Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
盲導犬 ―澁澤龍彦「犬狼都市」より―
日程:2013/7/6(土)~7/28(日)

シアターコクーン・オンレパートリー2013 唐版 滝の白糸

作:唐十郎 演出:蜷川幸雄

唐十郎×蜷川幸雄“禁断の企み”再び蘇る!

2013年10月8日(火)~29日(火) Bunkamuraシアターコクーン

制作発表レポート

唐×蜷川の伝説の2作品が、これ以上ないキャストで蘇る!

©引地信彦

日本演劇界の2大巨塔、唐十郎と蜷川幸雄による『盲導犬-澁澤龍彦「犬狼都市」より-』、『唐版 滝の白糸』の2作品、連続上演が決定。5月上旬にメインキャストを携え、合同製作発表が行われた。

Bunkamuraシアターコクーンのリニューアルオープン第1弾公演『下谷万年町物語』(2012)で、唐の戯曲により、アンダーグラウンド演劇の神髄を魅せた蜷川は、「70年代の上質でおもしろい芝居を、今の若い世代にも観て欲しい」と、再演の理由を明かした。

『盲導犬』は1973年当時、蜷川が率いていた劇団「櫻社」のためにと書き下ろされた戯曲であり、唐と蜷川の初タッグ作だ。伝説の"不服従"の盲導犬を呼ぶ盲人(古田新太)と、彼と奇妙な絆を結んでいくフーテンの少年(小出恵介)、そして開かずのロッカーを開けようとするひとりの女(宮沢りえ)……。蜷川が「自信のキャスティング」と断言するメンバーで、初演時、アジテーション(扇動)演劇と言われた作品に挑む。

『下谷万年町物語』で唐×蜷川の世界観を経験済みの宮沢は、「最初はハテナマークばかりが浮かぶ脚本が、稽古を続けるうちにどんどんとその世界に引き込まれていって、ついには追い越す瞬間さえあるんです。今回もどのような化学反応が起こるのか、楽しみで仕方ありません」と語り、そんな宮沢に蜷川も「今、もっとも輝いている女優さん。ただ美しいだけでなく戯曲の理解力が素晴らしい。さらに役に乗り移るときの独特のスピード感と色気、エネルギーがある」と太鼓判を押した。宮沢の言葉通り、「劇団☆新感線」の看板役者・古田と若手実力派・小出との間にどんな化学反応が起こるのか待ち遠しい。

『盲導犬』に続く連続第2弾の演目は"唐の血の美学"が炸裂する『唐版 滝の白糸』。初演は1975年。究極のスペクタクル性を伴う芝居ゆえ、通常の劇場では上演不可能とされ、映画の撮影所に大掛かりな装置を組み立てて実現した逸話つきの作品だ。以降、蜷川は2度の再演を重ね、今回は4度目の演出。「流しが空を飛んだり、水芸の白い水が血の色に変わったり、それを青年が浴びたり…」と早くも芝居が頭に浮かんでいるように語りながら、蜷川は「大好きな作品」と笑顔を見せた。

泉鏡花の「義血侠血」にヒントを得た唐が大胆に脚色した『唐版 滝の白糸』は、水芸人のお甲(大空祐飛)、禁断の恋に翻ろうされる若きアリダ(窪田正孝)、過去を追い求める謎の男・銀メガネ(平幹二朗)を中心に展開する。

何と言っても注目はお甲役の大空祐飛だ。昨年、宝塚歌劇団を退団したばかりの元宙組男役トップスターで、本作が退団後初の舞台となる。しかも宝塚以外のストレートプレイ(ミュージカルでない芝居)での女性の役も初めてというから興味がつきない。大空本人は「とんでもなく未知数な私に『滝の白糸』はどうかと声をかけてくださった蜷川さんの情熱にしがみついて、体当たりで脚本の向こう側の世界に飛び込んでいきたい」と意気込みを口にした。

宝塚元トップスター大空から、NHK大河ドラマ「平清盛」の長男・重盛役を熱演した若手筆頭株の窪田、御年79歳の大ベテラン平(意外なことにこれが初の唐戯曲挑戦)と、バラエティ豊かな顔ぶれが揃った『唐版 滝の白糸』。唐と蜷川が今の時代に仕掛ける"演劇スペクタクル"。見逃す手はない。

ライター 望月ふみ