Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국

ONWARD PRESENTS 熊川哲也Kバレエ カンパニー<15周年記念公演> Bunkamura25周年記念 ラ・バヤデール

2014年3月20日(木)~3月26日(日)

Bunkamuraオーチャードホール

トピックス

「ラ・バヤデール」公演中リポート② 熱狂の初日! 2014.3.20

待ちに待った熊川版「ラ・バヤデール」に、客席は感動の渦!

袖からカーテンコールの様子を撮影しました。右側が客席です。舞台からみた客席の様子が少しご想像いただけますでしょうか。

皆様からの温かい拍手にお応えするため、何度も何度もカーテンコールが行われました。

 

こちらは衣裳・美術デザインのディック・バードさんと、舞台監督の狩俣康徳さん。

前日も遅くまで最終調整が行われておりましたが、初日を無事に終え、充実の表情です。

初日を無事に終えほっと一息かと思えば・・・

「日々良い舞台をお見せできるよう気を抜かずに頑張ります!」と狩俣さん。

このようなスタッフさんたちの徹底したプロ意識によって舞台が支えられているのですね。 

 

 

 

 

会場を後にするお客様からは、「衣裳がきれいだったわね」というご感想も多くいただきました。

 

例えばこちらは、1幕3場、婚約式の場面に登場する扇を持ったダンサーたちの衣裳です。とっても独創的なデザインですね!

手前にかけてある扇の形をした飾りは・・・どこに着けるものでしょうか?!?!

ぜひ舞台でお確かめくださいね!

 

 

 

 

そしてこの舞台には、素晴らしい大道具の数々もたくさん登場いたします。

なかでも圧倒的なスケールを誇るのが・・・こちら!!!

 

 

どの場面に出てくる、何の動物かおわかりになりますでしょうか?

そしてこの上に乗って登場するのは・・・?

正面からのお写真は後日ご紹介したいと思います。

 

 

  

ダンサーの懇親のパフォーマンス、そして素敵な美術や衣裳によって、ついにその全貌を現した熊川版「ラ・バヤデール」。

 

終演後は、お客様からの熱いスタンディングオベーションをいただきました。

 

古典バレエには珍しく濃密な人間ドラマが描かれる本作、鍛え抜かれたトップダンサーにより表現されるその世界は、圧倒されるほどの迫力に満ちております。

 

ぜひ生の舞台で、ニキヤやソロル、ガムザッティたちの激しい感情の交錯を感じていたきたいと思います!

 

*当日券について

熊川哲也出演の回:開演1時間前よりキャンセル待ちの札をお配りいたします。

熊川哲也出演のない回:開演の1時間前よりオーチャードホール当日券売り場にて販売いたします。