BiG-i×Bunkamura アートプロジェクト

BiG-i×Bunkamura アートプロジェクト

BiG-i×Bunkamura アートプロジェクト

最新トピックス

    一覧を見る

    BiG-i×Bunkamura アートプロジェクトとは?

    人と人とを繋ぐアートの力。
    アートを通じて、障害のある人、ない人、すべての人々の交流を促し、感動や喜びを共に。

    Bunkamuraは、国際障害者交流センター ビッグ・アイの連携と協力のもと「BiG-i×Bunkamura アートプロジェクト」を始動し、障害のあるアーティストによる作品を対象に作品募集を行います。募集対象は、国内外問わず、障害のある方が制作した過去に受賞歴のないアート作品です。

    BiG-i×Bunkamura アートプロジェクト」では、障害のある人自身が自己の可能性を見出し、自己実現ができるよう、アート活動の機会を提供します。アートを通じて感動やよろこびを共にしたいと考え、本プロジェクトを通して選ばれた受賞・入賞作品を展覧会の場で発表し、障害のある人、ない人、全ての人々の交流を促していきます。障害のある人のアーティスト活動を支援し、社会へ発信する本プロジェクトの、第一回目となる作品募集。たくさんのアート作品のご応募をお待ちしています。

    制作におけるテーマや素材は自由。絵画やイラスト、グラフィックデザイン、立体造形など方法もさまざまに、その技法を超えたところにあるアート表現の多様さを、各界で活躍する4名の審査員が選定します。

    主催:Bunkamura
    連携・協力:国際障害者交流センタービッグ・アイ

    アートプロジェクト 作品募集の流れ

    • 国内からの応募
    • 国外からの応募

    応募用紙の受付期間:2023年7月1日(土)〜9月29日(金)

    • 一次審査(書類審査)11月上旬
    • 一次審査(書類審査)10月上旬
    • 一次審査結果の通知(メール)12月上旬
    • 一次審査結果の通知(メール)11月上旬

    一次通過作品現物の提出

    作品現物の受付期間:2023年12月21日(木)〜2024年1月10日(水)

    二次審査(現物審査)2024年1月下旬

    二次審査結果の通知(メール)2024年2月上旬

    受賞・入選作品展覧会 2024年8月下旬を予定

    審査員(五十音順)

    • 秋元雄史 Yuji Akimoto

      東京藝術大学 名誉教授

    • 上田バロン Baron Ueda

      アーティスト / AI BEARクリエーター

    • エドワード M. ゴメズ Edward M. Gómez

      brutjournal 創刊者 兼 編集長

    • 中津川 浩章 Hiroaki Nakatsugawa

      美術家 / アートディレクター