Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > ボリショイ・バレエ in シネマ Season2020-2021

上映作品情報 | ル・シネマ

ボリショイ・バレエ in シネマ Season2020-2021

BOLSHOI Ballet in Cinema Season 2020-2021

ページを印刷する

2021年8月27日(金)~9月16日(木)

© Pathé Live / Japan agent dbi inc.

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。また、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

 

「ボリショイ・バレエ in シネマ Season2020-2021」を、今シーズンも8月27日(金)を皮切りに、Bunkamuraル・シネマにて限定上映いたします。ロシアの名門『ボリショイ・バレエ団』のステージを、本拠地モスクワの劇場で鑑賞しているような臨場感溢れた公演映像と、本企画ならではのお楽しみであるバックステージインタビューをご覧いただけます。

幕間の出演者インタビューは、ボリショイ劇場に足を運んでも視聴できない貴重な体験。ラインナップの7作品はどれも圧倒的な名演ばかり。ボリショイが世界最高峰のバレエ団の一つであることをあらためてご確認いただけることでしょう。

『ボリショイ・バレエ in シネマ Season2020-2021』
【料金】全席指定 大人3,700円(税込)、学生2,500円(税込/要学生証ご提示

◆上映作品・スケジュール◆◆8/27(金)~9/16(木)限定上映

「椿姫」
 8/27(金)13:00~(終)16:00 / 9/4(土)13:00~(終)16:00 / 9/12(日)13:00~(終)16:00
「ラ・バヤデール」
 8/28(土)13:00~(終)15:50 / 9/5(日)13:00~(終)15:50 / 9/10(金)13:00~(終)15:50
「眠れる森の美女」
 8/29(日)13:00~(終)15:40 / 9/3(金)13:00~(終)15:40 / 9/11(土)13:00~(終)15:40
「コッペリア」
 8/30(月)13:00~(終)15:15 / 9/7(火)13:00~(終)15:15 / 9/15(水)18:30~(終)20:45
「パリの炎」
 8/31(火)13:00~(終)15:20 / 9/8(水)13:00~(終)15:20 / 9/16(木)18:30~(終)20:50
「くるみ割り人形」
 9/1(水)13:00~(終)15:30 / 9/9(木)13:00~(終)15:30 / 9/13(月)18:30~(終)21:00
「ロミオとジュリエット」 
 9/2(木)13:00~(終)15:55 / 9/6(月)13:00~(終)15:55 / 9/14(火)18:00~(終)20:55

※予告5分
※全作品、過去にル・シネマで上映した作品と同内容です。

「ラ・バヤデール」©Damir Yusupov

ーーーー

◆上映タイトル◆

《椿姫》
8/27(金)13:00、9/4(土)13:00、9/12(日)13:00
音楽:フレデリック・ショパン 振付:ジョン・ノイマイヤー
出演:スヴェトラーナ・ザハーロワ(マルグリット)、エドウィン・レヴァツォフ(アルマン)、アンナ・チホミロワ(マノン)、セミョーン・チュージン(デ・グリュー)、クリスティーナ・クレトワ(プリュダンス)、ミハイル・ロブーヒン(ガストン)、アンナ・アントローポワ(ナニーナ)、アンドレイ・メルクリエフ(デュヴァル氏)、ダリーヤ・コフロワ(オランピア)

結核に侵されたパリの若き高級娼婦が、愛のために贅沢な生活を投げうつ――。1978年に作られた本作は、デュマ・フィスの原作小説と同様に、”フラッシュバック”が特徴。劇中劇として《マノン・レスコー》がパラレルに展開します。マルグリットを想う繊細なアルマン役は、ノイマイヤー自身が芸術監督を務めるハンブルク・バレエ団のレヴァツォフ。高級娼婦マルグリット役の名花ザハーロワと、ショパンの明るくもメランコリックな音楽と共に、物語の核心を強烈に表現します。
青年アルマンは、高級娼婦マルグリットの遺品の競売会に。心から愛した彼女の身の回りの品を目にし、激動のラブストーリーの記憶が鮮明に蘇る。(2015年12月収録)

《ラ・バヤデール》
8/28(土)13:00、9/5(日)13:00、9/10(金)13:00
音楽:レオン・ミンクス 振付:ユーリー・グリゴローヴィチ
出演:オルガ・スミルノワ(ニキヤ)、アルテミィ・ベリャコフ(ソロル)、オルガ・マルチェンコワ(ガムザッティ)、ダヴィッド・モッタ・ソアレス(イドル・ドレ)、アレクセイ・ロパレーヴィチ(ラジャ)

19世紀後半、マリウス・プティパによって考案され、クラシックなアカデミズムとロマンティックなエキゾチシズムが見事に融合。特に「影の王国」のシーンは印象的です。愛の物語の中心となる神聖なダンサー、ニキヤは、愛と義務、暴力と服従、光と闇など、物語の枠組みを構成するすべての要素を一身で表現します。
古代オリエント。寺院では、聖なる火の番人でバヤデール(舞姫)のニキヤと高貴な戦士ソロルが永遠の愛を誓い合う。しかし、バヤデールが自分の誘いを断ったことに激怒した大僧正は、この情事をラジャに報告し、ラジャはソロルに娘のガムザッティを嫁がせる。ソロルの心を掴みたいガムザッティの行動は、やがて致命的な展開を引き起こすことになる――。(2019年1月収録)

