Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 染付古便器の粋-青と白、もてなしの装い 便器に描かれた、自然の情景。「青と白」の装飾が、もてなしの空間をつくり出す。

展覧会情報 | ギャラリー

染付古便器の粋-青と白、もてなしの装い
便器に描かれた、自然の情景。「青と白」の装飾が、もてなしの空間をつくり出す。

ページを印刷する

2016/12/28(水)~2017/1/9(月・祝)

「染付花と蝶図(牡丹と芭蕉)」向高 撮影:梶原敏英

 江戸時代後期、染付の器や藍染めの着物に見られる「青と白」はおしゃれで格好良く、人々の憧れの色でした。今でも白と藍色の染め抜きの古典的な浴衣は、暑い盛りに爽やかに映ります。明治に入ってもその人気は続き、この頃に誕生した陶磁器製の便器にも「青と白」の装飾が施されるようになります。中でも花鳥や草木などの文様を華やかに描いた染付便器は、富裕層や旅館、料亭の主人などの心を捉え、一世を風靡しました。ご不浄とも呼ばれた、暗く人目をはばかる便所という空間を、視覚的に清らかな「もてなしの空間」へと変えたのです。芸術作品と呼べるほど華麗で装飾性豊かな逸品もつくられ、なかには銘が入ったブランド便器まで登場します。

 本展では、古便器蒐集家、千羽他何之氏のコレクションを母体とするINAXライブミュージアム収蔵の古便器の中から、美術品のように美しく華やかな染付古便器の逸品を選りすぐって展示し、その魅力に迫るとともに、しつらえの美を通して日本独特のホスピタリティーマインド「もてなしの心」を探ります。日本人の粋で典雅な美意識がこめられた、これら染付の便器をお楽しみください。

概要

開催期間

2016/12/28(水)~2017/1/9(月・祝)

開館時間

10:00~19:30

※年末年始の営業時間
1/1のみ休廊 12/31・1/2・1/3は18:00まで

Bunkamura Gallery

主催

株式会社LIXIL

協賛・協力等

[企画]
株式会社 LIXIL
[協力]
Bunkamura、千羽他何之
[企画コーディネート]
立花嘉乃
[展示デザイン]
西本剛己(ARTLAB+)

関連リンク

INAXライブミュージアムHP http://www1.lixil.co.jp/ilm/
LIXIL文化活動 Facebook https://ja-jp.facebook.com/LIXIL.culture/

ピックアップ