フリムンシスターズ

News最新トピックス

    一覧を見る

    Introductionみどころ

    悪夢のごとき現実世界を美しくもグロテスクな 松尾ワールドへと塗り替える、待望の新作ミュージカル

    Bunkamuraシアターコクーンの芸術監督、松尾スズキによる就任後初の新作舞台『フリムンシスターズ』が満を持して、いよいよ始動! この作品は、松尾がシアターコクーンのために初めて書き下ろした舞台『キレイ-神様と待ち合わせした女-』(2000年)以来、実に20年ぶりの待望の“新作ミュージカル”となります。

    続きを読む

    “フリムン”とは、沖縄の方言で“気がふれる”とか“狂ったような”とか“バカ”を意味する言葉。故郷・沖縄での過去を捨て、東京は西新宿のコンビニで住み込みのバイトをしながら無気力に暮らす女<ちひろ>。実は沖縄のユタの血筋で不可思議な能力を持つ彼女が、昔から憧れていたかつての大女優<みつ子>と出会ったことから、その親友でゲイの自称「2億円のオカマ」<ヒデヨシ>も巻き込んで、コンビニにかかわる人々や新宿二丁目界隈の人々をも巻き込んで、物語を展開させていきます。歌って踊って、その上何故か戦うことにもなってしまう、さまざまなお楽しみが盛りだくさんの壮大なスペクタクルにして一大エンターテインメントです。

    ミュージカル『キャバレー』(2017年)以来の松尾作品への参加となる長澤まさみが<ちひろ>を、同じく『キャバレー』(2007、2017年)のほか『キレイ』(2000、2005年)や『ニンゲン御破産』(2003年)など数々の松尾作品に出演している秋山菜津子が<みつ子>を、昨年の『キレイ』出演に続き大人計画の看板俳優である阿部サダヲが<ヒデヨシ>を演じるほか、栗原類、オクイシュージ、片岡正二郎、笠松はるに加え、皆川猿時、村杉蝉之介、池津祥子、猫背椿ら大人計画のメンバーももちろん登場し、ミュージカル界で活躍する実力派たちと共に歌とダンスで作品のエンタメ度を強固にいたします。人気と実力と華やかさが見事なバランスで混在する、贅沢な顔合わせが実現しました。

    Storyあらすじ

    都市開発から取り残された西新宿の一角に建つ小さなコンビニで、店舗の真上の薄汚れた部屋に住み、夕方から朝にかけて働くちひろは、廃棄弁当を食べ、コンビニの店長と寝て、暇さえあればYouTubeで気に入りの昔のテレビドラマを繰り返し見る日々。一方、ちひろが毎日見ているそのドラマの主演女優・みつ子は、とある出来事をきっかけに10年間休業していたが大舞台へ復帰することに。親友でゲイのヒデヨシに付き添ってもらって久しぶりに稽古場へ向かうが、ヒデヨシのフォローもむなしく稽古初日から思うようにいかなかったため、不安定な精神状態になってしまう。稽古終わりで飲んだ西新宿の帰り道、偶然立ち寄ったコンビニでちひろと出会うみつ子とヒデヨシ。この出会いこそが“フリムンシスターズ”誕生のきっかけであり、彼らの戦いの始まりでもあった……。

    Director作・演出

    ©細野晋司

    松尾スズキ

    プロフィール

    松尾スズキ
    プロフィール

    1962年12月15日生まれ、福岡県出身。1988年に大人計画を旗揚げ。主宰として作・演出・出演をつとめながら、宮藤官九郎ら多くの人材を育てあげている。1997年『ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~』で岸田國士戯曲賞受賞。演劇以外にも、小説家・映画監督・脚本家・エッセイスト・俳優として幅広く活躍。小説『クワイエットルームにようこそ』『老人賭博』『もう「はい」としか言えない』は芥川賞候補、主演したテレビドラマ『ちかえもん』は文化庁芸術祭賞ほか受賞。2019年には正式部員は自身一人という「東京成人演劇部」を立ち上げ、『命、ギガ長ス』を上演、小規模空間での舞台上演にもこだわっている。同作で第71回読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞。2020年よりシアターコクーン芸術監督に就任。

    閉じる

    女たちは欠陥を抱えていた。
    自分を見失っていた。
    奪われ倒していた。
    依存し続けていた。
    3人は都会の吹き溜まりで出会った。
    そして、大事なものを取り戻そうと思った。
    その中で歌とダンスが生まれた。
    なりやまぬ音楽。友情と戦いのダークファンタジー。
    これは、自由への叫び。そして、劇場の叫び。
    松尾スズキ

