Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

勝国彰展

2015/3/10(火)~3/19(木)

美の真髄

 どこまでも静謐で幽玄な独自の世界を追究する実力派作家、勝国彰のBunkamuraでは7年振りとなる待望の展覧会を開催いたします。

 絵画の中に佇む人々の何も望んでいない澄み渡った眼差しには、望みを乞うことの虚しさ、諦念の中の静かで清らかな美しさが表れます。勝の描く世界は人間らしい煩悩がそぎ落とされ、孤独や静寂の深淵にある鷹揚で力強い美を見出すことができます。その画風は古来の日本文化が根差し、油彩で描かれた日本画ともいうべきオリジナリティを具え、抑えられた色彩や構図に光る鋭いバランス感覚が表現を豊かに支えます。

 生き物は生きることに執着せず、戦っている者は勝敗に捉われない。生にすがり、力を欲することの無意味さを逆説的に露呈することにより私たちの心を強く揺さぶる鋭い視点は、日本のみならず海外でも支持され、パリや台湾でも多数の発表を行っています。

 本展では、太平記のワンシーンや、宮沢賢治の詩などから着想を得た情景など、枠にとらわれない奔放な場面、光景を描いた新作約20点を発表いたします。細密に描き込まれた画面は臨場感があふれ、瞬く間に作品世界に惹きつけます。より深いものへと発展を続ける勝の表現に是非ご期待下さい。

掲載作品
「白道金魚」
2014年
油彩、金箔、板 333×220㎜

<勝国彰 略歴>

1967年 大阪に生まれる
1986年 京都市立銅駝美術工芸高校卒業
1993年 個展 サラサ(京都)
1994年 個展 アートスペース自由空間(大阪)
1995年 個展 アートスペース自由空間(大阪)
    個展 里見有清堂画廊(京都)
1997年 個展 画廊春秋(銀座)
1998年 個展 画廊春秋(銀座)
    フクイ・サムホール大賞受賞
1999年 グループ展『幻想の新・千年紀』 ぎゃらりぃ朋(銀座)
    個展 ぎゃらりぃ朋(銀座)
2000年 グループ展『幻夜の刻印』 ギャラリーアクシズ(大阪)
2001年 個展 ぎゃらりぃ朋(銀座)
    グループ展『時分の花』 ぎゃらりぃ朋(銀座)
2002年 個展 ぎゃらりぃ朋(銀座)
2004年 個展 ぎゃらりぃ朋(銀座)
2006年 グループ展『想像力の芸術展』 アルスギャラリー(表参道)
2007年 グループ展 法然院(京都)
    個展 Bunkamura Gallery(東京)
2008年 「時の表現」展 ギャラリーベルンアート(大阪)
2009年 「L'art fantastique Paris 2009」(パリ)
2010年 「耽美幻影」展 スパンアートギャラリー(東京)
    個展 ぎゃらりぃ朋
    「ストーリーテラーズ小説と絵画」展 高島屋(東京、横浜、名古屋)
    「CODE:EROTICA」展 Bunkamura Gallery(東京)
    「Art Taipei 2010」 (台北)
2011年 「COLLECTIONS」展 スパンアートギャラリー(東京)
    「物語の表現」展 ギャラリーベルンアート(大阪)
2013年 個展 ぎゃらりぃ朋(銀座)
2013年 「浮世絵浪漫」展 スパンアートギャラリー(東京)
2012年 京都アート&アンティーク2012  みやこメッセ(京都)
    ART KYOTO 2012  ホテルモントレ(京都)
2013年 「浮世絵浪漫」展  スパンアートギャラリー(銀座)
    京都アートフェア2013  みやこメッセ(京都)
2014年 「リアリズムアンソロジーⅠ」展  あべのハルカス近鉄(大阪)
    京都アートフェア2014  みやこメッセ(京都) 

静岡県浜松市平野美術館、東京オペラシティ・アートギャラリー 収蔵。


◆連日作家在廊(変更する場合がございます)

作品紹介/スライドショー

「広有射怪鳥事」
油彩、板
910×250mm

「草相撲」
2014年
油彩、板
530×242mm

「業の花びら#32」
油彩、板
380×190mm

「熟柿」
油彩、板
410×120mm

「棲み家」
油彩、板
240×150mm

「蟷螂」
油彩、板
230×410mm

  • 概要

開催期間

2015/3/10(火)~3/19(木)

開館時間

10:00~19:30 ※最終日は17:00まで

会場

Bunkamura Box Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