Bunkamuraのコンセプト
Bunkamuraのご案内

フランチャイズ・システム

Bunkamuraを本拠地とするオーケストラ

Bunkamuraは、オフィシャルサプライヤーと呼ばれる企業の皆様に応援団として継続的にご協力いただいています。

日本初のフランチャイズ制の運営形態を導入したBunkamura。欧米では、コンサートホールにはオーケストラが、劇場には劇団が所属していることが多く、そこを本拠地に活動しています。これは、そうしたオーケストラや劇団をもつことで、ホールや劇場はその特性や魅力を最大限に発揮でき、また、オーケストラや劇団にとっても、本拠地があることで、実力を磨き更に成長できるなど、多くのメリットがあるためです。このシステムが、Bunkamuraの個性を創り、日本の文化・芸術を高めることにつながると考え、開館前より、オーチャードホールは「東京フィルハーモニー交響楽団」と、シアターコクーンは「オンシアター自由劇場」とフランチャイズ契約を結び、多面的に成果をあげてきました。 (「オンシアター自由劇場」は、1996年2月のオンシアター自由劇場最終記念公演をもって、フランチャイズ劇団としての任期を満了しました)

東京フィルハーモニー交響楽団ホームページ(PC)