Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 一刻 前原冬樹展 -失われゆく時が甦る-

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

一刻
前原冬樹展 -失われゆく時が甦る-

2014/5/28(水)~6/4(水)

一本の木から生まれる唯物の美

 前原冬樹は、写実技巧の極みと言うべき複雑な作品を、たった一本の木から、全く接がれることなく彫り出している木彫作家です。その作品は、東京藝術大学やおぶせミュージアム・中島千波館に収蔵されています。

 古びたカミソリ、錆びていく塗装、皿の上に置かれた梅干しや秋刀魚…朽ち果てていく瞬間や、日常で気に留められず失われていく情景にかぎりない美しさを感じて、それを一木に留めるのです。彫り出された作品は、さらに油彩で丹念に着彩されることにより、木とは思えない質感が加わり、時間を経た情緒を醸し出します。写実的な表現を追求し続ける姿勢は、作品が後世に伝えていく悠久の存在感を生み出す“一刻”の骨頂なのです。

 今展では、新作を中心に、前原の彫刻によって甦る奥ゆかしく懐古的な美と対峙した木彫作品に、幻想を精巧にアウトプットした新しい世界観を呈するシリーズや、今展のために描きおろしたオリジナルのデッサンを展覧販売いたします。非常に手間のかかる作業のため、年間で数点しか完成できず、繊細な構造のため実物を展示する機会の少ない貴重な作品を、この機会にぜひご覧ください。

掲載作品
「一刻(皿に秋刀魚)」
2014年
桜、油彩
3.3×32×22cm 


前原冬樹 / Fuyuki Maehara

1962東京都生まれ
1998 東京藝術大学 美術学部 絵画科 油画専攻卒業

プロボクサーから転身して、東京藝術大学へ入学。その後、油画科から彫刻へと転じるという異色の経歴を持つ。
近年の主なグループ展は、2012年「シャッフルⅡ」(「アートフェア東京2012」/東京国際フォーラム)。
個展は、2008年「木彫 前原冬樹展」(おぶせミュージアム・中島千波館/長野)
2010年「いろはにほへどちりぬるを」(YOKOI FINE ART/東京)、2012年「一刻 1998-2012」(YOKOI FINE ART/東京)などの開催がある。

■メディア情報■

5/11(日)NHK「日曜美術館」にて放送予定、「知られざる明治工芸の超絶技巧」番組内で前原の作品が取り上げられます。お見逃しなく!

作品紹介/スライドショー

「一刻(コカ・コーラ)」部分
2013年
朴、墨、油彩
89×30.7×6.5cm

「一刻(目)」
2013年
栃、油彩
5.4×19.3×2.6cm

「一刻(折鶴)」
2012年
朴、柘植、油彩
6.5×60×20.5cm

「一刻(切腹)」
2012年
檜、ジェルトン、朴、桐、墨、朱
45×100×39.5cm

  • 概要

開催期間

2014/5/28(水)~6/4(水)

開館時間

10:00~19:30

会場

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