《眠れる森の美女》
8/29(日)13:00、9/3(金)13:00、9/11(土)13:00
音楽: ピョートル・チャイコフスキー 振付: ユーリー・グリゴローヴィチ
出演:オルガ・スミルノワ(オーロラ姫)、セミョーン・チュージン(デジレ王子)、アレクセイ・ロパレーヴィチ(悪の精カラボス)、ユリア・ステパノワ(リラの精)、ヴィタリー・ビクティミロフ(侍従長)

オーロラ姫の誕生日、沢山のプレゼントが準備されていますが、悪の精カラボスは招待されなかったことに腹を立て、魅力的な王子のキスでしか解くことができないという呪いをかけます。ボリショイらしい華麗な舞台装置と衣装、グリゴローヴィチの振付で、マリウス・プティパの古典的名作が輝きます。ファンの多い、スミルノワとチュージンの美しく息の合ったパ・ド・ドゥも見どころです。(2017年1月収録)

《コッペリア》
8/30(月)13:00、9/7(火)13:00、9/15(水)18:30
音楽:レオ・ドリーブ 振付:セルゲイ・ヴィハレフ
出演:マルガリータ・シュライネル(スワニルダ)、アルチョム・オフチャレンコ(フランツ)、アレクセイ・ロパレーヴィチ(コッペリウス)

作曲家ドリーブは、ホフマンの短編小説「砂男」にインスパイアされたリブレットをもとに、空想を膨らませて魅惑的なバレエ音楽を仕立てました。シュライネルはいたずら好きなスワニルダ役を演じるのに最適。フランツを演じるオフチャレンコとともに魅力を振りまきます。
フランツはスワニルダと婚約していたが、科学者コッペリウスの娘である愛らしいコッペリアに恋をしてしまう。 ある晩、スワニルダは老人学者の留守を狙ってコッペリアの家に侵入する。彼女の正体がロボットであることを知ったスワニルダは、婚約者を騙しちゃおう!とひらめいて――。(2018年6月収録)

《パリの炎》
8/31(火)13:00、9/8(水)13:00、9/16(木)18:30
音楽:ボリス・アサフィエフ 振付:アレクセイ・ラトマンスキー
出演:マルガリータ・シュライネル(ジャンヌ)、デニス・サーヴィン(ジェローム)、イーゴリ・ツヴィルコ(フィリップ)、セミョーン・チュージン(ボールガール侯爵)、アナ・トゥラザシヴィリ(アデリーヌ)、クリスティーナ・クレトワ(ミレイユ)、アルチョム・オフチャレンコ(アントワーヌ)、イリーナ・ズィヴロワ(老女ジャルカッス/乳母)

若者たちの運命と、歴史がもつれあう――。ワイノーネンと、後にラトマンスキーが手がけた力強い振付、ソリストたちのパワフルな踊りに、カンパニーの知性が際立ちます。溢れるようなエネルギーと燃えあがる情熱、驚くほど美しいパ・ド・ドゥ。ボリショイ劇場の広い舞台が狭く感じる、桁はずれのダイナミックさ。衣装に群舞に、全てに目が離せなくなる作品です。
1789年、南仏マルセイユ。ボールガール侯爵は、しつこく誘った村娘ジャンヌを、兄のジェロームが守ったことに立腹。ジェロームは侯爵の捕虜となっていた。侯爵の娘アデリーヌは、父とルイ16世のいるパリに向かう前に、ジェロームを逃がす。ジェロームとジャンヌの兄妹は、共にマルセイユ義勇軍としてパリに向かう。ジャンヌは義勇軍のフィリップと恋に落ち、一方のジェロームはアデリーヌと――。革命に燃え、恋に焦がれる、ラ・マルセイエーズ響くフランス革命の物語。(2018年3月収録)

《くるみ割り人形》
9/1(水)13:00、9/9(木)13:00、9/13(月)18:30
音楽:ピョートル・チャイコフスキー 振付:ユーリー・グリゴローヴィチ
出演:マルガリータ・シュライネル(マリー)、セミョーン・チュージン(くるみ割り人形)、デニス・サーヴィン(ドロッセルマイヤー)、アレクサンドル・ヴォドペトフ(ねずみの王様)

チャイコフスキーの耳に残る音楽が、おとぎ話にぴったり。登場人物たちと、夢のような場面が次々に繰り広げられる魅惑的な旅へ――。ホフマンの原作に基づくグリゴローヴィチ版では、くるみ割り人形の王子様役に印象的なバリエーションが。この役を見事に踊りきるチュージン、マリーは無邪気さと魅力を表現するシュライネル。この二人に非の打ちどころのない群舞が加わった、祝祭感溢れるエンターテインメントをお届けします。
クリスマス・イブ。謎めいたドロッセルマイヤーから、名づけ娘のマリーは”くるみ割り人形”を受け取る。夜、彼女の夢の中で、おもちゃは勇敢で魅力的な王子様に…(2018年12月収録)

