ニンゲン御破算

勘三郎さんに書き下ろした戯曲を「御破算」にし、今考えられる最高の俳優の布陣でリスタート。
それはそれでも、ええじゃないか。
幕末の混乱のどさくさに、斬って斬って歌い踊って、なだれ打って明治にたどりつく、怒涛の大河ドラマ。
エンタテインメントとはなんぞやという問いに、わたくし、松尾が出し続けた答えの最終形態、それが「ニンゲン御破算」だ!

松尾スズキ

アクセスマップ

Bunkamura 東京都渋谷区道玄坂2-24-1

最新トピックス

一覧を見る

松尾スズキ唯一の時代劇が新キャストを得て
よりリアルに、かつ時代に合わせ進化を遂げる

大人計画の松尾スズキが十八代目中村勘三郎(当時は勘九郎)にあてて書いた、松尾にとって唯一の時代劇で、かなり実験的な作品でもあった『ニンゲン御破算(当時は御破産)』。この伝説的な舞台が15年の時を経て、大幅にキャストを変更し、タイトルも1文字変更し、待望の再演を果たす。松尾いわく「“御破産”はクラッシュのイメージですが、今回はリセットするという意味の“御破算”にしました。全体的にちょっと複雑な構成の時代劇だったので、再演ではよりテーマをくっきりさせ、老若男女が素直に楽しめる、わかりやすくリアリティのある時代劇にするつもりです」とのこと。

続きを読む

物語は江戸時代、それも幕末の頃。芝居好きで自らも狂言作者になることを夢見ている加瀬実之介は、侍の身分を捨て、人気狂言作者の鶴屋南北、河竹黙阿弥に弟子入り志願する。しかし二人から「あなた自身の話の方が面白そうだ」と言われ、実之介は自らの半生、そして周囲のニンゲンたちの物語を語り出す……。
実之介を演じるのは、初演時の勘三郎とちょうど同年齢となる大人計画の看板役者・阿部サダヲ。阿部は「勘三郎さんにしかできないセリフまわしがあった印象なので、きっとそのままはやらないでしょうから、前回とはかなり違った作品になりそう。まっさらな気持ちで取り組めそうな気がしています」とコメント。その阿部が演じていた灰次役には『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』(2016)で難しい二役を見事に演じ分けていた岡田将生が扮する。「松尾さんの作品にまた呼んでいただけるなんて、すごくうれしかった。初演での阿部さんとは違うところを目指しつつ、前回の舞台を観ている方々にも認めていただけるよう、新たなチャレンジとしてがんばります」と意気込む、岡田の新境地に期待は高まる。お吉役は『ふくすけ』(2012)『キレイ』(2014)で松尾作品との相性の良さが印象的だった多部未華子。多部も「舞台で時代劇に挑戦するのは初めてなのでどうなるかまだ想像がつきませんが、今回も素敵な作品になるようにがんばりたいと思います」と語り、また新たな魅力を発揮してくれそうだ。さらに「今回、初演の時とは違う役を演じるので、ちょっと予想ができなくて。実は松尾さんの作品に出るのも久しぶりだったりするので緊張します」と語る黒太郎役の荒川良々ら大人計画メンバーに加え、平田敦子やノゾエ征爾ら小劇場のツワモノ勢も参加する上、もちろん初演に引き続き松尾自身も鶴屋南北役で登場する。新キャスト、そして2018年という時代に合わせ、松尾がいかにバージョンアップしてくるか、刮目して待ちたい。

田中里津子

あらすじ

頃は幕末。加瀬実之介(阿部サダヲ)は、人気狂言作者・鶴屋南北(松尾スズキ)、河竹黙阿弥(ノゾエ征爾)のもとへ、弟子入りを志願していた。大の芝居好きで、成り行きとはいえ、家も侍分も捨て、狂言作者を志している実之介。「あなた自身の話のほうが面白そうだ」と南北に言い放たれた彼は、自分、そして自分の人生に関わってくるニンゲンたちの物語を語りだした―。もともとは元松ヶ枝藩勘定方の実之介は奉行から直々の密命を受けていた。それは偽金造りの職人たちを斬ること。幼馴染みのお福(平岩紙)との祝言を済ませた実之介は、偽金造りの隠れ家へ向かい、職人たちを次々に殺めたのだった。その様子を目撃していた、マタギの黒太郎(荒川良々)と 灰次(岡田将生)の兄弟は殺しのことは黙っている代わりに自分たちを侍にしてくれるよう、実之介に取り引きを持ちかけた。そこへ駆け込んできた娘が一人。黒太郎たちの幼馴染みで、吉原へ売られていく途中のお吉(多部未華子)だった。ちょうどその頃、実之介は、同志の瀬谷(菅原永二)や豊田(小松和重)から、悪事の責任をすべて負わされて切腹を迫られていた・・・・・。