    Castキャスト

    • 長澤まさみ
      プロフィール

      1987年6月3日生まれ。
      00年に第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞。04年に初主演映画『ロボコン』で、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍。近年の主な出演は【舞台】『紫式部ダイアリー』『キャバレー』『神の子』、【映画】『マスカレード・ホテル』『キングダム』『コンフィデンスマンJP ロマンス編』など。現在、映画『MOTHER マザー』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開中。また、21年には【映画】『すばらしき世界』『シン・ウルトラマン』が公開予定。

      閉じる

      長澤まさみ
      コメント

      また松尾さん独特の世界観を味わえると思うと、嬉しさが込み上げてきます。
      しかも今回は、友情の物語になるそうで、それも楽しみです。
      尊敬する先輩方に囲まれてきっと幸せな時間になるんだろうなと、お稽古が楽しみです。
      シアターコクーンは初めての劇場ですが、舞台観劇で度々訪れている馴染みのあるところなので伸び伸びとやれたらと思います。

      閉じる

    • 秋山菜津子
      プロフィール

      東京都出身。舞台を中心に、映画、ドラマに幅広く出演。ひょうご舞台芸術『プルーフ/証明』、TPT『ブルールーム』で第36回紀伊國屋演劇賞個人賞、第9回読売演劇大賞優秀女優賞、杉村春子賞を、Bunkamura『タンゴ・冬の終わりに』で第14回読売演劇大賞優秀女優賞を、こまつ座『きらめく星座』で第22回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞している。近年の主な出演は【舞台】『8月の家族たち』『DISGRACED』『キャバレー』『きらめく星座』『ハングマン』『贋作 桜の森の満開の下』『出口なし』『美しく青く』『カリギュラ』など。

      閉じる

      秋山菜津子
      コメント

      松尾さんの新作の舞台に出るのは久しぶりですし、しかもシアターコクーンの芸術監督になってから初の新作ということですし、大変光栄で有難いです。今回演じる役は、以前、松尾さんが監督された映画に出演させていただいたときに演じた役柄に通ずるところもあるようで、楽しみです。そこにどのくらいミュージカルの要素が絡んでくるんでしょうね。まずは台本を読むこと、そして稽古場でみなさんに直接会ってお稽古することが今から楽しみで仕方ありません。

      閉じる

    • 皆川猿時

      プロフィール

      皆川猿時
      プロフィール

      1971年2月1日生まれ。94年より大人計画に参加。グループ魂では「港カヲル」としてMCを担当。
      近年の主な出演は【舞台】『ロミオとジュリエット』『ニンゲン御破算』『流山ブルーバード』『キレイ-神様と待ち合わせした女-』、【映画】『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』『Fukushima 50』、【ドラマ】『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)『あなたの番です』(NTV)『初めて恋をした日に読む話』(TBS)など。現在【ドラマ】『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日)が放送中、【映画】『弱虫ペダル』が公開中。

      閉じる

    • 栗原類

      プロフィール

      栗原類
      プロフィール

      1994年東京生まれ。ファッション誌などのモデルとして活躍。高校生のときにバラエティ番組でブレイク。12年から役者としても活動の幅を拡げ、ドラマ・映画・舞台などに出演する。近年の主な出演は、【舞台】『春のめざめ』『プレイハウス」『どうぶつ会議』、【映画】『とんかつDJアゲ太郎』『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』『シグナル100』。【ドラマ】『正しいロックバンドの作り方』(NTV)『ルパンの娘』(CX)など。

      閉じる

    • 村杉蝉之介

      プロフィール

      村杉蝉之介
      プロフィール

      1965年9月7日生まれ。94年より「大人計画」に参加。「グループ魂」ではバイト君の名でリーダーを務める。近年の主な出演は【舞台】『愛犬ポリーの死、そして家族の話』、『ニンゲン御破算』、『キレイ-神様と待ち合わせした女-』【映画】『108~海馬五郎の復讐と冒険~』、『惡の華』、『空飛ぶタイヤ』、『麻雀放浪記2020』【ドラマ】『だから私は推しました』(NHK)、『ボイス』(NTV)など。「すぐ死ぬんだから」(NHK BSプレミアム/8月23日より放送スタート)、『荒ぶる季節の乙女どもよ』(MBS/9月8日より放送スタート)に出演。

      閉じる

    • 池津祥子

      プロフィール

      池津祥子
      プロフィール

      1969年11月4日生まれ。90年より大人計画に参加。近年の出演は、【舞台】『今、出来る、精一杯。』『ロミオとジュリエット』『市ヶ尾の坂』『さらば!あぶない刑事にヨロシク』『業音』【映画】『朝が来る』(20年10/23公開予定)『風の電話』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』【ドラマ】『MIU404』(TBS)『パパがも一度恋をした』(東海テレビ)『あなたの番です』(NTV)『フェイクニュース』(NHK)『グッドドクター』(CX)『監獄のお姫さま』(TBS)『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK)など。

