Bunkamuraオフィシャルウェブサイト

サイズ

  • 日本語
  • English
  • 中文簡体
  • 中文繁体
  • 한국
MY Bunkamura
  • ログイン
  • 新規登録
ホーム > ル・シネマ > [映画版]コクーン歌舞伎 四谷怪談

上映作品情報 | ル・シネマ

[映画版]コクーン歌舞伎
四谷怪談

Yotsuya Kaidan

ページを印刷する

9/30(土)~10/13(金)

©明緒

人間の欲と弱さ、そして怖ろしさが渦巻く 新たな『四谷怪談』
刹那的に己の欲に生きる伊右衛門(獅童)、直助権兵衛(勘九郎)、
男たちに翻弄され哀しき運命を辿るお袖(七之助)、
そして怨みをつのらせ亡霊となって復讐するお岩(扇雀)。
本能と欲が渦巻く混沌たる物語。

『四谷怪談』はお岩一人の恨みを描いた物語ではない。
世の中全部が怪談だよと南北がささやいている。
現代も気が付けば、亡霊ばかりが街を行きかう。
無数の怨念がなだれ込む『四谷怪談』は、
あの世もこの世もひっくるめて、怪なる世界へ変貌する。
南北はあの世で高笑いするだろうか。
                 監督・串田和美
 
さらなる進化を遂げたコクーン歌舞伎の原点!チケット即完の舞台が、かつてない魅力を放つ映像作品に
歌舞伎の古典演目を、新たに現代的な感覚で描くコクーン歌舞伎。1994年に十八世中村勘三郎らによってスタートして以来、毎回その斬新なスタイルが話題となり、現代に生きる歌舞伎の魅力を発信し続けています。2016年に第15弾作品として上演されたのは、第1回目にも上演されたコクーン歌舞伎の原点といえる『四谷怪談』シネマ歌舞伎版では、コクーン歌舞伎が醸し出す芝居小屋の臨場感を様々な視点で切り取り映像化。細微な音響効果も加わり、あたかもその場にいたような感覚に。現代と江戸末期の町が激しく交差する、新たな四谷怪談の世界がスクリーンに広がります。
監督
串田和美
キャスト
中村獅童、中村勘九郎、中村七之助、中村国生、中村鶴松、真那胡敬二、大森博史、首藤康之、笹野高史、片岡亀蔵、中村扇雀
※出演者名は上演当時の表記です。
作品情報
上演月:2016(平成28)年6月/上演劇場:シアターコクーン/上映時間:118分
配給
松竹株式会社

オンラインチケット購入 MY Bunkamura

公式サイトはこちら

上映スケジュール

<混雑状況の目安>

(2017年10月1日 現在)

平日(毎月1日・毎週火曜は除く)

19:15

土日祝

19:15

サービスデー(毎月1日・毎週火曜)

19:15

落ち着いています

混み合います

大変混み合います

<[映画版]コクーン歌舞伎>『四谷怪談』
◆9/30(土)〜10/13(金)
連日...19:15〜(終)21:30

料金:一般:\2,100 学生:\1,500
※本作品は特別興行につき、各種サービスデー・シニア割引・その他の割引は適用外となります。

概要

前売り券情報

特別鑑賞券(ムビチケカード)発売中!¥1,800

一般:\2,100 学生:\1,500

※特別興行につき、各種サービスデー・シニア割引・その他の割引は適用外となります。

Bunkamura ル・シネマ

20170930, 20171001, 20171002, 20171003, 20171004, 20171005, 20171006, 20171007, 20171008, 20171009, 20171010, 20171011, 20171012, 20171013
20170930
20171013

ピックアップ