Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ギャラリー > 展覧会情報 > 舟越桂 新作版画展 久遠のまなざし

展覧会情報 | ギャラリー

ページを印刷する

舟越桂 新作版画展
久遠のまなざし

2013/4/10(水)~4/21(日)

遠い記憶の中に浮かぶ、静謐で透明な世界

 現代を代表する彫刻家、舟越桂。楠に彩色を施し、大理石の瞳をあしらった人物像を創る舟越は、東京藝術大学大学院を卒業後の1980年代初頭から現在に至るまで、一貫して人間の姿を創り続けています。具象彫刻の世界を逸脱し、より自由な幻想性を備えた舟越の作品は、その独特の存在感と奥深い表現から、ヴェネツィア・ビエンナーレなど数多くの海外の展覧会でも反響を呼び、国内だけでなく世界中から注目を集めています。

 遥か遠くを見つめて、静かに佇む人物像。その瞳は、人間の内側を映し、静謐で気品溢れる存在感の中にも、誰もが胸の内に秘める喜びや哀しみなどの感情を抱え、永遠ともいえる時間を封じ込めています。近年は、新たな制作領域として、性別や肉体を超えた両性具有のスフィンクスシリーズをテーマとして掲げ、人間を超越した不思議な人物を描いています。これは、本来の人間ではない姿を描くことによって、人間の本質的な部分を表すという、時代を経ても変わることのない人間の深い精神性を、長らく追求してきた者だけが表現することの出来る訴えの証であり、形なのでしょう。

 本展は新作7点を中心に約30余点を展開予定。今回の新作は、初の試みであるメゾチントによる段階的な黒から白への濃淡と、濃密な黒が特徴的です。時代と共に変貌を遂げる作品の表現に対し、内に宿される変わらない人間性は、めまぐるしく変化する日々の中で、我々に忘れてしまいがちな何かを気付かせてくれます。遠い彼方を見つめるその瞳は何を映しているのでしょうか。舟越が、それぞれの人物像に新たに授けた森羅万象を、静かに感じてみては。

掲載作品
「遠い月」
2013年 メゾチント

 

◆サイン会開催◆

4月13日(土) 16:00~
※作品、書籍のご購入者を対象とさせて頂きます。

 

舟越 桂 略歴

1951年 岩手県生まれ
1975年 東京造形大学彫刻科卒業
1977年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
1986年 文化庁芸術家在外研修員としてロンドンに滞在(-'87)
2009年 毎日芸術賞受賞、芸術選奨文部科学大臣賞受賞
2011年 紫綬褒章受章
中原悌二郎賞本賞、平櫛田中賞など受賞多数

作品紹介/スライドショー

「青い森で」
2013年
メゾチント、アクアチント

「大切な言葉」
2013年
メゾチント

「荒地の夜」
2013年
メゾチント

「眠らないスフィンクス」
2013年
メゾチント

  • 概要

開催期間

2013/4/10(水)~4/21(日)

開館時間

10:00~19:30

会場

Bunkamura Gallery

主催

Bunkamura Gallery

お問合せ

Bunkamura Gallery 03-3477-9174

ピックアップ