Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
ホーム > Bunkamuraドゥマゴ文学賞

Bunkamuraドゥマゴ文学賞

Bunkamuraドゥマゴ文学賞とは

パリの「ドゥマゴ文学賞」(1933年創設)のもつ先進性と独創性を受け継ぎ、既成の概念にとらわれることなく、常に新しい才能を認め、発掘に寄与したいと1990年に創設されました。

対象作品

前年7月1日から当年7月31日までの13ヶ月間に出版された単行本または雑誌等に発表された日本語の文学作品。

選考方法

受賞作は、毎年「ひとりの選考委員」によって選ばれ、選考委員の任期は1年間です。

第30回〔2020年度〕選考委員
野矢茂樹(のや しげき)

選考対象期間:2019年7月1日から2020年7月31日まで

1954年、東京都生まれ。85年、東京大学大学院博士課程修了。東京大学大学院教授などを経て、現在、立正大学文学部哲学科教授。専攻は哲学。
著書に『哲学の謎』『無限論の教室』『入門!倫理学』『新版 論理トレーニング』『論理トレーニング101題』『はじめて考えるときのように』『ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」を読む』など多数。2019年7月にこの2年間の新聞書評をまとめ、さらに哲学や小説を題材に深く読む実践を示した、本を味わう指南書『そっとページをめくる 読むことと考えること』(岩波書店)を上梓。

正賞:賞状+スイス・ゼニス社製時計
副賞:100万円

Bunkamura ドゥマゴ文学賞へのお問合せ、企画のご提案などは、下記までお願いします。

Bunkamura ドゥマゴ文学賞事務局
住所:〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1