Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
盲導犬 ―澁澤龍彦「犬狼都市」より―
日程:2013/7/6(土)~7/28(日)

シアターコクーン・オンレパートリー2013 唐版 滝の白糸

作:唐十郎 演出:蜷川幸雄

唐十郎×蜷川幸雄“禁断の企み”再び蘇る!

2013年10月8日(火)~29日(火) Bunkamuraシアターコクーン

ビジュアル撮影

唐十郎×蜷川幸雄の4度目の挑発に、魂の根底から揺さぶられる予感。

 作・唐十郎×演出・蜷川幸雄による〝禁断の企み〞第2弾は『唐版 滝の白糸』。心中の生き残りである水芸人・お甲と、孤独な少年・アリダ、過去を追い求める謎の男・銀メガネを中心人物に、唐独自のロマンティシズムが溢れる詩的な戯曲が、蜷川の手によってダイナミックに展開されることは間違いない。
 1975年の初演以来、唐と蜷川のコンビで過去3度上演された本作は、蜷川曰く「俳優が変わることで生まれ変わる作品」。このたびは、〈お甲〉に宝塚歌劇団を退団後初の舞台出演となる元男役トップスターの大空祐飛、〈アリダ〉に若手注目株として煌めく才能を感じさせる窪田正孝、そして、日本演劇界の重鎮でありながら常に様々な役に挑み続ける平幹二朗を〈銀メガネ〉に配する豪華かつ異色の布陣だ。また、作品世界の一端を担うビジュアル撮影では、蜷川実花をフォトグラファーに迎えることになった。
 鮮やかな色彩と独自の質感を持つ写真表現で、被写体の内面から醸し出される生命力や色気を引き出す蜷川実花が用意したのは、鮮やかな緋色の世界―。黒の格子を背に赤い紐のれんが垂れ、敷き詰められた赤い布や襦袢の上にまず大空が横たわると寝乱れた寝所のような空気感が生まれる。赤い布を巻きつけた体を寄せて窪田が傍らに寝そべり、スーツ姿の平が2人の奥に座る。大空の艶やかな黒髪を美しく流し、窪田のまとう布にドレープを作り、半身を起こしている平の姿勢を微調整するなどしてスタッフ総出でディティールを追求。無造作に乱れているようで実に緻密な計算がなされた構図が完成した。大空は魅惑的な強い眼差しを向け、窪田は透明無垢な中に憂いをたたえ、平は愛嬌をにじませつつ抜け目なさも見せる。作中のキーワードの1つである菖蒲の薄紫が幻想的に咲く濃密な空間で密接な距離に置かれながら、相反して、それぞれが〝個〞として存在感を強く放っていた3人は、新たな『唐版 滝の白糸』の世界観を存分に表現していた。

文:妹尾陽子

蜷川実花プロフィール

写真家・映画監督
木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映像作品も多く手がける。
2007年、映画『さくらん』監督。2008年、個展「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回し、のべ18万人を動員。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集「MIKA NINAGAWA」を出版、世界各国で話題となる。監督映画『ヘルタースケルター』が2012年7月より全国公開、22億円の興行収入を記録。2013年春、上海・外灘に内装プロデュースを手掛けたカフェ&バー「Shanghai Rose」がオープン。蜷川実花の世界を気軽に表現できる無料カメラアプリ「cameran」をリリース中。http://cameran.in