      閉じる

    • 猫背椿

      プロフィール

      猫背椿
      プロフィール

      1972年10月17日生まれ。92年より「大人計画」に参加。近年の主な出演は【舞台】『キレイ-神様と待ち合わせした女-』『プレイハウス』『メタルマクベス』disc1『荒川さんが来る、来た』『鎌塚氏、腹におさめる』『皆、シンデレラがやりたい。』、【映画】『夢売るふたり』、【ドラマ】『刑事ゼロSP』(EX)『ベビーシッター・ギン!』(NHKBSプレミアム)『集団左遷!!』(TBS)『刑事ゼロ』(EX)『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(NTV)『イアリー見えない顔』(WOWOW)『西郷どん』(NHK)『監獄のお姫さま』(TBS)『山岸ですがなにか』(Hulu)など。

      閉じる

    • 笠松はる

      プロフィール

      笠松はる
      プロフィール

      東京藝大卒、同大学院修了。第16回日本クラシック音楽コンクール声楽部門大学院の部最高位。2007年4月『ユタと不思議な仲間たち』ヒロイン・小夜子で劇団四季初舞台。その後8年間『ウェストサイド物語』マリア、『オペラ座の怪人』クリスティーヌ、『サウンド・オブ・ミュージック』マリア、『赤毛のアン』アン、『李香蘭』李香蘭 、等多くの作品に主演。退団後は『シークレットガーデン』ローズ、『のべつまくなし』也哉子、『カリソメノカタビラ』ポンパドゥール夫人/マリー・アントワネット、『花火の陰』白幡由梨、等に出演。また20年1月には歌劇『紅天女』の初演でタイトルロールを務め、本格的なオペラデビューも果たす。

      閉じる

    • 篠原悠伸

      プロフィール

      篠原悠伸
      プロフィール

      1992年2月2日生まれ。近年の主な出演は、【舞台】『ロミオとジュリエット』『少女ミウ』『サンバイザー兄弟』『青い瞳』、【映画】『チワワちゃん』『センセイ君主』『お前はまだグンマを知らない』『TOO YOUNG TO DIE︕若くして死ぬ』、【ドラマ】『スイッチ』(EX)『パラレル東京』(NHK)『地獄のガールフレンド』(FOD)『W県警の悲劇』(BSテレ東)『西郷どん』(NHK)『トドメの接吻』(NTV)など。

      閉じる

    • 山口航太

      プロフィール

      山口航太
      プロフィール

      1984年8月1日生まれ。10年、劇団はえぎわの舞台『春々』にオーディションを経て初参加。のちに劇団員になり、劇団公演に参加。近年の主な出演は、【舞台】『サニーサイドアップ』『気づかいルーシー』『家族の基礎~大道寺家の人々~』『ニンゲン御破算』、【ドラマ】『精霊の守り人 悲しき破壊神』(NHK)『コードネームミラージュ』(TX)、【映画】『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』『ヒジランテ』『犬猿』など。

      閉じる

    • 羽田夜市

      プロフィール

      羽田夜市
      プロフィール

      山梨県出身。近年の主な出演は、【舞台】『キレイ-神様と待ち合わせした女-』(2005年・14年)『キャバレー』(07年・17年)『Glory ROLLY Groovy』『Global ROLLY Groovy』のほか、劇団「3.14ch」「ドリル饅頭」などに出演。今年5月にはCooch公演『エビングハウス』劇場生配信に出演した。【MV】「ROLLY’S ROCK WORKS」Eejanaika、【CM】西友 ど生鮮「おかしなキュウリ篇」のカッパ、【映画】『ユメ十夜 第六夜』、【TV】松尾スズキ プロデュース「美しい男性!」(BSジャパン)など。JSA認定「ソムリエ」資格保有。20年 本名の羽田謙治から改名。

      閉じる

    • 笹岡征矢

      プロフィール

      笹岡征矢
      プロフィール

      2009年劇団四季入団。歌、ダンスの実力を評価され、主演含め数多くの作品に出演。主な出演作品は『ユタと不思議な仲間たち』ユタ役『CATS』マンゴジェリー役『赤毛のアン』ギルバート・ブライス役『ウェストサイド物語』ベイビージョーン役『コーラスライン』マイク役など。退団後の出演は【舞台】『Endless SHOCK 2016』『王家の紋章』『キャバレー』『ピーターパン』『ニンゲン御破算』『アニー』『WEST SIDE STORY』A-ラブ役など。また、松尾スズキプロデュース 東京成人演劇部vol.1『命、ギガ長ス』の振付を担当するなど、近年は振付にも力を注ぐ。