作・演出・出演

  • 松尾スズキ

    プロフィール

    プロフィール

    1988年に大人計画を旗揚げ、主宰として作・演出・出演を務めるほか、小説・エッセイ・シナリオ執筆、映画監督、俳優など多彩に活躍中。97年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で岸田國士戯曲賞受賞、01年「キレイ-神様と待ち合わせした女-」でゴールデンアロー賞・演劇賞を受賞。04年初の長編映画監督作「恋の門」がヴェネツィア国際映画祭に正式出品される。06年に小説「クワイエットルームにようこそ」が芥川賞候補となり、07年には自ら監督・脚本を務め映画化。同年公開された映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」では脚本を担当し、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。10年に小説「老人賭博」が芥川賞候補となる。15年には監督・脚本・出演の映画「ジヌよさらば~かむろば村へ~」が公開された。最近の劇団公演以外では「キャバレー」(17・07・演出)、「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」(16・作・演出・出演)、「キレイ-神様と待ち合わせした女-」(14・05・00・作・演出・出演)、「ラストフラワーズ」(14・作・出演)、「ふくすけ」(12・98・91・作・演出・出演)などがある。

    閉じる

    コメント

    コメント

    『ニンゲン御破算』はそもそも15年前に中村勘三郎(当時は勘九郎)さんにあてて、歌舞伎に対して真っ向勝負みたいな気持ちで書いたものだったのですが、今回は思いっきり考え方を変えて阿部の主役でやらせていただきます。それに伴い、それぞれのキャストに合わせて書いた部分や細かいギャグなどはどんどん書き換えますし、タイトルも一文字(産→算)変え、クラッシュするイメージの“御破産”からリセットするという意味で“御破算”にしました。全体的にちょっと実験的で複雑な構成でしたが、再演ではよりテーマをくっきりさせ老若男女が素直に楽しめる、リアリティのある時代劇にするつもりです。江戸の文化を僕流にアレンジし、怒涛のエンターテインメントに仕上げます。

    閉じる

キャスト

  • 阿部サダヲ

    プロフィール

    プロフィール

    1992年の舞台「冬の皮」より大人計画に参加。同年にはTVドラマ初出演も果たす。舞台、ドラマ、映画と幅広いフィールドで、コミカルな作品からシリアスな作品まで幅広く活躍している。07年には映画「舞妓Haaaan!!!」で初主演を飾り、第31回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。19年にはNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主演が控えている。また、パンクコントバンド“グループ魂”のボーカル・破壊としても活動している。近年の主な出演作に【ドラマ】「anone」(18・NTV)、「下剋上受験!」(17・TBS)、「おんな城主 直虎」(17・NHK)【映画】「彼女がその名を知らない鳥たち」(17)、「殿、利息でござる!」(16)、「ジヌよさらば~かむろば村へ~」(15)【舞台】「髑髏城の七人」Season鳥(17)、「ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン」「逆鱗」(16)、「キレイ-神様と待ち合わせした女-」(14)、「八犬伝」「シダの群れ 第三弾 港の女歌手編」(13)など。

    閉じる

    コメント

    コメント

    とにかく初演は芝居の内容よりも、勘三郎さんと一緒に芝居をしたということ自体がものすごく強烈に記憶に残っています。その勘三郎さんがやっていた実之介という役を今回は僕がやらせていただくわけですが。勘三郎さんにしかできないような歌舞伎っぽいセリフ回しが結構あったイメージがあるので、そういうところは松尾さんが書き換えてくれるのではないでしょうか。というか、ぜひ書き換えてほしいです(笑)。おそらく前回とはかなり違ったものになるでしょうから、僕としては一度やった作品ではありますけど改めてまっさらな気持ちで取り組めそうな気がしています。

    閉じる

  • 岡田将生

    プロフィール

    プロフィール

    2006年にテレビCMでデビュー。翌年出演した映画「天然コケッコー」で鮮烈な印象を残し、以降、映画・ドラマなどで次々に話題作に出演。2009年~10年にかけて主要な映画賞で新人賞を、映画「告白」と「悪人」(共に10)では、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。幅広いジャンルの作品に出演し、硬軟演じ分ける若手演技派俳優として常に高い注目を集めている。松尾スズキ作品には16年の「ゴーゴーボーイズゴーゴーヘブン」以来2作目の出演となる。近年の主な出演作に【ドラマ】「名刺ゲーム」(17・WOWOW)、「小さな巨人」(17・TBS)、「ゆとりですがなにか」(16・NTV)、「掟上今日子の備忘録」(15・NTV)、「不便な便利屋」(15・TX)、【映画】「そらのレストラン」(19年初春公開予定)、「家族のはなし」(18年公開予定)、「伊藤くんAtoE」(18)、【舞台】「ウーマン・イン・ブラック 黒い服の女」(15)、「皆既食」(14)など。

