Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > オーチャードホール > ラインナップ > 没後20年 武満徹の映画音楽

ラインナップ | オーチャードホール

没後20年 武満徹の映画音楽

ページを印刷する

2016/12/21(水)19:00開演

●急遽決定!カルメン・マキ、「武満徹の映画音楽」にゲスト出演!!

武満徹作曲/谷川俊太郎作詞「死んだ男の残したものは」

武満とは無二の親友だった、共作も数多い詩人・谷川俊太郎。その谷川が出演した、先月放送のテレビ朝日「題名のない音楽会」放送後、静かな話題となったのが、このベトナム戦争の際に書かれた歌です。

そして、この歌にひとかたならぬ想いを持つ、伝説の歌姫カルメン・マキの出演が、急きょ決定しました!!
歌詞にある“輝く今日とまたくる明日”を、いま歌う――沢山の想いが交わる、心震える一曲へ期待が集まります。 また、貴重な自筆譜や映画ポスターのロビー展示も予定しています。
どうぞみなさんご期待ください。

 

タケミツ音楽で自由に遊ぶ音楽家たち ――ついに東京で!

ついに東京での公演が実現する。最初の公演は2008年2月、米国ケネディ・センターで開催された「日本」がテーマの音楽祭で。この音楽祭のプロデューサーから連絡をもらい“タケミツの映画音楽を紹介したい。ただし日本から呼べるミュージシャンは4人くらい”と言われた。アコーディオン、パーカッション、ギター×2の4人というのは編成としてどうなのか、なんてことは深く考えず、私は即この4人に連絡をした。彼らが父の敬愛する音楽家だったから、そして父の音楽で自由に遊んでくれそうだったから。何より彼らの素晴らしさをワシントンDCの人々に知ってほしかったから。4人とも快諾してくれて、それから何度かプログラム選びのミーティング、編曲の割り当て、そして香津美さん宅でのリハーサルを経て、ワシントンDCでの本番。タケミツのことも4人のアーティストのことも殆ど知らなかった聴衆が、コンサートが進むにつれ、手拍子を打ったり、身体でリズムをとったり、歓声を上げたり。最後には全員がスタンディング・オベーション。遠い異国から来た4人の素晴らしい音楽家たちに惜しみない拍手を送っていた。作曲家の肉体は滅びても、その音楽は生き続ける、それどころか新しく生まれ変わることができる、ということを改めて感じた夜だった。それから8年の間に八ヶ岳、松本、ニューヨーク、オレンジカウンティ、北京、上海、神戸で再演が続き、2016年12月、ついに東京での公演が実現する。Don’t miss it!!!

武満眞樹(音楽プロデューサー)

 公演に向けて出演者からのメッセージ
https://youtu.be/AC6mkZJ38LU(外部サイトへリンクします)

兵庫県立芸術文化センター(撮影:飯島隆)

  • 出演者プロフィール&武満眞樹(音楽プロデューサー)コメント

    渡辺香津美

    1953年東京都渋谷区生まれ。名実ともに日本が世界に誇るトップ・ジャズ・ギタリスト。17歳で衝撃のアルバムデビュー。驚異の天才ギタリスト出現と騒がれて以来45年にわたり、常に最先端インストゥルメンタル・ミュージックを創造し第一線で活躍中。その速いテンポで繰り出される魅惑のアドリブと芳醇な旋律、演奏技術を緻密に組み合わせることで、音の一つ一つに豊かな表現力を含ませ、独自の<カズミサウンド>を創り出すことでも定評がある、まさしくワン・アンド・オンリーの存在。2015-16年と「ギター生活45周年」を記念した企画を展開中。

    from 眞樹:父からの私の20歳の誕生日プレゼントは香津美さんのアルバム「KYLYN」でした。
    ライブにも二人で行きました。

     

    coba

    18歳でイタリアに留学。1980年世界アコーディオンコンクールで東洋人として初優勝。 以来、欧州各国でのCDリリース、チャート1位獲得など、“coba”の名前と音楽は国境を越え世界の音楽シーンに影響を与え続けている。92年日本レコード大賞特別賞を受賞したファーストアルバム「シチリアの月の下で」から最新作「cobacabada」に至るまで36枚のアルバムを発表。 常にアコーディオンの限界に挑戦しながらもハイクオリティなサウンドを追求した作品は、内外に高い評価を得る。 作曲家としても、映画、舞台、テレビ、CM音楽をプロデュース、演奏家やオーケストラへの委嘱作品を手掛けるなど作品多数。 フィギュアスケートの髙橋大輔や体操の寺本明日香がオリンピックでcobaの楽曲を使用し話題となった。

    from 眞樹:“すごい奴がいるぞ!”と話していたのはcobaがまだ小林靖宏だった頃。
    今、cobaの山荘には父が生前使っていたピアノがあります。

     

    鈴木大介

    作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア・カナルス国際コンクール第三位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作は高い評価を受け、「カタロニア讃歌~鳥の歌/禁じられた遊び~」は平成17年度芸術祭優秀賞を受賞平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞、第10回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。

    from 眞樹:父と大介さんが実は会ったことがないなんて信じられません。
    二人で飲みながら楽しそうに笑っている姿がはっきりと目に浮かぶのに・・・。

     

    ヤヒロトモヒロ

    少年時代をカナリア諸島で過ごした異色の打楽器奏者。山下洋輔、久石譲、さだまさし等の公演やツアーに参加。ウーゴ・ファトルーソ(ピアノ)とのDuo「ドス・オリエンタレス」は2012年ラテン版グラミー賞ラテンジャズ部門6位、グラフィティ賞ジャズ部門最優秀賞獲得。同年、同Duoにてサイトウ・キネン・フェスティバル松本に出演、また南米・欧州ツアーを展開(12-13年)。14年同Duoの2作目「Orienta」もグラフィティ賞ジャズ部門最優秀賞。同年、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのキッズ・プログラムで講師を務める。日亜混成バンドGAIA CUATRO、The Unforsaken、中村善郎Duo等、多岐に渡り国内外で活躍中。

    from 眞樹:八ヶ岳の音楽堂で初めてヤヒロさんの演奏を聞いたとき、父は「いいな、あんなリズム感があって。それにあんなに楽しそうに演奏に没頭できるなんて!」と、いいな!を連発していました。

オンラインチケット MY Bunkamura

  • 概要
  • チケット情報

曲目・演目

「フォリオス」より 第1曲 / 不良少年(羽仁進監督) / 伊豆の踊子(恩地日出夫監督) / どですかでん(黒澤明監督) / 日本の青春(小林正樹監督) / 太平洋ひとりぼっち(市川崑監督) / Tribute to Toru / ホゼー・トレス(勅使河原宏監督) / 狂った果実(中平康監督) / 最後の審判(堀川弘通監督) / 他人の顔(勅使河原宏監督) / 写楽(篠田正浩監督)

出演

渡辺香津美(ギター)
coba(アコーディオン)
鈴木大介(ギター)
ヤヒロトモヒロ(パーカッション)

スペシャルゲスト:カルメン・マキ

公演日程

2016/12/21(水)19:00開演

Bunkamuraオーチャードホール

料金

全席指定 \6,500(税込)

MY Bunkamura先行販売

2016/06/17(金)

オンラインチケット

一般発売

2016/06/18(土)

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター<10:00~17:30>
03-3477-9999

カウンターでのお申込み

Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura1F 10:00~19:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ2F 11:00~19:00>

インターネットでのお申込み

オンラインチケット

お問合せ

カジモト・イープラス 0570-06-9960

ピックアップ