Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > Bunkamuraザ・ミュージアム「写真家ドアノー/音楽/パリ」展開催記念 パリが愛した写真家ロベール・ドアノー<永遠の3秒>

上映作品情報 | ル・シネマ

Bunkamuraザ・ミュージアム「写真家ドアノー/音楽/パリ」展開催記念
パリが愛した写真家ロベール・ドアノー<永遠の3秒>

Robert Doisneau: Through the Lens

ページを印刷する

3/19(金)~4/1(木)

©2016/Day For Productions/ARTE France/INA ©Atelier Robert Doisneau

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。また、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

 

 

『パリが愛した写真家ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』

誰もが憧れる“ロマンチックなパリ”のイメージを世界中に広めた“一枚の写真”

フランスを代表する国民的写真家ロベール・ドアノー。その名は知らなくとも「パリ市庁舎前のキス」という写真を目にしたことのある人は少なくないだろう。1950年にアメリカの雑誌「LIFE」の依頼で撮影されたこの写真は、1980年代にポスターとして発売され世界中で知られるようになった。以来、この写真は愛<アムール>の国・フランスの象徴として、現在でも広く愛され続けている。本作では、世界でもっとも有名な恋人たちの写真となったこの写真の知られざる撮影秘話も明かされる。

人間への限りない“優しさ”と“好奇心”に満ちた写真家

ドアノーがカメラに出会ったのは、戦争や母の病死など悲しい幼少期を送っていた13歳の頃。初めてカメラに触れるとたちまち写真にのめり込み、生涯を通してパリで生活する人々の日常をとらえつづけた。一日中歩き回っては、優しいまなざしでレンズを覗きこみ、街角に潜む何気ない“瞬間のドラマ”を職人技で釣り上げる。そして、ときにはモデルを使い演出によって“人生の真実”をより深く表現する―。彼の独自の写真哲学による撮影は、じつは今まであまり知られてこなかった。

なぜ、ドアノーの写真は時代を超えて愛され続けるのか―

本作は、そんな写真家ロベール・ドアノーの人生と創作の秘密に迫る、初めてのドキュメンタリー。撮影風景やインタビューなどの当時の貴重な資料映像や、女優のサビーヌ・アゼマなど親交のあった著名人による証言により、数々の名作をのこしたドアノーの写真家人生を浮き彫りにする。監督は、ドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディル。家族だからこその視点で、優しさにあふれた祖父、撮影にこだわりぬく写真家の両面を描き出している。

「生涯で成功した写真はせいぜい300枚。1枚が1/100秒だとすると、50年でたったの3秒だなんて、すごいだろ!」ロベール・ドアノー

ロベール・ドアノー Robert Doisneau(1912-1994)

1912年パリ郊外のジャンティイに生まれる。エコール・エスティエンヌで石版を学び、写真家アンドレ・ヴィニョーの助手となる。その後、自動車会社ルノーのカメラマンなどを経て、フリーとして活動を開始。「ヴォーグ」誌や「ライフ」誌でファッション写真を始めとして多くの写真を発表、国際的に注目される。特にパリやパリ郊外で暮らす庶民たちの日常をとらえたヒューマニズムあふれるルポルタージュ写真で高い評価を得る。また、パブロ・ピカソ、アルベルト・ジャコメッティ、ジャン・コクトー、フランソワーズ・サガン、イヴ・サン=ローラン、クリスチャン・ディオールなど同時代を代表する数多くの芸術家のポートレイトを発表している。フランスを代表する写真家として親しまれている。

ザ・ミュージアム「写真家ドアノー/音楽/パリ」展の詳細はこちら

監督
クレモンティーヌ・ドルディル
キャスト
ロベール・ドアノー/ダニエル・ペナック/サビーヌ・アゼマ/ジャン・クロード・カリエール/堀江敏幸
作品情報
2016年/ 80 分/フランス
配給
ブロードメディア

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2021年4月1日 現在)

平日&土日

17:45

19:35

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。
最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

★新型コロナウイルス感染症の再拡大防止のため、3/22(月)までは夜の最終回上映を休止、3/23(火)以降は21時までに上映を終了させていただきます。

Bunkamuraザ・ミュージアム「写真家ドアノー/音楽/パリ」展開催記念
『パリが愛した写真家ロベール・ドアノー<永遠の3秒>』
◆3/19(金)~4/1(木)特別上映
[3/23(火)~4/1(木)]
連日…17:45 / 19:35~(終)20:55
※19:35の回は予告編なし・本編からの上映

----------
◎現在ご鑑賞3日前からの販売・引換、ならびに全席販売を再開しております。
※当面の間、窓口での先売りチケットの販売・特別鑑賞券の引替えの受付時間を10:00~最終回受付終了時までといたします。

概要

料金:1,300円均一/ザ・ミュージアム「写真家ドアノー/音楽/パリ」展半券ご提示で1,100円

Bunkamura ル・シネマ

20210319, 20210320, 20210321, 20210322, 20210323, 20210324, 20210325, 20210326, 20210327, 20210328, 20210329, 20210330, 20210331, 20210401
20210319
20210401

ピックアップ