生誕60周年記念 くまのパディントン™展

MESSAGEメッセージ

第1巻『くまのパディントン』マイケル・ボンド作/松岡享子訳/ペギー・フォートナム画(1967年初版・福音館書店)

本展監修者 松岡享子先生より
(福音館書店「パディントン」シリーズの翻訳者)

「こんな本があるんですが、訳してみませんか?」と、福音館書店の松居直氏が声をかけてくださったのは、もう50年もまえのこと。それがA Bear Called Paddington ―パディントンという名のクマとの出会いでした。笑い転げながら読み、すぐに翻訳をお引き受けしたのですが、このときは、これが長くつづくシリーズになるとは予想もしていませんでした。ところが、そのあと続編がつぎつぎと出て、わたしとこの愛すべきクマくんとのおつきあいは、半世紀もつづくことになりました。
毎日新聞社が「くまのパディントン™展」を企画すると知り、お手伝いをはじめた昨年の6月、著者のマイケル・ボンド氏の訃報が届きました。ついにお会いする機会を逸してしまったのは心残りでなりませんが、翻訳をしている間、わたしの心のなかには、いつもかわいくてたまらないというようにパディントンを見つめているボンド氏の温顔が見えていました。
40以上の言語に訳され、3500万部も出ているというパディントンの本。天真爛漫、好奇心旺盛、発想力抜群、強い正義感をもち、徹底して楽天的なこのクマくんの存在が、展覧会を通してさらに多くの人たちに知られ、作品を読むきっかけとなりますように。パディントンの生みだす笑いが、多くの人の心を温かくしてくれますように。そして、このユニークで愛らしいクマくんを大切な心の友のひとりに加える人が増えますように。

「くまのパディントン™展」開催記念 松岡享子さん講演会