Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > ヤンヤン 夏の想い出

上映作品情報 | ル・シネマ

ヤンヤン 夏の想い出

Yi Yi: A One and a Two...

ページを印刷する

4/2(金)より特別上映
◆4/22(木)までの上映

© 1+2 Seisaku Iinkai

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。また、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

 

 

『ヤンヤン 夏の想い出』

この映画は人生における1+2と同じくらいに、とてもシンプルである。私はこの映画を見終わった観客が、まるでただの友達と一緒にいたかのような気分を味わっていて欲しいと思う。もし彼らが、「一人の映画監督」に出会ったような印象を持って映画を見終わったとしたら、私はこの映画は失敗作であったと思う。 ──エドワード・ヤン 2000年4月9日、台北にて

『光陰的故事』(1982)でデビュー、『台北ストーリー』(1985)、『恐怖分子』(1986)、そして『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』(1991)と、数々の名作を撮り続けたエドワード・ヤン監督。2007年に短すぎるその生涯を閉じる前、残念ながら最後の完成作となってしまったのが、『ヤンヤン 夏の想い出』(2000)です。台北と東京を舞台に、反射する夜の光と都市の孤独を、すれ違う時間と精一杯の親密さを、とても些細で、しかし限りなく大きな人生の出来事を「人の後ろ姿ばかりカメラで撮る」少年ヤンヤンとともに見つめた本作は、2000年の第53回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。BBCやニューヨーク・タイムズが選ぶ「21世紀の名作」ベスト10に選出、グー・シャオガン(『春江水暖〜しゅんこうすいだん』/Bunkamuraル・シネマにて上映中)、オリヴィエ・アサイヤス(『冬時間のパリ』)、アリ・アスター(『ミッドサマー』)、スーザン・ソンタグらがフェイヴァリットとして名を挙げ、なにより世界中の人々から愛された傑作です。公開から20年、今もかわらぬみずみずしさと、今だからこそ胸に沁みる風景を、貴重な35mmフィルム上映でご覧ください。

<STORY>台北の典型的な中産階級の家族、NJとその妻 ミンミンと二人の子供達は、ミンミンの年老いた母親とアパートに同居している。40代中盤にさしかかった NJが共同経営者を務めるコンピューター会社は、今年こそ大きな利益をあげたものの、来年度は方針の変更をしなければ、すぐに倒産してしまいそうな状態だった。NJは日本の革新的なゲームソフトのデザイナー、大田と提携することを提案する。ところが、ミンミンの兄弟、アディが結婚する日、一家にトラブルが起こり始める。結婚式の日、ミンミンの母親が心臓発作で倒れ、昏睡状態のまま病院に担ぎ込まれ、二度と回復しないかもしれないと宣告される。また、同じ日、NJが、今やアメリカ人の妻となった初恋の人、シェリーに20年ぶりに偶然出くわしてしまう。

監督・脚本
エドワード・ヤン
キャスト
ウー・ニェンチェン(呉念真)、エレン・ジン(金燕玲)、イッセー尾形、ジョナサン・チャン(張洋洋)、ケリー・リー(李凱莉)
作品情報
2000年/台湾・日本/173分/35ミリ
受賞
ノミネート
第53回カンヌ映画祭 監督賞受賞
第26回L.A.批評家協会賞 外国語映画賞受賞
第66回N.Y.批評家協会賞 外国語映画賞受賞
第35回全米映画批評家協会賞 作品賞受賞 その他、多数
配給
バサラ・ピクチャーズ

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2021年4月13日 現在)

平日&土日

14:00

17:50

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。
最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

『ヤンヤン 夏の想い出』
◆4/22(木)までの上映
[~4/22(木)]
連日…14:00 / 17:50~(終)20:55
※予告10分
料金:1,600円均一 (税込)
----------
◎現在上映3日前の先売り販売・引換・全席販売を再開しております。
※当面の間、窓口営業時間は10:00~最終回受付終了時までといたします。なお、プログラムや物販は最終回上映終了時もご購入いただけます。

概要

料金:1,600円均一 (税込)

※特別興行のため、その他各種割引は適用外
※フィルムの状態によっては、映像と音声にお見苦しい箇所がございます。あらかじめご了承ください。

Bunkamura ル・シネマ

20210402, 20210403, 20210404, 20210405, 20210406, 20210407, 20210408, 20210409, 20210410, 20210411, 20210412, 20210413, 20210414, 20210415, 20210416, 20210417, 20210418, 20210419, 20210420, 20210421, 20210422
20210402
20210422

ピックアップ