Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • サービス紹介

ラインナップに戻る

祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~
蜷川バージョン
日程:2013/1/12(土)~2/3(日)

シアターコクーン・オンレパートリー + キューブ 2012 祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~ KERAバージョン

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 音楽パスカルズ

2012年12月9日(日)~12月30日(日) Bunkamuraシアターコクーン

ブベニチェク×モロー×ジルベール、若き才能たちがいざなう新時代の自称「三姉妹モノの名手」ケラリーノ・サンドロヴィッチが贈る、渾身のブラックファンタジー!

「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」メモ

いつの時代も、世界中の至るところで「祈り」が捧げられている。
その前には、あたかも試練であるかのように、何か大きな力が立ち塞がる――。

「もしも、ガルシア・マルケスが『カラマーゾフの兄弟』のような物語を、姉妹に置き換えて書いたら?」というのが、発想のきっかけだった。
まあ、どうせ出来上がる台本はてんで違うモノになるに決まっているのだけれど。

ブラック・ファンタジーだ、マジック・リアリズムだ、と色々な言葉で説明をしてきたが、平たく言えば、大人のお伽噺である。
お伽噺だから、あたりまえに不可思議な出来事が起こる。そこに科学的根拠はなにもない。とは言え、描こうとしているのは、ディズニーランドのような幸福観とはおよそ無縁の世界なので御用心を。我々の現実と、きっとどこかで地続きの世界である。彼ら登場人物が祈らねばおられぬ気持ちで流す涙は、きっと我々と変わらぬ、ときに暖かく、ときに苦い涙だ。

とある架空の町に暮らす三姉妹。市長である彼女達の父親。そこに様々な人々が絡むに絡む、そんなお話。 鉱物と話をする青年と彼の友人、空の鳥かごを手にした放浪の若者。
市長の百歳を超える母親と何十番目かの後妻、幼いわが子を失った使用人夫婦、曰くありげな執事長と若いメイド。錬金術を見世物に世界中を旅しているという紳士と白痴の助手、よからぬ企てを胸に日夜集う市民達、そして神の不在を確信した司祭――。
波瀾万丈、奇妙奇天烈な群像劇になるはずだ。拙作には珍しく、体温の高い芝居になるやも知れぬ。

観る人の数だけ答があるような舞台にしたい。背後に蠢く思惑や、直接語られることない事態の推移を、各自の脳内に立ち上げながら御覧頂ければ幸いである。

できるなら、続けて上演される蜷川バージョンと両方ご覧になり、比較して楽しんでもらいたい。演出家の自分が「負けるものか」と力む一方で、劇作家としての自分は「演出家が変わるぐらいで揺らぐような、芯の細いものを書いたら失格だ」と肝に命じている次第。

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(作・演出)

脚本・演出 :ケラリーノ・サンドロヴィッチ

東京都出身。1982年、ニューウェーブバンド・有頂天を結成。並行して85 年に犬山イヌコ(当時は犬山犬子)、みのすけらと劇団健康を旗揚げ、演 劇活動を開始する。92年の解散後、翌93年にナイロン100°Cを始動。99 年には「フローズン・ビーチ」で第43回岸田國士戯曲賞を受賞。以降、数々の演劇賞を受賞。近年、舞台活動では劇団公演に加え、KERA・ MAP、オリガト・プラスティコ、空飛ぶ雲の上団五郎一座などのユニットにも主宰、参加するほか、外部プロデュース公演への参加も多数。近作にシス・カンパニー「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」(演出・読売 演劇大賞最優秀作品賞受賞)、さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」(作/演出:蜷川幸雄)、シスカンパニープロデュース「2人の夫とわたしの事情」、シアターコクーン「黴菌」(作・演出)、cube presents「奥様お尻をどうぞ」(作・演出)がある。近年の映像活動として、初監督映画「1980」(03)、「おいしい殺し方」(06)、大槻ケンヂ 原作「グミ・チョコレート・パイン」(07)、「罪とか罰とか」(09)の脚本・監督をつとめ、テレビドラマでは「時効警察」(テレビ朝日/第8話)「帰ってきた 時効警察」(第4話)などがある。音楽活動では、バンド『ケラ&ザ・シンセサイザーズ』でボーカルを務め、新作アルバム「ザ・ベスト・オブ・ケラ&ザ・シンセサイザーズ」が発売中。本年度より、岸田國士戯曲賞、選考委員を務める。

