Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > レンブラントは誰の手に

上映作品情報 | ル・シネマ

レンブラントは誰の手に

ページを印刷する

2021年2/26(金)よりロードショー予定

©2019 DiscoursFilm

オランダ黄金時代に活躍した世界的な巨匠画家レンブラント。彼の作品を、画商は見出し、貴族は愛し、コレクターは買い求め、美術館は競い合う。

知られざるレンブラント作品を発見! ?真相をめぐる美術ミステリーの幕開け

2018年、オランダから伝えられたあるニュースが、世界に衝撃を与えた。レンブラントが描いた肖像画が44年ぶりに発見されたのだ。競売で落札した絵が実はレンブラントの作品だったと発表したのは、野心に燃える若き画商ヤン・シックス(11世)。それは果たして本物なのか、はたまた贋作か…? 一枚の肖像画をめぐる議論は、やがて真犯人を探すミステリーのような展開に。『みんなのアムステルダム国立美術館へ』(14)で美術館の舞台裏に深く切り込んだウケ・ホーヘンダイク監督の最新ドキュメンタリーは、美術界を大きな混乱と興奮に陥れた大騒動を、スリリングかつユーモアたっぷりに映しだす。

絵画は誰のものか。人は美を所有することはできるのか?

論争や争奪戦とは別に、カメラはレンブラントの素晴らしき作品に驚くほど接近し、光と影に彩られた作品の美と魅力を丹念に捉えていく。そしてここには、レンブラントをめぐる様々な人間模様がある。年に何百という美術品を個人所有者から購入し美術館で共有するコレクターもいれば、代々引き継がれた肖像画をただ自分のためだけに飾り鑑賞する貴族の姿もある。なぜレンブラントはこれほど人々を惹きつけ、時にその心を狂わせるのか? 絵画はいったい誰のものなのか? これは、レンブラントをめぐる人間喜劇であり、芸術についての根源的な問いを私たちに投げかける。

 

監督・脚本
ウケ・ホーヘンダイク
キャスト
出演:ヤン・シックス、エリック・ド・ロスチャイルド男爵、ターコ・ディビッツ(アムステルダム国立美術館)、エルンスト・ファン・デ・ウェテリンク教授、バックルー公爵
作品情報
2019年/オランダ/カラー/オランダ語・英語・フランス語/101分
配給
アンプラグド

公式サイトはこちら

概要

前売り券情報

ル・シネマ窓口にて<オリジナル クリアファイル>の特典付き特別鑑賞券発売中!(限定数)
※特別鑑賞券をお持ちの方も窓口にて座席指定券と引換が必要です

特別鑑賞券1,500円(税込)[一般料金1,800円(税込)の処]

一般・\1,800 学生・\1,500 (平日は学生・\1,200) シニア・\1,200 小・中・高校生\1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜夜の最終回は\1,200(税込)均一】

Bunkamura ル・シネマ

20210226,20210226,20210227,20210228,20210301,20210302,20210303,20210304,20210305,20210306,20210307,20210308,20210309,20210310,20210311,20210312,20210313,20210314,20210315,20210316,20210317,20210318,20210319,20210320,20210321,20210322,20210323,20210324,20210325
20210226
20211218

ピックアップ