Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • サービス紹介
ホーム > シアターコクーン > ラインナップ > シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ 2016 8月の家族たち August:Osage County

ラインナップ | シアターコクーン

シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ 2016
8月の家族たち August:Osage County

ページを印刷する

2016/5/7(土)~5/29(日)

2007年にシカゴの劇場で産声をあげた本作は瞬く間に脚光を浴び、同年にはブロードウェイに進出、戯曲はピューリッツァー賞を受賞、作品はトニー賞最優秀作品賞他4部門を受賞。映画版は、母役にメリル・ストリープ、長女役にジュリア・ロバーツ、次女役にジュリアン・ニコルソン、三女役にジュリエット・ルイス、そしてユアン・マクレガー、ベネディクト・カンバーバッチなど錚々たるキャストが出演。各国の映画賞を受賞・ノミネートされるなど、輝かしいばかりの功績を誇ります。かねてから日本での上演が渇望されていた21世紀を誇る名作が、2016年5月Bunkamuraシアターコクーンにて上演いたします!

演出は日本演劇界のトップランナーケラリーノ・サンドロヴィッチ!
劇団ナイロン100℃の主宰であり、常に日本演劇界のトップランナーであるケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、『祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~』以来3年半振りにBunkamuraシアターコクーンに帰って参ります!自身のオリジナル戯曲『わが闇』(07/13再演)、『祈りと怪物』(12)、チェーホフの『三人姉妹』(14)など数々の「三姉妹作品」を演出し、得意とするKERAが、今回新たにトレイシー・レッツの描く「三姉妹と家族たちの不協和音」の指揮を執ります。翻訳劇&現代アメリカ演劇初演出となった『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』(06)から10年。さまざまなジャンルの舞台を創作してきたKERAが、満を持して現代アメリカ演劇の傑作に挑みます。
KERAが挑む極上のブラック・コメディーにご期待ください!

【あらすじ】
詩人でアルコール中毒の父ベバリーが突如、失踪。その知らせを受け、8月酷暑のオクラホマ州の実家には、両親思いの次女アイビー、5年振りの訪問となる母方の叔母マティ・フェイと夫のチャーリー、そして長女バーバラと夫ビル、その娘ジーンが帰省してくる。
久しぶりに集まった家族が目の当たりにしたのは、夫の失踪と薬物の過剰摂取で半錯乱状態となった母バイオレットの姿であった。そしてある衝撃的な事件が起こる。やがて三女カレンが婚約者スティーブを連れてやってくる。叔母の息子リトル・チャールズもあたふたと現れ、ようやく一族全員がそろい楽しいディナーを迎えるはずが、皆が抱える心の闇が見え隠れし始める・・・。

  • ケラリーノ・サンドロヴィッチ コメント

    プロデューサーから「他人の戯曲で演出してみたいものはありませんか」という提案を受けたので、必死に探したのです。なかなかやりたいホンは見つからなかった。で、トレイシー・レッツという作家に行き当たったわけです。 なかなかに辛辣なコメディを書く人で、日本でも「BUG」という作品が坂手洋二氏の演出で上演されておりますが、この人の新作が賞をとって映画化されたと聞いたのが発端です。しかも三姉妹と母親の確執を描いたドラマだという。三姉妹モノに目がない私です。お、これは、と触手が動きました。
    タイミングよく日本で封切られた映画版を観に行きましたが、観客が喜劇だと思ってないからか、殆ど客席に笑いは起こりませんでした。その後、ブロードウェイ上演の影像を観ると、打って変わって爆笑の連続。とくに映画と舞台で大きな違いはないのにです。
    観る人によって反応が大きく変わるというのは、すなわち作品の幅を示しているのであり、こいつぁやりがいがあると感じ、すぐに上演権の獲得を依頼しました。
    キャスティングについては、今回は私の要望とプロデューサーサイドのオーダーを擦り合わせました。結果、私にとって未知の俳優さんを含めた、新鮮な顔ぶれが集結。楽しみです。
    それから、急遽、演出に加え、上演台本もやらせてもらうことにしました。近年連続しているチェーホフ作品同様、大幅な改変は一切するつもりはありませんが、同じ内容の台詞でも、語順、語尾等を変更し、微細な加筆や削除の権限を与えてもらえるだけで、作品を生き生きしたものにできる可能性が大きく広がるのです。


    家族たちのバトルからあぶり出される「愛情」の物語を、ドライに作り上げる所存です。御期待ください。

  • 概要
  • チケット情報

スタッフ

作:トレイシー・レッツ 翻訳:目黒条
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

美術:松井るみ 照明:関口裕二 音響:水越佳一 衣裳:伊藤佐智子 
ヘアメイク:宮内宏明 擬闘:栗原直樹 演出助手:坂本聖子 舞台監督:福澤諭志

出演

麻実れい、秋山菜津子、常盤貴子、音月桂、
橋本さとし、犬山イヌコ、羽鳥名美子、中村靖日、藤田秀世、小野花梨、
村井國夫、木場勝己、生瀬勝久

公演日程

2016/5/7(土)~5/29(日)

