Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ニュース&トピックス > ル・シネマ >ル・シネマ2018 Summer- 2019 Winter上映作品ラインナップ発表!

ニュース&トピックス

ル・シネマ2018 Summer- 2019 Winter上映作品ラインナップ発表!

(2018.04.27)

Bunkamuraル・シネマの2018年下半期上映作品ラインナップが決定いたしました!

フライヤーPDF(1ページ目)をダウンロード

フライヤーPDF(2ページ目)をダウンロード

ダリダ ~あまい囁き~
DALIDA

5/19(土)ロードショー
監督:リサ・アズエロス
出演:スヴェヴァ・アルヴィティ、リッカルド・スカマルチョ
2017年/フランス/127分 配給:KADOKAWA <G>

アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」や「18歳の彼」などで一世を風靡し、60年代以降、日本でも絶大な人気を誇ったフランスの歌姫ダリダ。圧倒的な美貌とその輝かしい成功の裏で、私生活では数々の恋愛に翻弄された生涯だった。誰よりも愛を求め、歌うことを愛し、世界中から愛されたダリダ。2018年に生誕85周年を迎えるその生涯を、名曲の数々と華やかなファッションで描く女性必見のドラマ。

©2017BETHSABEE MUCHO – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION- JOUROR CINEMA

 

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち
SMETTO QUANDO VOGLIO: MASTERCLASS

5/26(土)ロードショー
イタリア映画祭2017出品作品
監督:シドニー・シビリア
出演:エドアルド・レオ、ルイジ・ロ・カーショ
2017年/イタリア/119分 配給:シンカ <PG12>

負け組天才教授たちが合法ドラッグで再起を賭ける!? 本国で空前の大ヒットとなったイタリアン・コメディの金字塔誕生! 獄中にいる天才生物学者のピエトロと仲間たちに、町にはびこる合法ドラッグを根絶しようと執念を燃やす女性警部が協力を求めにやってくる。犯罪歴の抹消を見返りに10人の頭脳集団を結成し、次々とミッションをこなしていくが、どうしても1つだけドラッグの原料がわからない。その手掛かりとなるものは……。

©2017 groenlandia srl /fandango srl

 

バルバラ セーヌの黒いバラ
BARBARA

11/16(金)よりロードショー
第70回カンヌ国際映画祭 ある視点部門詩的映画賞受賞
第43回セザール賞 主演女優賞・録音賞受賞
監督:マチュー・アマルリック
出演:ジャンヌ・バリバール、マチュー・アマルリック
2017年/フランス/99分 配給:ブロ-ドメディア・スタジオ

「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。彼女の伝記映画を制作する監督とバルバラを演じる主演女優ブリジットは、バルバラの人生をなぞるうちに、それに飲み込まれていく――。フランスが世界に誇る名優マチュー・アマルリックが監督・脚本・出演を手掛け、元パートナーで女優&歌手のジャンヌ・バリバールとタッグを組んだ野心作。

©2017 - WAITING FOR CINEMA - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA – ALICELEO

 

ピアソラ 永遠のリベルタンゴ
PIAZZOLLA THE YEARS OF THE SHARK

12/1(土)ロードショー
監督:ダニエル・ローゼンフェルド
出演:アストル・ピアソラ
2017年/アルゼンチン・フランス/94分 配給:東北新社 クラシカ・ジャパン

タンゴに革命を起こした作曲家、アストル・ピアソラの没後25周年を記念に制作されたドキュメンタリー。本作は監督のダニエル・ローゼンフェルドが、ブエノスアイレスやパリなどピアソラの人生の転機となった舞台を訪れ、タンゴの世界に“ヌェヴォ・タンゴ”という新しいスタイルを編み出した彼の人生と音楽を辿る。

©Juan Pupeto Mastropasqua

 

私は、マリア・カラス
MARIA BY CALLAS

12月ロードショー
監督:トム・ヴォルフ
出演:マリア・カラス、アリストテレス・オナシス
2017年/フランス/114分 配給:ギャガ

比類なき声で聴くもの全てを魅了し、激しい恋に生きた伝説の歌姫:マリア・カラス。没後40年を経て、マリリン・モンローやグレース・ケリー、ジョン・F・ケネディ、イヴ・サン=ローランらとの華やかな交友関係の裏に隠された彼女の激しくも切ない人生が、初公開の秘蔵映像から紐解かれていく。今なお世界中で愛され続ける伝説のオぺラ歌手マリア・カラスの素顔に迫った衝撃のドキュメンタリー。

©2017 - Eléphant Doc - Petit Dragon - Unbeldi Productions - France 3 Cinéma
©Fonds de Dotation Maria Callas
 