      閉じる

    • 香月彩里

      プロフィール

      香月彩里
      プロフィール

      1984年11月24日生まれ。『クリーニング物語―清める女―』(19)など17年より“物語のあるライブ”をコンセプトに作・演出・出演のプロデュース公演制作を始める。近年の主な出演は、【舞台】『キレイ-神様と待ち合わせした女-』ミュージカル『HEADS UP!』マサ子の間男歌喜劇『ああ、酒よ』ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』、ミュージカル『キャバレー』ミュージカル『ファントム』ミュージカル『カルメン』、【CM】花王ロリエ しあわせ素肌【映画】『108~海馬五郎の復讐と冒険~』など。

      閉じる

    • 丹羽麻由美

      プロフィール

      丹羽麻由美
      プロフィール

      COLOR、Buzyのメンバーとして1999年から音楽活動を開始。解散後は舞台を中心に活動中。主な出演作品は『ファントム』演出:城田優、『ペテン師と詐欺師』『サムシング・ロッテン!』演出:福田雄一、『ZEROTOPIA』『The Love Bugs』演出:岸谷五朗、『キャバレー』演出:松尾スズキ、『黒執事』演出:福山桜子、『サイケデリック・ペイン』演出:いのうえひでのり、『KinkyBoots』『REON JACK3』などがある。ダンスカンパニーELEVENPLAYのメンバーでもある。

      閉じる

    • 河合優実

      プロフィール

      河合優実
      プロフィール

      東京都出身。映画『よどみなく、やまない』で主演デビュー。映画、ドラマ、MV、CM、モデルなど多岐にわたり活躍。近年の主な出演は【舞台】『someday』、【映画】『透明の国』(2020年/嵐あゆみ監督)『喜劇 愛妻物語』(20年9月11日公開/足立紳監督)『佐々木、イン、マイマイン』(20年11月27日公開/内山拓也監督)がある。

      閉じる

    • 片岡正二郎

      プロフィール

      片岡正二郎
      プロフィール

      1962年5月15日生まれ。串田和美が旗揚げ・主宰を務めた劇団「オンシアター自由劇場」出身、音楽劇『上海バンスキング』、『もっと泣いてよフラッパー』などに出演。98年に映画監督・坪川拓史と共に「くものすカルテット」を作成、ヴァイオリン&マンドリン&唄を担当。「バチカンブラザース」、「白崎映美と白ばらボーイズ」のメンバーとしても活動。近年の主な舞出演作品には、『空中キャバレー 2019』、音楽劇『どうぶつ会議』、『ニンゲン御破算』、『キレイ-神様と待ち合わせした女-』などがある。17年上演『24番地の桜の園』では演出助手を務める。

      閉じる

    • オクイシュージ

      プロフィール

      オクイシュージ
      プロフィール

      1985年劇団青年座養成所入所。
      劇団主宰やラジオDJなどを経て、演劇ユニット国産第1号主宰(作・演出・出演)、劇団ワンダフルズ(構成・演出・出演)、他に猫背椿とのトークイベント「猫背シュージ」なども開催している。近年の主な出演は、【舞台】『マシーン日記』『キレイ-神様と待ち合わせした女-』『演劇部のキャリー』『グッドディスタンス[箪笥] 』、【映画】『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』のほか、the pillows30周年記念映画『王様になれ』では監督・脚本を務める。

      閉じる

    • 阿部サダヲ
      プロフィール

      1970年4月23日生まれ。92年より「大人計画」に参加。08年に映画『舞妓Haaaan!!!』にて第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、18年に映画『彼女がその名を知らない鳥たち』にて第60回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。近年の主な出演は【舞台】『キレイ-神様と待ち合わせした女-』『ニンゲン御破算』『髑髏城の七人Season鳥』『逆鱗』、【映画】『MOTHER マザー』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『殿、利息でござる!』、【ドラマ】『Living』(NHK)『スイッチ』(EX)『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)など。

      閉じる

      阿部サダヲ
      コメント

      まず、久しぶりにお客さんの前に立てることが、本当に嬉しいです!
      そして僕にとっては2016年『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』以来の新作!長澤まさみさんと秋山菜津子さんと僕の3人の女の友情物語ですって…女の!?…楽しみです!

      閉じる

    Musicianミュージシャン

    佐山こうた/千葉岳洋、佐藤芳明/田村賢太郎、城家菜々、田子剛、阿部光一郎/河原真、BUN Imai/上原なな江

    レストランのご案内
    Bunka祭2020

    Pickupおすすめ公演