《ロミオとジュリエット》
9/2(木)13:00、9/6(月)13:00、9/14(火)18:00
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ 振付:アレクセイ・ラトマンスキー
出演:エカテリーナ・クリサノワ(ジュリエット)、ウラディスラフ・ラントラートフ(ロミオ)、イーゴリ・ツヴィルコ(マキューシオ)

ジュリエット・キャピュレットとロミオ・モンタギューの悲劇の恋。シェイクスピアが発表して以降、イタリアの街ヴェローナの恋人たちの物語は、常にインスピレーションの源でした。プロコフィエフは鮮やかなバレエ音楽を作曲。新版《ジゼル》の記憶も新しいラトマンスキーによる振付には、全ての動きに物語が感じられます。クリサノワとラントラートフによる若い二人の悲劇的なロマンス。演劇性の高い演出で、ドラマチックに描き出されます。
一族が敵対しているにもかかわらず、ロミオとジュリエットは深く愛し合う。キャピュレット家とモンタギュー家の対立は、ロミオの親友の命を奪い、ロミオは復讐を決意するが…(2018年1月収録)

「パリの炎」©Damir Yusupov

「眠れる森の美女」©Damir Yusupov

ーーー

◇ボリショイ・バレエ団

18世紀後期にモスクワで創立された、ロシアで最も歴史が古く伝統を誇る名門バレエ団。
「ボリショイ」とはロシア語で「大きい」という意味で、その名の通り、劇場もバレエ団もスケールが大きい。創立当初は演劇的バレエを重視する「モスクワ・スタイル」「モスクワ・バレエ」と表現されていたが、20世紀初頭にアレクサンドル・ゴルスキーが当時の時代精神を反映させるべく「プティパ」作品の振付・改訂に取り組み、今日のボリショイの基盤作りに貢献した。

ボリショイ・スタイルを飛躍させ、更に大きく興隆させたのは1964年キーロフ・バレエ団(現在のマリインスキー)から移籍、1988年芸術監督に就任したユーリー・グリゴローヴィチの尽力による。すべてを踊りで表現しようとした彼は、《スパルタクス》などで男性ダンサーのダイナミックな技巧、勇壮な男性群舞、また迫力あるコール・ド・バレエで構成されるグランド・バレエを、「ボリショイ」の象徴として確立。芸術的、技術的レベルやダンサーの層の厚さでは他のバレエ団の追随を許さないことは勿論、グリゴローヴィチの絶頂期にはプリセツカヤや、マクシーモワ&ワシーリエフ、ベスメルトノワ&ラヴロフスキーなど、バレエ史上に輝くスーパースター、伝説のパートナーシップを輩出した。それ以降もアナニアシヴィリ、ザハーロワなど世界的ダンサーを生み出し、多彩なレパートリーを誇る。今日も、ジョン・ノイマイヤーやジャン=クリストフ・マイヨーといった振付家や、NDTのアーティストを招くなど、至高の芸術を磨き続けている。

配給
ライブ・ビューイング・ジャパン

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

公式サイトはこちら

上映スケジュール

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。
最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

『ボリショイ・バレエ in シネマ Season2020-2021』 
◆8/27(金)~9/16(木)限定上映
「椿姫」          9/12(日)13:00~(終)16:00
「ラ・バヤデール」     9/10(金)13:00~(終)15:50
「眠れる森の美女」     9/11(土)13:00~(終)15:40
「コッペリア」       9/15(水)18:30~(終)20:45
「パリの炎」        9/16(木)18:30~(終)20:50
「くるみ割り人形」       9/13(月)18:30~(終)21:00
「ロミオとジュリエット」  9/14(火)18:00~(終)20:55

※予告5分
※全作品、過去にル・シネマで上映した作品と同内容です。
--------------------------
※緊急事態宣言の再発令を受けまして、7/13(火)上映分より当面の間、座席を前後左右1席ずつ間隔を空け、50%に間引いて営業いたします。

※窓口営業時間は10:00~最終回受付終了時までといたします。なお、プログラムや物販は最終回上映終了時もご購入いただけます。
--------------------------
以下のご協力をお願いいたします。
・劇場内では必ずマスクのご着用をお願いいたします(水分補給時を除く)
・当館では劇場内のお食事をご遠慮いただいております。また、劇場内での会話はできるだけお控えください。
※政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。

概要

全席指定 大人3,700円(税込)、学生2,500円(税込/要学生証ご提示)

Bunkamura ル・シネマ

20210827, 20210828, 20210829, 20210830, 20210831, 20210901, 20210902, 20210903, 20210904, 20210905, 20210906, 20210907, 20210908, 20210909, 20210910, 20210911, 20210912, 20210913, 20210914, 20210915, 20210916
20210827
20210916

ピックアップ