    閉じる

    コメント

    コメント

    『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』で松尾さんの作品に初めて出させていただきました。まさかまた呼んでいただけるとは思っていなかったのですごく意外だったのと同時にプレッシャーも感じますが、とてもうれしかったです。稽古を積み重ねていくという作業が好きなせいか、舞台は自分の性格に合っている気もしています。僕は初演で阿部さんが演じられていた灰次役なのですが、阿部さんとは違うところを目指しつつ、前回の舞台を観ている方々にも認めていただけるよう、新たなチャレンジとしてがんばりたいです。そして荒川さんと兄弟の役でもあるので、すごくシゴかれそうですが、きっと精神的にタフになれるんじゃないかとも思っています。

    閉じる

  • 多部未華子

    プロフィール

    プロフィール

    2002年に女優デビューを果たす。2005年公開の映画「HINOKIO」「青空のゆくえ」の演技が認められ、ブルーリボン賞新人賞を受賞。2010年には舞台「農業少女」において、読売演劇大賞優秀女優賞杉村春子賞、エランドール賞新人賞を受賞など、以降も数多くの賞に輝いている。ドラマ、映画、舞台と、数々の作品でその演技力をいかんなく発揮している。松尾スズキ作品には12年「ふくすけ」、14年「キレイ-神様と待ち合わせした女-」に続いて3作目の出演となる。近年の主な出演作に、【ドラマ】「先に生まれただけの僕」「視覚探偵 日暮旅人」(17・NTV)、「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語」(17・NHK)、「仰げば尊し」(16・TBS)【映画】「トラさん」(19年公開予定)、「日日是好日」(18年公開予定)、「続・深夜食堂」「あやしい彼女」(16)、「ピース オブ ケイク」【舞台】「オーランドー」(17)、「尺には尺を」(16)、「ツインズ」(15)、「わたしを離さないで」(14)など。

    閉じる

    コメント

    コメント

    舞台のお仕事は常に挑戦したいと思っているジャンルでもありますし、大好きな松尾さんの作品でもあるので、今回のお話をいただいた時は素直にうれしかったです。着物を着て舞台に立つことは初めてなので楽しみなんですが、動きや所作はどうすればいいのか、まだ全然想像ができません。以前、出演させていただいた『ふくすけ』の時も『キレイ』の時も人数の多い稽古場で、皆さんのシーンを見ているのがすごく面白かったです。特に和気藹々としているイメージはあまりないのですが(笑)、ふだんは静かな方々の集まりなので私としてはとても居心地のいい稽古場なんです。今回も共演するみなさんの稽古を見ることが、一番の楽しみになりそうです。

    閉じる

  • 荒川良々

    プロフィール

    プロフィール

    1998年より大人計画に参加。以降、多くの本公演やウーマンリブ公演に出演すると共に、劇団公演以外の外部出演やテレビドラマ・CM・映画などに多数出演。08年には「全然大丈夫」で映画初主演を果たす。近年の主な出演作に【ドラマ】「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(19・NHK)、「先に生まれただけの僕」(17・NTV)、「Chef〜三ツ星の給食〜」(16・CX)、「重版出来!」「家族ノカタチ」(16・TBS)【映画】「ハード・コア」(18年公開予定)、「心が叫びたがってるんだ。」(17)、「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」(16)、「予告犯」(15)【舞台】「さらば!あぶない刑事にヨロシク」(18)、「鳥の名前」(17)、「ワレワレのモロモロ東京編」「ビニールの城」(16)、「キレイ-神様と待ち合わせした女-」(14)など。

    閉じる

    コメント

    コメント

    初演ではみんなが何度も水に濡れては着替えていたことや、勘三郎さんが意外と稽古中にとても悩んでいた姿を覚えています。そして僕としては今回、松尾さんの作品の再演で初めて違う役に挑戦することになり、どうなるか今はまだ全然予想できないんですよ。それに僕、松尾さんの作品に出ること自体が結構久しぶりで、実はとても緊張しています。大人計画の劇団員が多くても、稽古初日や本読みの時はものすごく緊張するんです。既にお互いの手の内をわかっていて、まったく手が抜けないということもありますしね。とにかく、キャストを一新した事で観たことのないような舞台になりそうな予感があります。ぜひみなさん楽しみに観にいらしてください。

    閉じる

  • 皆川猿時
  • 小松和重
  • 村杉蝉之介
  • 平岩紙
  • 顔田顔彦
  • 少路勇介
  • 田村たがめ
  • 町田水城
  • 山口航太
  • 川上友里
  • 片岡正二郎
  • 家納ジュンコ
  • 菅原永二
  • ノゾエ征爾
  • 平田敦子
  • 前田悟
  • 齋藤桐人
  • 乾直樹
  • 阿部翔平
  • 井上尚
  • 掛札拓郎
  • 笹岡征矢
  • 中村公美
  • 香月彩里
  • 石橋穂乃香
  • 青山祥子
  • 演奏:幕末どさくさ社中(邦楽)
  • 清水直人(sax.)
  • 磯部舞子(vn.)
  • 門司肇(key.)