Books

関連書籍

猪熊弦一郎 猫画集
『ねこたち』

猫、猫、猫・・・
頭の中まで猫が住み込んでしまった画家の、愛のデッサン。

猫は猪熊弦一郎が好んで描いたモチーフのひとつです。夫婦ともに猫好きだった猪熊家では、一度に1ダースの猫を飼っていたこともありました。
本書のために、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館の収蔵作品が「猫」をキーワードに洗い直された結果、なんと700点以上の猫絵が見出されました。
「愛しているところに美がある」と言う猪熊の猫愛溢れる猫絵の数々、そして、猫について書いた原稿も収録した猫満載の一冊です。

著者:猪熊弦一郎
特別寄稿:谷川俊太郎
企画:ilove.cat
監修:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館/公益財団法人ミモカ芸術振興財団
アートディレクション・ブックデザイン:古谷萌

リトルモア刊
定価:本体価格1,800円+税
ISBN 978-4-89815-411-3
2015年発行
仕様[B5変形(182mm×182mm)/128ページ/並製]

猪熊弦一郎のおもちゃ箱(仮)

描く対象はいつだって「愛するもの」。
ちょっと不思議で明るい〝猪熊さん〟の全貌が見える、初の作品集!

猪熊さんは、自由な絵を描く、自由な人でした。道端で拾ったゴミも、お菓子の包み紙も、猪熊さんの手にかかれば美しいオブジェになりました。常に二人三脚だった妻の文子さんをモデルに、たくさんの絵を描きました。描く対象は、いつでも「自分の愛するもの」でした。
物語とともに時代を追って紹介する数々の楽しい作品や、世界中で集めたビンや小物などのセンスあふれるコレクション、大好きだったモチーフの猫や鳥のスケッチブックなど、たくさんの作品と、心あたたまる物語が詰まった一冊です。さらに、84年に刊行し、長らく復刊が求められていた『画家のおもちゃ箱』も特別再収録!

小学館刊
予価:2,700円+税
2018年2月発行予定
仕様[A5(148mm×210mm)/256ページ/オールカラー/上製]
※変更の可能性があります


PAGETOP