Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ル・シネマ > ディオールと私

上映作品情報 | ル・シネマ

ディオールと私

Dior and I

ページを印刷する

3/14(土)よりロードショー

©CIM Productions

誰もが憧れる老舗ファッション・ブランド、クリスチャン・ディオール。1905年フランスの小さな町グランヴィルで生まれたクリスチャン・ディオールの初めてのコレクション発表は、1947年2月12日。それから65年後の2012年、新しくデザイナーに就任したのはオートクチュール未経験のラフ・シモンズ。ベルギー出身、自身の男性ブランドそしてジル・サンダーで活躍する彼の抜擢はファッション業界を驚かせた。そして、それはパリ・ディオールのアトリエで働く経験豊かなお針子たちにとっても新たな挑戦の始まりとなった。パリ・コレクションまでに与えられた時間は異例の8週間。それは通常4~6ヶ月の準備期間の半分以下で54体ものオートクチュールの発表を求められるという、厳しすぎる試練。ラフが提案する斬新なアイディアとデザインをもとに、寝る間も惜しんで一枚の布にディオールの魂を吹き込むお針子たち。エレガントなドレスに隠された、デザイナーと職人たちの誇りと情熱をかけた戦いは、見るものすべてを魅了する。
パリ、モンテーニュ通り30番地に建つディオール本社。その上階に位置する"メゾン・ディオール"の中枢であるアトリエ。その中に初めてカメラの潜入を許された本作の撮影はラフ・シモンズ就任からの8週間の期間のみ。カメラ嫌いでも知られるラフの緊張、歓喜、彼を支えるチーム・ラフの献身、105人のお針子たちの経験豊かな手が形作っていくオートクチュールの美しさ。貴重な映像の数々とともにブランドに携わる人々の姿を映し出すのはフレデリック・チェン監督。H&M、ジミー チュウ、フェラガモの宣伝エディター、『ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ』(2011)の共同監督を務めるなど新鋭の映像作家として注目されている。

スライドショー

オンラインチケット MY Bunkamura

公式サイトはこちら

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2015年5月15日 現在)

 平日(毎月1日・毎週火曜は除く)

19:30

土日祝

19:30

サービスデー(毎月1日・毎週火曜)

19:30

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

完売しました

★5/22(金)までの上映
[〜5/22(金)]
連日...19:30〜(終)21:15

  • チケット情報

前売り券情報

特別鑑賞券1,500円(税込)好評発売中
[一般料金1,800円(税込)の処]

一般・¥1,800 学生・¥1,500 (平日は学生・¥1,100) シニア・¥1,100 小・中・高校生¥1,000(税込)
【毎月1日、毎週火曜日、及び毎週日曜日の最終回は¥1,100(税込)均一】

チケット取扱い

カウンターでのお申込み

Bunkamuraル・シネマ<Bunkamura6F>
※チケット販売 10:00~20:00

インターネットでのお申込み

オンラインチケット

※ご鑑賞日の3日前0:00から当日朝9:00まで

お問合せ

ル・シネマ 03-3477-9264 <10:00~上映終了時まで>

シアトル国際映画祭 審査員特別賞受賞
ミドルバーグ映画祭 観客賞受賞
トライベッカ映画祭、シドニー映画祭、ワルシャワ国際映画祭他 正式出品

監督・製作:フレデリック・チェン

キャスト:ラフ・シモンズ、Diorアトリエ・スタッフほか

2014年/フランス/90分/仏語・英語

配給:オープンセサミ

[提供]
オープンセサミ/Bunkamura

20150314
20160414

ピックアップ