でした」

昨日ご観覧いただいたお客様のアンケートからです。

世界初演である熊川版の見どころはたくさんありますが、やはりなんといっても壮大なフィナーレでしょうか。地球規模のスケールの終幕は、他の版にはない演出です。

劇場からの帰り道、人間とは、神の存在とは、そして地球に生きるとは・・・と、つい壮大なテーマに思いを馳せてしまうほど、深く心に響く演出なんですよ。

 

そして、これは他の熊川演出作品にも共通することですが、リズムのよいスピーディーな展開! 集中力が途切れることなく、作品世界に入り込んでいただけると思います。

 

 

装置の最終チェックを行っている様子。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは昨日ニキヤを踊られた神戸里奈さんと、ハイ・ブラーミンのスチュアート・キャシディさん。

ハイ・ブラーミンは黄泉の国に旅立った後もニキヤを追い求めるのでしょうか!?(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらもお客様からたくさんいただくご感想です。

「太鼓の踊りが大好きです!」

 

 

とってもパワフルな踊りで、なんと連日センターを務める杉野慧さん。

舞台を圧倒するパワーで劇場中の視線を集めます!

音楽の昂揚感も興奮を高めます。

「いまや、イントロの太鼓の音を聞くだけで、血が騒ぐ!」というスタッフも。

 

大喝采を受けた太鼓の踊りメンバーのみなさま!

このあと大急ぎで、メイクをチェンジし、2幕に出演する準備に走るダンサーも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はこの「ラ・バヤデール」という作品、場面ごとに必要なダンサーの数がとても多いのです。1公演で4役をこなすダンサーもおり、舞台裏は緊張の連続!

そんな早替えをしなくてはいけないダンサーを支えているのがこのお部屋です・・・!

 

 

こちらは舞台袖に設置された早替え部屋。

なかには、素早く衣裳をチェンジできるよう整然と衣裳や小道具が並びます。

役によっては、身体のメイクも落としたり、再度塗ったり、そしてまた落としたりと大忙しのダンサーもいらっしゃるそうです。そんな怒涛の舞台裏を微塵も感じさせないダンサーたちの輝く舞にご注目ください。

 

「ラ・バヤデール」では、ソロルとガムザッティが出会うシーン(12場)、ニキヤとガムザッティの喧嘩のシーン(12場)、婚約式でのニキヤの踊り(13場)など、感情をストレートに表出させる場面が多いのも特徴。他のバレエ作品と比べても、ダンサーそれぞれの個性がより直に出やすい作品かもしれません。異なるキャストで見比べてみるのもおすすめです! 

 

 

*当日券について

熊川哲也出演の回:開演1時間前よりキャンセル待ちの札をお配りいたします。

熊川哲也出演のない回:開演の1時間前よりオーチャードホール当日券売り場にて販売いたします。