Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録

究極の舞踊 ヤン・リーピンの最新作 日本初上陸

ヤン・リーピンのクラナゾ ~蔵謎=チベットの謎~ Tibetan Mysteries

2011年4月5日(火)~10日(日)

Bunkamuraオーチャードホール

芸術監督・熊川哲也が贈る英国バレエの最高傑作、初の同時上演!

ヤン・リーピンのシャングリラ」から1年。 踊る精霊ヤン・リーピンの最新作「クラナゾ」

「ヤン・リーピンのシャングリラ」をしのぐ、新たなる感動のステージが完成。チベット(蔵)の謎と題した舞台「蔵謎(クラナゾ)」は、中国各地のチベット族の多彩な文化を網羅した見どころ満載のヤン・リーピンの最新作。第一場は神秘、第二場はロマン、第三場は理想と喜び、第四場は神への賛美の内容で構成されている。物語はあるチベット族の老女が巡礼への旅路で見聞きしたことを展開しながら進む。各地のチベット族の異なる風習、音楽、踊りなどを用いた究極のエンターテインメント作品。これぞまさにチベット文化の神髄だ。

「シャングリラ」と同様、中国を代表する国家一級の舞踊家ヤン・リーピンが総監督・主演を務める。山岳地帯に住む男性たちが六弦琴というギターを弾きながら、歌いタップを踏む東洋版リバーダンス。神々しいほどに美しい、ヤン・リーピン「菩薩の舞」。圧倒的な存在感、生命力、美とパフォーマンスの力強い一体感。中国ではめったに踊ることのないヤン・リーピンだが、日本公演では全ステージに出演。民族舞踊芸術へのこだわり、チベット文化への思いを込めた舞踊エンターテインメント「クラナゾ」。あなたの中の"内なるアジア"が共振する!

楊麗萍(ヤン・リーピン) 芸術監督・構成・主演

中国では知らない人はいないと評される、国宝級ダンサー。雲南省大理(ペー族)出身。1971年、西双版納(シーサンパンナ)歌舞団に入団。1986年、彼女の制作・主演で行われた一人舞台『孔雀の霊』の成功により一躍有名となる。1990年北京で開催されたアジア協議大会閉会式でもこの踊りを披露し、世界中にその名を轟かせることとなる。その後、彼女は多くの国との芸術交流を積極的に行い、これまでにアメリカ、ヨーロッパ、フィリピン、シンガポール、ロシア、カナダ、台湾など世界各国で公演を行っている。また監督、主演を務めた映画『太陽の鳥』では、モントリオール世界映画祭審査委員特別賞を受賞。