音楽:パスカルズ

1995年1月結成。ロケット・マツ率いる14人編成のアコースティックオーケストラ的なグループとして、独自なサウンドを築く。
オモチャの楽器やピアニカ、バイオリン等を使ったサウンドは軽妙な中にエスプリやユーモアを配し、他にはない開放感を聴く人に与える。
2001年2月、フランスの音楽家、パスカル・コムラード(パスカルズのグループ名の元となる人。現代のサティと呼ばれ、フランスの若者たちにカリスマ的人気を持つアーティスト)プレゼンツによるCD「Pascals」が DSA(Les disques du soleil)より ヨーロッパ、アメリカ、アジア各地で発売される。ル・モンド紙の"CHOC of The Month"、テレラマ誌の"ffff"、レス・インロックプティブル誌の推薦シール(いずれも各紙の推薦盤に与えられるシール)を獲得。
東洋独特のデリケートなメロディ。冒険心、遊び心などと、フランスの多くの音楽誌に絶賛される。音楽性としては、テクニックやジャンルに頼らない表現を探し、日本という事を確認しながら、出来るだけニュートラルな自由なイメージを目指したいと思っている。

公演概要

スタッフ

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽:パスカルズ
美術:小松信雄/照明:関口裕二/音響:水越佳一/衣裳:黒須はな子/ヘアメイク:大和田一美
映像:上田大樹/擬闘:栗原直樹/演出助手:山田美紀/舞台監督:福澤諭志
宣伝美術:雨堤千砂子/宣伝写真:江隈麗志/宣伝イラスト:河野愛/宣伝衣裳:宮本宣子/宣伝ヘアメイク:山本絵里子・浅沼靖/撮影小道具:佐藤久美子

出演

生瀬勝久、小出恵介、丸山智己、安倍なつみ、大倉孝二、緒川たまき、
大鷹明良、マギー、近藤公園、夏帆、三上市朗、久保酎吉、峯村リエ、
犬山イヌコ、山西惇、池田成志、久世星佳、木野花、西岡徳馬

原金太郎、楠見薫、加藤弓美子、野中隆光、日比大介、皆戸麻衣、猪俣三四郎、水野小論、中林舞

※西岡徳馬の「徳」の字は旧字体が正式表記。

公演日程

2012/12/9(日)~30(日)

2012年
12月
9
(日)
10
(月)
11
(火)
12
(水)
13
(木)
14
(金)
15
(土)
16
(日)
17
(月)
18
(火)
19
(水)
20
(木)
21
(金)
22
(土)
23
(日)
24
(月)
25
(火)
26
(水)
27
(木)
28
(金)
29
(土)
30
(日)
13:00    
   
 
 
18:30            

会場

Bunkamura シアターコクーン

[主催]
Bunkamura/キューブ

キューブオフィシャルサイト http://cubeinc.co.jp/

「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」KERAバージョン
大阪公演
2013/1/11(金)~14日(月・祝)
会場:イオン化粧品 シアターBRAVA
主催:関西テレビ放送/サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00~19:00)
     http://www.kyodo-osaka.co.jp

チケット情報

料金

S・¥9,500 A・¥7,500 コクーンシート・¥5,000(税込)

一般発売

2012/10/06(土)

枚数制限

発売日初日に限り1回の受付で4枚まで

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話

Bunkamuraチケットセンター <10:00~17:30>
03-3477-9912<発売日初日特別電話>
03-3477-9999<10/7(日)以降残席がある場合>

カウンター

Bunkamuraチケットカウンター<10:00~19:00>
<10/7(日)以降残席がある場合>

[an error occurred while processing this directive]

※本公演のBunkamuraでの一般発売日<10/6 (土)>は、Bunkamuraチケットセンター特別電話およびオンラインチケットでの受付となります。チケットカウンター(店頭)での販売はございません。

<その他プレイガイドでのお申込み>
お電話でのお申込み

チケットぴあ
0570-02-9930 (発売初日特電10:00~23:59 Pコード不要)
0570-02-9999(10/7以降・Pコード422-691)
ローソンチケット
0570-084-632 (発売初日特電10:00~18:00 Lコード不要)
0570-084-003(10/6・18時以降・Lコード33999)
0570-000-407(10/6・18時以降 オペレーター対応10:00~20:00)

インターネットでのお申込み

チケットぴあ
http://pia.jp/t/inori-kera/(PC・携帯)
イープラス
http://eplus.jp/inori-kera/(PC・携帯)
※PCでは座席がお選びいただけます。
ローソンチケット
http://l-tike.com/inori-kera/(PC・携帯)

店頭でのお申込み

チケットぴあ
チケットぴあ、セブンーイレブン、サークルK・サンクスの各店舗
イープラス
ファミリーマート各店舗(店内Famiポート)
※座席がお選びいただけます。
ローソンチケット
ローソン各店舗(店内Loppi)

お問合せ

Bunkamura 03-3477-3244<10:00~19:00>