Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > ル・シネマ > アンモナイトの目覚め

上映作品情報 | ル・シネマ

アンモナイトの目覚め

Ammonite

ページを印刷する

R15+

© The British Film Institute, The British Broadcasting Corporation & Fossil Films Limited 2019

※状況によって上映スケジュール、営業状況等は変更となる可能性もございます。また、政府および全国興行生活衛生同業組合連合会の最新のガイドラインにより、運用に変更が出る場合がございます。最新の情報は当ホームページで随時ご案内いたしますので、ご来場の際には事前のご確認を重ねてお願い申し上げます。

 

 

『アンモナイトの目覚め』

孤独、愛、人生の選択—歴史に隠された古生物学者メアリー・アニングの心の痛みと恍惚を、繊細かつ大胆に描く美しきヒューマンドラマ

ハリウッドを代表する演技派でありアカデミー賞女優のケイト・ウィンスレットと、26歳にして鮮烈な表現力で4度のアカデミー賞ノミネートを誇るシアーシャ・ローナンが、初共演にして体当たりの演技で、2人の女性の心のぶつかり合いを熱演。メガホンをとったのは、初監督作『ゴッズ・オウン・カントリー』が数多くの映画賞に輝き、驚愕のデビューを果たしたフランシス・リー。長編2作目にして既に全世界の注目を集める本作で、孤独の中に埋もれた自分を発掘していく女たちの物語を、繊細かつ大胆に描き上げていく。

【STORY】
人間嫌いで、世間とのつながりを絶ち暮らす古生物学者メアリー。かつて彼女の発掘した化石は一世を風靡したが、今はイギリス南西部の海辺の町ライム・レジスで、観光客の土産物用アンモナイトを探して細々と生計をたてている。そんな彼女はある日、裕福な化石収集家の妻シャーロットを預かることになる。美しく可憐で奔放、何もかも正反対のシャーロットに苛立ち、冷たく突き放すメアリーだが、自分とはあまりに違うシャーロットに惹かれる気持ちをどうすることもできず―。

 

監督・脚本
フランシス・リー『ゴッズ・オウン・カントリー』
キャスト
ケイト・ウィンスレット『愛を読むひと』、シアーシャ・ローナン『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
作品情報
イギリス/118分/R-15
配給
ギャガ

公式サイトはこちら

概要

一般・¥1,800 学生・¥1,500 (平日は学生・¥1,200) シニア・¥1,200 中・高校生¥1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日は¥1,200(税込)均一】

※当劇場ではムビチケでのオンライン座席指定は承っておりません。
ムビチケをお持ちのお客様もお手数ですが劇場窓口にて座席指定券とお引換ください

Bunkamura ル・シネマ

20210409, 20210410, 20210411, 20210412, 20210413, 20210414, 20210415, 20210416, 20210417, 20210418, 20210419, 20210420, 20210421, 20210422, 20210423, 20210424
20210409
20210424

ピックアップ