Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국

ONWARD PRESENTS 熊川哲也Kバレエ カンパニー<15周年記念公演> Bunkamura25周年記念 ラ・バヤデール

2014年3月20日(木)~3月26日(日)

Bunkamuraオーチャードホール

トピックス

「ラ・バヤデール」公演中リポート⑤ 佐々部&宮尾カップル デビュー!  2014.3.23

佐々部佳代さんが演じたのは、天真爛漫にソロルを一途に愛し抜くニキヤ、宮尾俊太郎さんはそのニキヤの思いに応えるべく、内に秘めた情熱が感じられるソロルという印象でしたでしょうか。宮尾さんのソロルは、「位の高い戦士であることが自然に感じられるエレガントな仕草が素敵!」というお客様の声に納得です。

そしてガムザッティには2日前に清純なニキヤを演じたばかりの浅川紫織さん。ニキヤとは一転、権力と美貌を武器にソロルに迫るガムザッティをダイナミックに演じ、客席からたくさんのブラボーが飛んでおりました。



 

 

 

 

 

 

 

夜公演の主演は、浅川紫織さんと遅沢佑介さん。20日に初役デビューをした2人、昨夜は2回目のニキヤ&ソロルとなりました。さらに磨きのかかったパートナーシップに客席からは「きれいねぇ」との声が漏れ聞こえました。 “影の王国”のシーンでは、手を取り合うだけで2人の繋がりが感じられ、台詞のないバレエのそこはかとない表現力を実感します。

井上とも美さんが演じるガムザッティは、歩くだけで権力者の娘であることが伝わってくる迫力。ニキヤとの言い争いのシーンでは、思わずこちらまで手に汗握ってしまうような緊迫感が劇場に充満します!

 

真ん中に映っているのは衣裳製作の林なつ子さんです。

短期間でこれら重厚で色彩豊かな衣裳の数々が、林さんの魔法の手によって生まれました!衣裳スタッフの1着1着にかける想いが、皆さまにも届いたのではないでしょうか。

 

 

 

ニキヤの1幕3場の衣裳。色鮮やかで美しいですね。

繊細なビーズ1つ1つが手で縫い付けられているんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、本日は、「ラ・バヤデール」に登場する動物をご紹介いたします。

物語のキーパーソン? 蛇さんです! 

道具だとわかっていても、この蛇が置いてあるテーブルの近くを通ると、毎回ドキドキしてしまうほどリアルです。



 

 

 

 

 

 

勇敢なソロルが領主ラジャに進呈するために仕留めてきた虎。

ソロルがいかに優秀な戦士かがわかる立派な虎です!

ソロルが狩りをしている姿・・・想像するだけでうっとりしますね!

 

 

 

 

こちらは杉野慧さん率いる太鼓の踊りのメンバー。舞台に向かう直前の様子です。袖から舞台をみていると、ダンサーたちがいかに1回1回の舞台に渾身の力を傾けているかを改めて実感します。全神経を集中して舞台に向かう姿に、確実に熊川芸術監督の“Full out! (全力投球)”の精神が受け継がれていることを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

本日は熊川哲也芸術監督もカーテンコールにご登場!

ブロンズ・アイドルを模した仕草をみせると、客席は大喝采につつまれました。

 

昨夜で全主演キャストが1回目の舞台を終えました。幕が開けても進化し続ける「ラ・バヤデール」をぜひ劇場でご覧ください!

 

*当日券について

熊川哲也出演の回:開演1時間前よりキャンセル待ちの札をお配りいたします。

熊川哲也出演のない回:開演の1時間前よりオーチャードホール当日券売り場にて販売いたします。