Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録

この家族。

Bunkamura25周年記念 殺風景

作・演出・美術:串田和美

2014年5月3日(土)~5月25日(日) Bunkamuraシアターコクーン

見どころ

赤堀雅秋、満を持してのコクーン初登場は 劇場を震撼させる残酷かつ滑稽な家族の物語!

 下世話で身勝手、見栄張りで貪欲。どこにでもいる“フツー”の、けれど人一倍生命力の強い人間たちをリアルに描く、今最も勢いのある劇作家・演出家が赤堀雅秋だ。これまで俳優としてシアターコクーンの舞台を踏んできた赤堀だが、今回満を持してBunkamura25周年記念、シアターコクーン第3弾公演に自作『殺風景』を引っさげて登場する。

 かつて炭鉱町として栄えた地方都市を舞台に描かれる、とある家族の物語。
父母と兄弟の四人で生活するヤクザ一家の菊池家は、経済的に切迫し、母親が持ち込んだ無謀ともいえる計画にのめりこんでいく。その事件現場には家族の絆を切望するかのような次男・稔の姿があった。
積み上げられる隣人の死体、見つからない二千万円、不毛な家族の共同作業、その先にー。
諦念に呑み込まれた【現在】と爆発的なエネルギーに満ちた【過去】が交互に描かれ、家族の、そして町の愚かしくも悲しい姿が浮かび上がってくる・・・。

 出演者には、ハードな劇世界を受け止めるタフな俳優が集結。Hey! Say!JUMPのメンバー・八乙女光が、悲しき殺人者・稔役でストレートプレイに初挑戦するほか、兄・直也には独特の存在感で観客を魅了する大倉孝二、さらに舞台から映像まで幅広く活躍する荻野目慶子、西岡德馬、キムラ緑子ら実力派が、濃密な劇世界を舞台上に繰り広げる。

 「人間の暗部を演じるのは、難しいけれどやりがいも大きい。音楽や歌のない舞台への出演という大きな挑戦もあるこの舞台。がむしゃらに、けれど楽しんでやりきりたい」(八乙女)、「赤堀作品ファンを自認する僕が、そこに出演することになろうとは……。重く大きな課題からは逃げるタイプなので、良い機会をもらったと覚悟を決めて臨みます」(大倉)と決意を述べる俳優陣に、「最も身近で互いを理解しあえているはずの家族こそ、実は互いに埋めようのない距離を感じ、孤独に飢え乾いている。虚無と渇望に苛まれる人々を、時に喜劇に見える瞬間を交えながら舞台に焼きつけられたら」と、さらに挑発的な言葉で応える赤堀。Bunkamuraの歴史に鮮烈な1ページを加える問題作が、シアターコクーンを震撼させる!

演劇のための演劇を作りたいわけではない。エキセントリックな演劇をアカデミックな演劇をひけらかして満足したいわけではない。生身の人間が生身の人間とコミュニケートしたいだけの話だ。舞台上に生きる人間の、穴という穴から漏れ出る生臭い汁を、観客と共にまみれたい。そんな苦虫を潰したような顔をしないで欲しい。慣れてしまえば大丈夫。シアターコクーンだろうが関係ない。泣ける作品でも笑える作品でもない。何だかよくわからない生臭い汁が、観客の穴という穴から漏れ出たなら幸いだ。宣伝文句としては最低だが、それが僕の理想だから仕方ない。

赤堀雅秋

作・演出 赤堀雅秋

 実際にあった凄惨な殺人事件が題材ですが、作品のキーワードはむしろ「家族」だと思っています。最近、犯罪関連で報道される家族像には、共通して狂信的で歪んだ関係性が存在するように僕には思える。家族は最も身近にあって互いを理解し、繋がり合っていて当然だという思い込み。それに反し現実には、個々人が埋めようのない距離を感じ、孤独に飢え乾いた状態にある。そこに生じる虚無と渇望に苛まれる人々を描き、最終的には舞台上に、喜劇として見える瞬間も現出させられたら、というイメージを今は持っています。
 八乙女さんとは初めてご一緒させていただきますが、トップ・アイドルとして活動しながら、他者に対して変に壁を作ることなくニュートラルに接することができる、その姿勢が一緒に芝居づくりをする仲間として信頼できると思いました。華やかな活動とは裏腹に、どこか自分の中にある根の暗さに自覚的なんじゃないか、と勝手に想像が膨らみました(笑)。
 大倉さんとは俳優同士での共演経験はありますが、演出家として向き合うのは今回が初めて。あの独特の佇まい、観客が絶対的な安心を持って観ていられる存在感は唯一無比の魅力。八乙女さんとの「兄弟」のバランスも良いと思うので、作品のために存分に力を貸してもらおうと思っています。

八乙女 光

 作・演出の赤堀さんとは、俳優として出演されている舞台『シダの群れ 港の女歌手編』を拝見したことが初対面の場でした。『シダの群れ』は任侠物で赤堀さんはヤクザ役。あまりの迫力と怖さに、家に帰って震えるほどでした(笑)。
 殺人事件を描く作品世界は非常にヘヴィーなものですが、考えてみると僕が初めてドラマ(『3年B組金八先生』)で演じたのは、虐待を受けていた薬物中毒の中学生という役。人間の暗部を演じることは難しいけれど、やりがいも大きく、さらに今回は喜劇的な要素も入るということで、そのハードルの高さに今からワクワクしています。
 また、音楽や歌のない舞台作品への出演は初めてのことなので、僕にとっては大きな挑戦になりますが、がむしゃらに、けれど楽しんで最後までやりきりたいと思っています!

大倉孝二

 僕自身が赤堀作品とTHE SHAMPOO HATのファンなので、あの独特の世界観に自分が入るということを、今まで想像できませんでした。でも今回は赤堀さんのシアターコクーン初進出作品。「手伝って欲しい」と言われ、断れませんでした。
 赤堀作品の魅力を一言で言うなら"ダサい男気芝居"。人間のみっともなさを敢えてむき出しに描き、「みっともなくて何が悪い!」と逆説的に認めさせてしまう、あのエネルギーは他にないものだと思います。
 作品概要に「一家四人殺害事件」というへヴィーな単語を見た瞬間、「キタか……」と思いました。稽古から本番まで確実に憂鬱な春になりそう(笑)。でも僕は、人から与えられないと重く大きな課題から逃げるタイプなので、良い機会をもらったと覚悟を決めて臨みたいと思っています。