Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録

シェイクスピア的ラブストーリーに対して岩松了が問う、現代人のための恋愛物語

Bunkamura25周年記念 ジュリエット通り

2014年10月8日(水)~31日(金) Bunkamuraシアターコクーン

見どころ

オリジナリティの高い劇作家が、数多く作品を提供してきたシアターコクーンのラインナップ。中でも2004年に、芸術監督・蜷川幸雄のために書き下ろした『シブヤから遠く離れて』をはじめ、『恋する妊婦』(08年)、任侠の世界に生きる男女をドラマティックに描くシリーズ『シダの群れ』(10年)、『シダの群れ <純情巡礼編>』(12年)、『シダの群れ <港の女歌手編>』(13年)の五作品を発表している岩松了は、間違いなく当劇場の看板クリエイターの一人と言えるだろう。その岩松がBunkamura25周年記念に提供する新作が『ジュリエット通り』だ。
 タイトルに『ロミオとジュリエット』から、ヒロインの名を取り入れた本作のテーマはズバリ「愛」。だが、人間の内部でうごめく無意識下の心理に深く切り込み、その真実を浮き彫りにする名手・岩松が描く21世紀の「愛」は、『ロミ・ジュリ』が描く少年少女の純粋無垢なそれではなく、人生に鬱屈と憂いを抱えた青年と美しい娼婦を中心に、彼らを取り巻く大人たちが織り上げる、複雑極まりない恋愛模様なのだ。
舞台は住宅街にひっそりと佇む高級娼館「枯淡館」。そこは趣味の良いサロンやレストランも擁する、選ばれた富裕層だけが通うことを許された別世界だ。館と住宅街に挟まれた細い道は、かつてそこを通って愛しい男のもとへ通いつめた若い娼婦がいたことから"ジュリエット通り"と呼ばれていた。常連客の一人・田崎昭一郎は最近、館の向かいに別宅をつくり、そこに先妻の息子・太一を呼び寄せる。やがて別宅には、枯淡館の人気娼婦スイレンが、昭一郎の声がけにより足繁く出入りするようになり……。
若き恋人たちを演じるのは、CDデビュー10周年に加え俳優としての活動もめざましい関ジャニ∞の安田章大と、若手女優の中でもフレッシュな感性で活躍の場を広げる大政絢。その父・昭一郎を岩松作品ではお馴染みのベテラン風間杜夫が演じるなど、豪華俳優陣が集結。劇場のアニバーサリーに相応しい、岩松了の新たな挑戦をお見逃しなきよう!