 

MY GENERATION(原題)
MY GENERATION

2019年1月ロードショー予定
第74回ヴェネチア国際映画祭 正式出品作品
監督:デイヴィッド・バッティ
出演:マイケル・ケイン、ポール・マッカートニー、ツィギー
2017年/イギリス/85分 配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

ミニスカート、ボブ・ヘアー、007、そしてロックンロール──若者たちが世界の中心だった60年代、イギリス。今なお影響を与え続けるUKストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”の誕生と熱狂を、貴重なアーカイブ映像満載で描くドキュメンタリー。名優マイケル・ケインがナビゲーターとなり、ビートルズ、ストーンズ、ザ・フー、ツィギー、メアリー・クヮント、マリアンヌ・フェイスフル、デイヴィッド・ホックニー等が一挙登場!

©Paramount Pictures/Getty Images

 

VICTORIA & ABDUL(原題)
VICTORIA & ABDUL

2019年1月ロードショー予定
第90回アカデミー賞 衣装デザイン賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞 ノミネート
第75回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル/コメディー部門) ノミネート
監督:スティーブン・フリアーズ
出演:ジュディ・デンチ、アリ・ファザール
2017年/イギリス・アメリカ/112分 配給:ビターズ・エンド/パルコ

ジュディ・デンチが『Queen Victoria 至上の恋』に続いて、2度目のヴィクトリア女王役を演じる、実話を基にした話題作。1887年、アブドゥルは、ヴィクトリア女王の在位50周年祭で、記念のインド硬貨を渡す二人のインド人のうちの一人に選ばれる。ヴィクトリア女王は彼を気に入り、側近に指名する。二人の関係は周囲に反対されるが、アブドゥルとの出会いによってヴィクトリア女王は新たな世界を発見していく。

©Focus Features

 

メモワール・オブ・ペイン(英題)
LA DOULEUR

2019年2月ロードショー予定
第33回ハイファ国際映画祭 監督賞ノミネート
監督:エマニュエル・フィンケル
出演:メラニー・ティエリー、ブノワ・マジメル
2017年/フランス・ベルギー・スイス/126分 配給:ハーク

1944年、ナチス占領下のパリ。若く優秀な作家マルグリットは、夫のロベールとともにレジスタンス運動のメンバーとして活動していた。ある日、夫がゲシュタポに逮捕される。マルグリットは夫を取り戻すために、ゲシュタポの手先であるラビエと危うい関係を築き情報を得る。愛する夫の長く耐えがたい不在はパリの解放後も続き……。近代フランスを代表する小説家マルグリット・デュラスの自伝的小説「苦悩」を基に描く壮大な愛の物語。

©2017 LES FILMS DU POISSON – CINEFRANCE – FRANCE 3 CINEMA – VERSUS PRODUCTION – NEED PRODUCTIONS

 

IN THE AISLES(英題)
IN DEN GÄNGEN

2019年ロードショー予定
第68回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門正式出品作品
監督:トーマス・ステューバー
出演:フランツ・ロゴフスキ、ザンドラ・ヒュラー
2018年/ドイツ/125分 配給:彩プロ

大型スーパーマーケットで職を得た内気なクリスティアン。ある日、彼は職場でマリオンという女性と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。二人はお互いのことをだんだんと知っていくが、マリオンは既婚者だった……。クリスティアンを中心に、個々に問題を抱えながらも、日々を懸命に生きている従業員たちの姿に愛おしさを感じずにはいられない心温まる物語。マリオンを『ありがとう、トニ・エルドマン』のザンドラ・ヒュラーが演じる。

©Sommerhaus Filmproduktion GmbH, Anke Neugebauer

ーーーーーーーーーーー

BOLSHOI Ballet in シネマ Season2017-2018


ロシアの名門ボリショイ・バレエ団の珠玉の8演目を2018年11月より順次上映!
現代バレエ界をリードするアレクセイ・ラトマンスキーが振付を手掛けた最新ステージから、スヴェトラーナ・ザハーロワやセルゲイ・ポルーニンら世界的人気ダンサーの出演作まで目白押しです。

上映演目:海賊/くるみ割り人形/じゃじゃ馬ならし/椿姫/ロミオとジュリエット/ジゼル/パリの炎/コッペリア
上映期間:2018年11月16日(金)~11月30(金)

※画像のスケジュールは他劇場の物です/ル・シネマでの上映スケジュールは決定次第HPにてご案内いたします。
料金:一般¥3,600/学生¥2,500 ※特別興行のため各種割引適用外
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
© Pathe Live