Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ニュース&トピックス > ル・シネマ >Bunkamuraザ・ミュージアム「永遠のソール・ライター」展開催記念 『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』 追加再上映決定!

ニュース&トピックス

Bunkamuraザ・ミュージアム「永遠のソール・ライター」展開催記念
『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
追加再上映決定!

(2020.02.21)

Bunkamuraザ・ミュージアムでの『ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター』展開催を記念して、映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』の特別上映が決定いたしました。

★ご好評につき追加再上映が決定いたしました!
◆3/5(木)までの上映
[2/21(金)~2/27(木)]
連日...10:50 / 17:05 / 19:05~(終)20:40
[2/28(金)~3/5(木)]
連日...17:20~(終)18:55

 

料金1,300円均一/ザ・ミュージアム「永遠のソール・ライター」展半券ご提示で1,100円
※特別興行につき各種割引、サービスデーは対象外

 

映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』
2012年/イギリス・アメリカ/79分
監督・撮影:トーマス・リーチ 日本語字幕:柴田元幸
配給:テレビマンユニオン

ニューヨーク、ロウアー・イースト・サイド 
ドイツ・シュタイデル社が再発見した伝説の写真家の半生を追う 
いま、彼の写真が私達の心を強く打つその理由は…

ソール・ライターという写真家を知っていますか?1940年代から絵画のように豊かな表現力でニューヨークを撮影したカラー写真の先駆者であり、「ハーパーズ バザー」や「ヴォーグ」など有名ファッション誌の表紙も飾った写真家です。しかし、写真に芸術性よりも商業性が強く求められはじめた80年代、彼は表舞台から姿を消してしまいました。

ところが2006年、写真集で定評のあるドイツのシュタイデル社から、それまで封印されていた個人的な写真などをまとめた初の作品集が出版されると、80歳を超えた”巨匠の再発見”は世界中で熱狂的に迎えられ、今も多くの国で回顧展や出版が続いています。いま、彼の写真が私たちの心に強く響くのはなぜなのか?

「人生で大切なことは、何を手に入れるかじゃない。何を捨てるかということだ」と語り、あえて名声から距離を置いて生きたソール・ライター。その人生がわれわれに語りかけるものとは?いま、彼の写真が私たちの心に強く響くのはなぜなのか?80歳を超えて"再発見"された巨匠の半生を追うドキュメンタリー。

『ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター』展の詳細はこちら