5/7(土)18:30
5/8(日)18:30
5/9(月)休演
5/10(火)13:00
5/11(水)13:00/18:30
5/12(木)13:00
5/13(金)18:30
5/14(土)13:00/18:30
5/15(日)13:00
5/16(月)休演
5/17(火)13:00
5/18(水)13:00/18:30
5/19(木)13:00
5/20(金)18:30
5/21(土)13:00/18:30
5/22(日)13:00
5/23(月)休演
5/24(火)13:00
5/25(水)13:00/18:30
5/26(木)18:30
5/27(金)18:30
5/28(土)13:00/18:30
5/29(日)13:00

2016年
5月
7
(土)
8
(日)
9
(月)
10
(火)
11
(水)
12
(木)
13
(金)
14
(土)
15
(日)
16
(月)
17
(火)
18
(水)
19
(木)
20
(金)
21
(土)
22
(日)
23
(月)
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
28
(土)
29
(日)
13:00    
 
 
   
18:30                

会場

Bunkamuraシアターコクーン

[主催]
Bunkamura/キューブ

[主催/企画・製作]
Bunkamura/キューブ
[後援]
wowow

[大阪公演]
2016年6月2日(木)~5日(日)森ノ宮ピロティホール
主催:朝日放送/サンライズプロモーション大阪
お問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp/

お問合せ 
Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00) http://www.bunkamura.co.jp/
キューブ 03-5485-2252(平日12:00~18:00) http://cubeinc.co.jp/

料金

S席・10,000円 A席・8,000円 コクーンシート・5,000円 (税込)

※コクーンシートは特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上、ご購入ください。
※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
※営利目的でのチケットのご購入ならびに転売は固くお断りいたします。
※車椅子でご来場のお客様は、当日スムーズにご案内させて頂くため、公演前日までにBunkamuraへご連絡ください。

MY Bunkamura先行販売

抽選制

受付期間:2016/1/12(火)12:00~1/22(金)23:59

※お申込みは1登録者につき1回、1公演のみ4枚まで。
※抽選結果は1/26(火)よりメールにてご案内いたします。
※抽選結果発表予定日を過ぎてもメールが届かない場合は「マイページ」よりご確認ください。
※抽選時刻ほか抽選作業の詳細はお答え致しかねます。予めご了承ください。

一般発売

2016/02/20(土)

チケット取扱い

<Bunkamuraでのお申込み>
お電話でのお申込み

Bunkamuraチケットセンター(オペレーター対応/10:00~17:30)
03-3477-9912<発売日初日特電>
03-3477-9999<2/21以降残席がある場合>

カウンターでのお申込み

Bunkamuraチケットカウンター<Bunkamura 1F 10:00~19:00>
東急シアターオーブチケットカウンター<渋谷ヒカリエ 2F 11:00~19:00>

※本公演のBunkamuraでの一般発売日<2/20(土)>は、Bunkamuraチケットセンター特別電話およびオンラインチケットMY Bunkamura(PC・スマホ)での受付となります。Bunkamura及び東急シアターオーブチケットカウンター(店頭)での販売はございません。

<その他プレイガイドでのお申込み>

※0570で始まる電話番号は、一部の携帯電話、PHS全機種、CATV接続電話、IP電話からはご利用できません。
※音声自動応答での受付番号は、ダイヤル回線からのご利用はできません。
※2/21(日)以降は残席がある場合のみ、お取扱いいたします。

お電話でのお申込み

チケットぴあ
0570-02-9980(発売日初日特電/10:00~23:59/Pコード不要)
0570-02-9999(2/21以降/音声自動応答/Pコード448-499)
※火・水曜日の2:30~5:30はシステムメンテナンスのためお申込みいただけません。
ローソンチケット
0570-084-636(発売日初日特電/10:00~23:59/Lコード不要)
0570-084-003(2/21以降/音声自動応答/Lコード35620)
0570-000-407(2/21以降/10:00~20:00/オペレーター対応)

インターネットでのお申込み

チケットぴあ
http://w.pia.jp/t/august/ (PC・携帯・スマホ共通)
ローソンチケット
http://l-tike.com/august/(PC・携帯・スマホ共通)
イープラス
http://eplus.jp/august/(PC・携帯・スマホ共通)

店頭でのお申込み

チケットぴあ
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ各店舗
※店舗により営業時間が異なります。詳しくはHPにてご確認ください。http://pia.jp/shoplist/
ローソンチケット
ローソン、ミニストップ各店舗(店内Loppi)
イープラス
ファミリーマート各店舗(店内Famiポート)
※PC・スマートフォン・Famiポートは画面で座席が選べます

お問合せ

Bunkamura 03-3477-3244(10:00~19:00)
キューブ 03-5485-2252(平日12:00~18:00)

20160507
20160529

ピックアップ